信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2017-03-03   学校現場の常識が揺らぎ

[] 07:17    学校現場の常識が揺らぎ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    学校現場の常識が揺らぎ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

一昨日,昨日の2日間,

 理科教育コースでは4年生の模擬授業によるいわゆる認定試験を行いました。見事に全員が合格です。そこで話題になるのはやはり主として教材です。実際の子どもたちを対象としているものではないので,どうしても教材の議論しかできないことはやむを得ないことなのかもしれません。今回,興味深かったことは,学校現場常識であると思っていた理科教材の工夫の視点が実は科学的には修正必要であったということです。学生そっちのけで議論が続いたほどですから学校現場常識が揺らぎます。もう一度見直した方が良い常識も他にもあるかもしれません。個人的には,チューリップの花とがく(一般チューリップの花(花弁)が何枚かご存じですか?これも学校現場常識です)が毎日成長して大きくなっているとか,キャベツの茎と根とかなかなか興味深いものが数多くあったことは収穫です。しかし,収穫は教材のみです。

5gatu