信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2017-02-19   中信の会

[] 08:06    中信の会 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    中信の会 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日は中信の会。

 この回の良さは,気張らずに実に気さくに話すことができ,また地元のみなさんと自由に語り合えること,そして小中高大保護者と勢揃いしていること,いつも継続して参加している人とネットワークを作ることができること等々,あげれば切りがありません。今回も小中高大保護者と勢揃い。時間を気にせずに過ごす事のできた3時間です。幸せになれる会です。今回も行ってよかったあ。また会える日を楽しみに。

数えてみたら52回目とのこと。

 maya-1さんによると8年目だそうです。8年も経ったかなあという思いです。会を立ち上げるのは比較的容易です。やってみようというそのときの思いが強いからです。「やってもみなはれ」と言われてその気になってやり始めますが,ところがやってみると継続することはなかなか難しい事にはじめて気づきます。会の日程調整をして案内して会場を確保して予約し,会場を設営して運営し後片付けする,その労力はままならないものです。まして,会を開いてみたはいいけれど,最初20人くらい集まった人数がそのうち10人になり,5人になりやがて2人しか集まらないなどとなるとモチベーションは一気呵成に下がります。いつの間にか,日程調整もしなくなります。そのうち,知らないうちに消滅します。「そう言えば,あの会はどうなったのかなあ」と。立ち上がっては自然消滅し,自然消滅してはいつのまにかまた立ち上がることの多い全国あちこちの会ですが,この回はどこまでも続きます。そう,本気だからです。

5gatu