信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(次回は10月2日から再開します)。
研究室の『学び合い』ライブ出前授業もOKです。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

明日から使える『学び合い』の達人技術
はじめての人のためのアクティブ・ラーニングへの近道

2017-09-14   掲載可

[] 07:35    掲載可 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    掲載可 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学会誌査読を経て

 掲載可の返事をもらうことは嬉しいことです。単著論文を書いているときもそうですが,学生の書いた論文が共著として査読を通ることも,共同研究者として共に歩んできただけに嬉しいことです。自分論文よりも嬉しいことが多くあります的を得はいますが我々にとってはなかなか厳しいと感じる指摘の査読結果に対して修正を加えたり自分にない発想,着想で仕上げたりした論文なら共同研究者として嬉しさは倍増します。それも一度不可になって,査読結果を受けて再調査,再分析を加えて修正した後でのことなら尚更です。苦難は多いですが,独りよがりにならず,共同研究とは言え二人だけの議論に終わらず,客観的視点から批評してもらって,より良い中身に仕上げていくことのできるレフリー制度のある投稿大切なことであると改めて思うところです。このたび,1報が通りました。かみしめる喜びは我々だけのものなのかもしれません。それは,まだ掲載可に至らない次の論文修正への意欲に繋がります

5gatu