信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(次回は10月2日から再開します)。
研究室の『学び合い』ライブ出前授業もOKです。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

明日から使える『学び合い』の達人技術
はじめての人のためのアクティブ・ラーニングへの近道

2017-08-27   中信の会

[] 07:25    中信の会 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    中信の会 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

一つのことを続けることは

 やってみるとなかなか難しいことです。学級通信を毎日発行し始めると保護者が「だれでも最初は張り切るもんだから,どうせ三日坊主でしょ」というくらいですからよく分かってもらっています。誰でも最初は張り切りますし,意欲旺盛ですから何回か何日かは続けることができます。その意味では三日坊主とはよく言ったものです。3回坊主と言い換えてもいいかもしれません。何かイベントを始めても,3回くらい続けてもそれから尻すぼみになるイベントは数多く見てきました。

しかし,四日め,4回目から続けることは至難の業です。

 諸々の事情が絡み合い,初志貫徹することが難しくなり,やがていつの間にか知らず知らずのうちに終わっていてそのまま消え去って行ってしまうことが山ほどあります。最終回ですとかこれが最後ですというアナウンスがないので,いつかは再開するのかもしれませんがいつになっても次の回の案内が来ないのですから,終わったのでしょう。引き継ぐ人も現れず,やがて記憶からも消え去ります。

ところが中信の会は違います。

 始めてから9年目になります。先日,教育を語る会という名の下に,私の数え間違いでなければ,54回目の中信の会です。目的も活動内容も,9年経っても一貫していてぶれません。それだけ本気だという証拠です。本気さが伝わってくるから,私も本気です。この中信の会の凄さは,目的と活動内容の一貫性はもちろんですが,当初,現職だけそれも『学び合い』関係の現職だけだった参加者が今ではそれにとどまっていない点です。実に豊かな広がりを見せているから頭が下がるのです。教育長,教育委員長がいる一方で,会社社長がいて市議会議員にPTA会長がいます。そんな会は全国探しても3本の指に収まるくらいではないでしょうか。いや,指が1本しか立たないのかもしれません。それだけで背中がぞくぞくしてきます。また,行ってみようかと思わせてくれるから魅力に満ち溢れています。

maya-1maya-12017/08/29 10:32恐縮です。

OB1989OB19892017/08/29 13:16maya-1さん,コメントありがとうございます。ますますバイブルになってきましたね。常に通過点だと思っているその姿勢に学ぶところが多く,いつまでも見届けていたいと思うところです。

5gatu