信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-06-20   どうだ!これが『学び合い』だぞ

[] 06:53    どうだ!これが『学び合い』だぞ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    どうだ!これが『学び合い』だぞ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

毎年,新しい2年生が

 我が『学び合い』研究室に入ってきます。誰かが選ばざるを得ないので,望んで選んでくれる子もいれば,望まざるを得ない状況にいたっている子もいます。来てくれたからには『学び合い』の考え方をより良く分かってもらえるように尽くします。その一つが,『学び合い』の考え方による授業を実際に生で参観してもらうことです。それも,本物を,です。学び合いの授業など見せても仕方がない。卒論に値しないからです。

そこで,キャンパスからほど遠くないところで,

 本物の『学び合い』の考え方に立脚した授業をしている先生方にお願いして,ゼミ生を全員連れて授業参観に行きます。本年度も4月から,小学校,中学校,高等学校の本物を見てきました。ようやく終えました。協力くださったみなさまに心から感謝します。それにしてもキャンパス周辺に,小中高の『学び合い』の考え方に立脚した授業を公開してくれるみなさまがいてくれることが有り難いことです。お陰で,初めての2年生に対して「どうだ!これが『学び合い』だぞ」と言えます。『学び合い』の考え方とは何ぞやを少しずつ分かってくれているようです。

2018-06-19   みんなでコラボ

[] 06:02    みんなでコラボ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    みんなでコラボ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

先週の全体ゼミは,

 私が淡路島にいたのでゼミ生が自分たちで進めました。休みにはなりません。ゼミ長を中心に自分たちで考え合意し進めている,年間計画に則って粛々と運営されています。私がいてもいなくてもそれは変わらず,彼らのゼミ・ワールドはいつもの通りです。自慢の全体セミです。私「先週の全体ゼミは何やったの?」ゼミ長「長野セミナーに向けて,理科とそれ以外の目標を考えて絞り込みました」私「今日は何やるの?」ゼミ長「それぞれの目標を決めます」。

今週の全体ゼミは,

 10月20日の長野セミナーの体験授業で実践するときの目標として絞り込まれた目標の中から,一つに決める作業をします。先週の全体ゼミで絞り込んだという理科とそれ以外のそれぞれの目標群を見せてもらいましたが,どれをとっても見事なものです。私が口を出さなくても良いほど,19歳,20歳,21歳,22歳の子たちが考えた目標とは思えないほどのレベルの高さです。一度,全体ゼミに参加されてみてはいかがでしょうか。自慢のゼミ生の考える目標を味わってもらえます。

そんなことを思っていたら,

 なんと本当に参加してくれた現職がいます。それも特支でインクルーシブ教育をやっている専門家です。嬉しかった。これまでは教科の専門家ばかりであったのが,初めて特支の現職が全体ゼミに来てくれて貴重なアドバイスをゼミ生に送ってくれました。感謝です。『学び合い』についてはゼミ生が先達ですから,惚れ惚れする内容の語りを披露していました。痺れます。みんなでコラボしながら授業ができたらそれほど嬉しいことはありません。一緒にやろう。このたびの大阪の地震でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに,怪我をされた方の1日も早いご回復をお祈りし被害に遭われた方々皆様にお見舞い申し上げます。

2018-06-18   現象にとらわれる

[] 06:16    現象にとらわれる - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    現象にとらわれる - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方による授業に

 慣れていない人,つまり考え方を十分に享受していない人が授業をすると,どうしても活動中に現れる現象にとらわれるように思います。子どもたちが自由に話し合う現象さえ現れれば,それで良しとはしないまでも安心してしまうのかもしれません。まさに主体的・対話的で深い学びでもあるかのように見間違えてしまっても致し方ないものです。でもその話し合いを近くに行って耳を傾けてみると「答え教えろよ」なのかもしれないのですけど。その授業の目標の先にある目的がどこにあるのかを見間違えていることに依るものと考えられる現象です。はたして,「答え教えろよ」の会話でもOKなのでしょうか。

2018-06-17   子どもたちの一コマが幸せを届けてくれる

[] 07:30    子どもたちの一コマが幸せを届けてくれる - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    子どもたちの一コマが幸せを届けてくれる - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ある県の地域の小さな小学校が

 統合されることになりました。そこで新しい小学校の名前を考えることになったそうです。その地域の人たちが考えた新しい学校の名前は,宝田小学校です。その地域の人たち曰く,「子どもたちは宝だ」。その地域で,そんな素晴らしい人たちに見守られて育つ子どもたちは幸せです。

我々にとって,子どもたちは宝物です。

 何にも代えがたい宝物です。休みの日に,外で元気に遊ぶ子どもたちの声が聞こえると嬉しくなります。自分たちによる自分たちのための自分たちのルールを自分たちでつくって遊びます。知らない人とどのようにしたら折り合いを付けられるのかをいつの間にか身に付けながら,民主主義の原点を知らず知らずのうちに学ぼうとしています。自分にもそんな頃があったのかなあと遠い昔を振り返りながら,元気に遊んでねと心の中で励まします。子どもは元気が一番です。先日も,前方後円墳(と勝手に思っている)と思える造形物を創り上げていました。見事なものです。

朝はいつもの時間に

 「行ってきます」が聞こえてきます。私「おはよう」子どもたち「おはようございます」とともにランドセルを背負って元気に登校する姿と一緒になることがあります。朝,登校前の子どもたちに出会えると幸運です。今日も素敵な一日が待っているといいねと願います。私にも何かいいことがありそうな予感がするから不思議です。毎日の何気ない子どもたちの一コマが幸せを届けてくれます。

2018-06-16   子どもたちの素直な表現力と鋭い観察力

[] 07:00    子どもたちの素直な表現力と鋭い観察力 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    子どもたちの素直な表現力と鋭い観察力 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

子どもたちの素直な表現力には目を開かされます。

 私が授業参観に行くと,子どもたちが近づいてきます。「実習生の先生の先生だ」と声をかけられます。なるほど。子どもは表現が上手です。その素直な表現力には目を見張る物があります。ときには驚かされます。あるクラスで校庭の土を使って土器を作る活動をしていました。40人いるクラスで誰一人として同じ土器を作っている子はいません。急須のような形の土器に挑戦している子もいます。塊でできるのかと不思議に思って,理由を聞こうと思ったら急須型だったので意図が伝わってきました。彼らの自由な表現力は,小1から着実に培われているのです。

子どもたちの鋭い観察力にも目を開かされます。

 私が授業参観に行くと,子どもたちが近づいてきます。まず真っ先に見つけるのは3つの名札です。「どうして3つも付けてるの?」が定番です。鋭い観察力と素直な表現力が発揮される瞬間です。彼らに分かりやすく説明するのには四苦八苦します。私の虹彩の特徴を発見した子もいます。「先生,目どうしたの?」。よく見てるなあ,と。右手の平についた赤いボールペンの跡を見つけた子もいます。「それ,何?」。そんなところまで気づくのかと驚きます。子どもたちは,我々教師の一挙手一投足,何気ないしぐさや一言,自分では全く気にせずに過ごしていることまで実によく観察し,見逃してはくれません。肝に銘じます。

5gatu