Hatena::Groupmanabiai

Mizuochiの日記

水落芳明(みずおち よしあき 上越教育大学 教職大学院  教授・学長特別補佐)
E-mail:mizuochi☆juen.ac.jp(☆を@にしてください。)
水落研究室HP
著書紹介

2018-11-09

[]石川町ゼミツアー

今年も熱く濃密な2日間でした。

福島県石川町を舞台にした2日間は

さながら阿部研究室・水落研究室のゼミ旅行のよう。

研究公開&温泉&宴会…

まさに、よく遊び、よく学んだ2日間でした。

私たちの研究成果を町中の子どもたちに還元する機会をくださった皆様に感謝です。

写真は母畑温泉で行なった田口前教育長の特別講義。

f:id:Mizuochi:20181109232714j:image

2018-09-12

[]文部科学省メルマガ

文部科学省メルマガの最後に柳澤課長のコラムが載っています。

夏のフォーラムでの講演やパネルディスカッションは記憶に新しい方も多いと思います。

ぜひ、お読みください。

大学人だけでなく、むしろ小学校や中学校…の現場の先生方や

そこをめざす学生さんにも読んでいただきたいと思います。

http://www.mext.go.jp/magazine/backnumber/1408705.htm

society5.0や組織改編の事等、これからのために重要な情報が書かれているのはもちろんですが、

それ以上に、現場で働く私たちと文部科学省との関係について書かれている部分をお読みいただきたい。

FBやブログ、書籍…で、難しい内容に触れると自分の不勉強を棚に上げて

「君にはわからないだろう…」

と言われた気分になったり、凹んでヘソを曲げた気分になったりすることもあります。

特に、現場にいた頃の私にとって文部科学省は、

私にはわからないことをやっていて、

私たちの気持ちもわからないのではないか?くらいに感じていました。

でも、一緒に仕事してみるとイメージが変わりました。

現場のことをよくご存知だし、もっと知ろうとしている方ばかり。

大変な状況をなんとかするために汗をかいてくれている方ばかりなのです。

こんなことを書くと、媚を売ってるように感じるかもしれませんが、

それでも、お互いが知り合わないまま、乖離した道を歩み続けていくよりは良いと思い、書いています。

がんばってみよう、できれば一緒にがんばってみたい、という気持ちを

現場の先生方にもっと感じていただきたい。

このコラムには、そういう気持ちにさせてくれる力があります。

2018-05-25

Mizuochi20180525

[]有朋自遠方来、不亦楽乎

研究室に福島県の中学校からお客様を迎え、

ゼミや地域の学校における実践調査を視察いただきました。

edutabを用いたアクティブ・ラーニング

子どもたちが豊かに学び合う姿をご覧いただくことができ、大変実り多い2日間でした。

ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

f:id:Mizuochi:20180525175927j:image

2018-05-11

[]「完全研究室」

かつて師のブログでこの言葉を見つけた時の印象は忘れられません。

ですから大学教員になったときの密かな目標でもありました。

学部3年、4年、M1、M2、D1、D2、D3の全ての学年にゼミ生がいる「完全研究室」。

その夢が実現し、本日のゼミでスタートしました。

どんな夢を見られるのか楽しみです。

https://goo.gl/JGfJZK

2018-03-15

[]昨夜は研究室追いコン

素敵なメンバーに恵まれたことに感謝です。

ありがとう!

OBとなった彼らの教室にお邪魔する日が楽しみです。

f:id:Mizuochi:20180315131352j:image

2017-12-21

[]研究室忘年会

学部2年生1名の歓迎会を兼ねてビストリアで行いました。

その前のゼミやプレゼント交換…

今年の集大成に相応しく、見事!

嬉しくて嬉しくて、しみじみと見つめました。

素敵な方々に支えられて幸せな毎日です。

f:id:Mizuochi:20171221213551j:image

2017-11-11

[]石川小学校・石川中学校研究公開

「理論と実践の往還」を使命とする教職大学院の教員にとって、

大変貴重で幸せな2日間でした。

ゼミ生たちが論文にまとめた知見を発展させ、

新たなアプローチを見せていただきました。

これで私たちはまた、先に進めます。

学生たちにとっても、

普段研究している内容について、

自分たちに負けない真剣さで、

自分たちとは異なる角度からアプローチしている先生方と濃密に交流でき、

刺激的な体験だったことでしょう。

横で見ていて、彼らが一気に成長するのを感じました。

阿部研究室の皆さんと一緒に参加できたことが、

加速を後押ししてくれたことも大きかったです。

ありがとうございました。

2017-06-21

[]学校支援プロジェクト打ち合わせ

今年度お世話になる連携協力校の先生方をゼミ室にお迎えしました。

院生たちの研究テーマ紹介に続いて、

阿部研究室と合同チーム2校、

落研究室オンリーで2校、

合わせて4校の先生方から、

学校の課題を説明いただきました。

これらを絶妙にマッチして、

Win-Winの関係づくりが始まります。

さあ、いよいよ今年度も始まる!という空気に、

久しぶりに興奮する自分を感じました。

今年はどんなドラマが生まれ、

どんな研究成果を発表できるのか…

楽しみです!

f:id:Mizuochi:20170621171109j:image

2016-12-08

[]水落研究室忘年会・歓迎会

新たに学部2年生4名を迎え、

博士課程・教職大学院学部合わせて21名のゼミ生と私で22名の研究室となりました。

今夜は、先日の2つの学会発表打ち上げや来週の国際学会激励を兼ね、

ビストリアで盛り上がりました。

「厳しく、大変なゼミ」との評判の中で、

笑顔で明るいメンバーに感謝です!

f:id:Mizuochi:20161208183044j:image

2016-08-10

[]石川町教育ゼミナール

石川町教育セミナールの様子が紹介されました。

熱く、充実した2日間が蘇ります!

皆様、ありがとうございました。

http://www.ishikawa.gr.fks.ed.jp/?page_id=51

f:id:Mizuochi:20160810190746j:image