信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2017-02-22   雪国

[] 07:06    雪国 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    雪国 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

スキー場の近くの学校に

 理科の授業参観に行って来ました。途中,吹雪に遭って視界がゼロになったりブルトーザーに10台近くあって追い越して進んだり,まさに真冬の雪国です。路面凍結していてすべりもしました。学校でも除雪機がフル稼働していましたし落とし板がはめ込まれていました。理科室から見える風景はまさに雪国で,斜面に積もる新雪と雪をかぶった木々,それらが太陽の光を浴びてきらきら輝きます。生徒玄関には,アルペンのスキー板が当然のごとく一人1セットあるかのようにずらっと並んでいます。オリンピック選手を何人も輩出するのでしょう。

子どもたちはといえば,

 授業に集中。授業に集中どころから授業前から勉強に集中しています。10分ほど前から理科室にやってきて,教科書や問題集を広げて黙々と取り組んだり先生と前時の内容を議論したりする姿が見られます。『学び合い』でないのですから恐れ入ります。授業中はもちろん,遊んでいる子や寝ている子などは一人もいません。全員が目標の達成に向けて真剣勝負です。自分の考えを周りの子どもたちと交換し合ってまさに経験交換ケースの会話があちこちに現れます。『学び合い』などと言わなくても十分『学び合い』と言ってもいいくらいの学校です。長野県も広いです。

5gatu