Hatena::Groupmanabiai

Mizuochiの日記

水落芳明(みずおち よしあき 上越教育大学 教職大学院  教授)
E-mail:mizuochi☆juen.ac.jp(☆を@にしてください。)
水落研究室HP

2017-02-09

[]教職大学院研究紀要論文掲載

本学教職大学院研究紀要にゼミから3つの論文が掲載されました。

別冊が届くと実感が湧きます。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

著者のみなさん、おめでとうございます!

〇 阿部雅也・水落芳明・吉原寛:指導と学習の振り返りを促す授業評価に関する基礎的研究-「アクティブ・ラーニング授業評価尺度」の作成-,上越教育大学教職大学院研究紀要,第4巻,pp.131-138

〇 徳橋和人・水落芳明:教師の声かけが学力低位層の生徒の学習意欲に与える効果に関する事例的研究-中学校1学年英語科における抽出生徒の変容-,上越教育大学教職大学院研究紀要,第4巻,pp.149-159

〇 外山良史・水落芳明:額取捨によるタブレット型端末の機能の選択活用が情報活用能力に与える効果についての事例的研究,上越教育大学教職大学院研究紀要,第4巻,pp.139-147

f:id:Mizuochi:20170209154417j:image

[]昨日は卒業研究発表会。

私たちの研究室からは6名が発表しました。

みんなきちんとした研究で、プレゼンも工夫されていて素晴らしかった。

ゼミのみんなが力を合わせた結果が見事に実った1日でした。

嬉しかったなあ・・・。

写真は発表会後にゼミ室で撮った記念写真。

普段上越にいるメンバーは勢揃いでした。

f:id:Mizuochi:20170208140743j:image

2017-01-07

[]第15回臨床教科教育学セミナー

学部4年生〜OBがたくさん集まって立派に発表してくれました。

理論と実践の往還は着実に歩みを進めています。

懐かしい方々にもお目にかかり、同窓会のよう…(^。^)

嬉しい日です!

f:id:Mizuochi:20170107162028j:image

2016-12-14

[]国際学会にて発表

We announced at the Internatiomal symposium on System Integration.

f:id:Mizuochi:20161214151712j:image

2016-12-07

[]SII2016

国際学会で4つの論文を発表することとになりました。

優秀な仲間たちのおかげです。

https://ras.papercept.net/conferences/conferences/SII16/program/SII16_ContentListWeb_2.html#wep1c

2016-12-03

[]富山大学にて日本科学教育学会研究会

みんな力の入った発表で大満足!

質疑も途切れることなく盛り上がりました。

素晴らしい準備と会場を提供くださった富山大学の皆様に感謝します。

ありがとうございました。

f:id:Mizuochi:20161203155041j:image

2016-05-17

[]本日の学習デザイン論

院生さんが調べてきた先行研究を持ち寄り、

研究テーマごとに、研究のストーリーを考えました。

院生さん同士のディスカッションを聞きながら、

この講義がセカンドステージに進んだのをはっきりと感じました。

…というのは、

院生さんの表情が、個人ゼミ等で私に説明するよりも真剣なのです。

やはり、わかるように説明しなくては…という意識が強く働くのでしょう。

次回の発表会が楽しみです(^_^)v。

f:id:Mizuochi:20160517184018j:image

追伸

講義の終わりに紹介したブログです。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Mizuochi/20111020

2016-04-11

[]修了生の論文別冊

研究室OBの論文別冊が届きました。

あらためて見直すと著者は私以外みんな学卒院生。

立派なもんです。^^

みんな「よく遊び、よく学ぶ」を貫いた彼ら。

みんな今頃は学校現場で新年度スタートでがんばっていることでしょう。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

f:id:Mizuochi:20160411182714j:image:left

2016-03-22

[]修了生の論文

修了生の論文が掲載された学会誌が届きました。

教職大学院在学中の研究が実ったものです。

すごい名前が並ぶ中に堂々と見えちゃうあたりが、

我らのたいちょうです。

おめでとう\(^o^)/

お世話になった皆様、ありがとうございます!

f:id:Mizuochi:20160322160119j:image

2016-02-01

[]論文採録2016 No.2

研究室OB丸山悟さんの論文が、

臨床教科教育学会の論文誌に掲載されることが決まりました。

修了後も時々大学に来ては研究を続けている成果が実りました。

嬉しいなあ(^_^)。

この研究は、彼の研究室先輩にあたる新採用教員と

研究室では後輩にあたる現職教員の彼のコラボという、

本学らしい化学反応を扱っています。

それだけになんとしても世の中に出したい気持ちが強かった。

日曜日の夕方に閉館直前の図書館へ2人で走ったのが忘れられません。

良かった。良かった。

本当に良かった。

まるちゃん、おめでとう!

丸山悟・水落芳明・原瑞穂・橋爪智哲:先輩教員との協働による新人教員の授業意識と指導技術の向上に関する事例的研究-ティームティーチングにおけるトランシーバーを用いた発話の聴取を通して-,臨床教科教育学会誌,16(1),臨床教科教育学会,2016,(印刷中)

2016-01-26

[]論文採録2016 No.1

研究室M2大島崇行さんの論文が

日本科学教育学会の論文誌に採録されることに決まりました。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

これでまた理論と実践の往還に向け、一歩進むことができます。

この研究は、学部学生と一緒に取り組んだもので、

様々な年齢や経験の異なる学生が一緒に学ぶ上越教育大学らしい研究に仕上がりました。

嬉しいです。

大島さんは、私が中学校の国語教師をしている時の教え子であり、

大学院でも水落研究室を選んでくれた奇特な方です。

昨年は「だから、この『学び合い』は成功する!」(学事出版)に実践を紹介してくれ、

今度は、学術研究の世界で研究成果の発表です。

嬉しいなあ。

また彼は、2月11日に開催する教師の専門職化フォーラムで

パネリストとして登壇することになっており、

本学教職大学院で学ぶ院生として、どんな話をしてくれるのか楽しみです!

皆様、ご期待ください!

大島崇行・石井慎太郎・水落芳明:大学生の授業観察力の向上に関する事例的研究-タブレット型端末を活用した現職大学院生との観察比較検討会を通して-,科学教育研究,Vol.40(2),日本科学教育学会,2016(印刷中)