信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-06-16   コーナー

[] 06:41    コーナー - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    コーナー - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

できた人コーナーを作ります。

 できた人コーナーは,できた人を可視化するのではなく,困っている人を可視化するためのものです。ネーム・プレートも同じことです。その意味に於いては,できた人コーナーではなく,困っている人コーナーのネーミングの方がより良いものと思われます。次の出前授業から実際に使ってみようかと思うところです。できた人がまだできずに困っている人に対して何もせず見捨てている文化を持つ集団はなんとかしなければなりません。

2019-06-15   カード

[] 05:57    カード - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    カード - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方を伝授して,

 かつて,「助けて」カードを使った実践を,『学び合い』の考え方を知らない現職に薦めたことがあり,実際にその方が「助けて」カードを使って実践されたことがあります。机の端にフラッシュカードの「助けて」カードを立てる金具を設置して,各人が「助けて」カードを持って授業に臨んだ実践です。分からなくなって困ったときに,自分の持っている「助けて」と書かれたフラッシュカードを,その金具に立てるのです。

クラスの中で,

 その「助けて」カードを見ることのできない子がだれもいない状況ができあがります。「助けて」カードが出たら,助けてもらえる環境が整っています。だれから助けてもらってもOKですし,誰がだれを助けてあげてもOKです。「助けて」カードを立てたら,助けてもらえない子は一人もいません。困っている子を見捨てるような子どもたちは一人もいないからです。

2019-06-14   助けて

[] 06:05    助けて - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    助けて - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

困ったときに

 無条件でいつでも助けてもらえる社会であることは素晴らしいことです。本当に困ったときに助けてもらった経験のある人ならばその意味はよく分かっているはずです。困っている人がいたら,遠慮なく助けてあげられる社会であることも素晴らしいことです。助けてあげることがどんなことであるのかを知っていて助けてあげられることが素晴らしいことだからです。そこには,共生の考え方があります。『学び合い』の考え方は,それを実現します。

2019-06-13   楽しみ

[] 06:43    楽しみ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    楽しみ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

本学部は各学年240名が定員です。

 毎週水曜日の午後は,その240名が全員一つの教室に揃って授業を受ける日です。B3のみなさんが受けた後,B2のみなさんが同じ教室で全員講義を受けるスケジュールが組まれています。その教室の出入り口は一つ。講義と講義の間の休憩時間は10分。つまり,B3の240名のみなさんが授業を受け終わった後,その教室から一つの出入り口から出てその直後にB2の240名のみなさんがその同じ出入り口からその教室に入ります。

出入り口は一つですし,

 その上,出入り口から外に出る階段は狭いので往来が混み合うのは必須です。当然のことながら,B3の240名のみなさんの講義が終わって,B2の240名のみなさんの講義が始まる10分は,その教室の出入り口と階段は身動きが取れないくらいごった返します。昨日もそうでした。これは,10分は遅れての講義開始だろうなあと思ったくらいです。

しかし,彼らの動きは俊敏です。

 あとから講義室に入るB2の240名のみなさんは,出てくるB3のみなさんの動きの邪魔にならないように整然と整列し,自分の番を待ちます。それは惚れ惚れするほど見事なものです。彼らと一緒にいちばん後ろに並んで見ましたら,その見事さを感得できました。結局,30秒ほどの遅れで、講義室の中に入って講義を始めることができたのでその素晴らしさを伝えることができます。さすがだと思う18Eです。

講義が始まると,

 場面設定しての議論の場を設けてありますが,積極的かつ活発な討論が始まるのにはいつも驚きます。中身も,自分事としてとらえている上にテーマに真摯に向き合ってみんなで話合っています。240名もいて,一人残らず議論に参加しているのですから,圧倒されても当然です。ここでも18Eのみなさんの良さを見ることができます。学校現場に送り出すのが楽しみな彼らです。

2019-06-12   困っている子

[] 06:20    困っている子 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    困っている子 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方

 を使って授業をすると,困っている子どもたちがいないかどうかが気になります。先生は授業中にどこをみているのですか?と聞かれることがありますが,困っている子どもたちがいないかどうかを見ています。その意味では,『学び合い』の考え方による授業は,困っている子どもたちがいないかどうかを分からない子が誰もいなくなる授業であるとも換言できます。

つまり,『学び合い』の考え方は

 初期の時点では,困っている子が可視化されている授業であると言えます。困っている子が可視化されていない授業では,現象論的にはわいわいがやがやしていますし,見かけ上,子どもたち同士で教えたり教えられたりしながら学びますから,一見,『学び合い』の考え方風に見えます。しかし,困っている子が可視化されていないだけに,一人も見捨てられている状況に陥っているかどうかが誰にも判断が付きません。

もちろん,可視化が

 すべてではないので,『学び合い』の考え方が十分に共有されていさえすれば,可視化されていなかったとしても子どもたち同士で困っている子どもたちがいないかどうかを確かめ合いますから,それで良いわけです。その現象さえ見当たらないようであれば,それは『学び合い』の考え方であるとは言えない授業です。

5gatu