Hatena::Groupmanabiai

Mizuochiの日記

水落芳明(みずおち よしあき 上越教育大学 教職大学院  教授)
E-mail:mizuochi☆juen.ac.jp(☆を@にしてください。)
水落研究室HP

2016-12-29

[]年間休肝日

今年の休肝日は70日。

昨年とぴったり同じでした。

ラッキー7計画休肝日月7日)を達成したのは8回と、

一定の効果を感じる一方で、

出張が続いた8月は呑みっぱなし…

秋からの体調不良の原因はきっとここだね…

秋に頑張ったおかげで体調もようやく上り調子。

先日の検査でも異常なしでほっとしました。

来年の目標はどうしようかな?

ゆっくり考えようっと(^_^)。

月毎の休肝日数(⚫︎印)は以下の通り。

1月:4日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

2月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

3月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

4月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

5月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

6月:5日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

7月:4日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

8月:1日⚫︎

9月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

10月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

11月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

12月:7日⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎

合計:70日

2016-12-14

[]国際学会にて発表

We announced at the Internatiomal symposium on System Integration.

f:id:Mizuochi:20161214151712j:image

2016-12-08

[]水落研究室忘年会・歓迎会

新たに学部2年生4名を迎え、

博士課程・教職大学院学部合わせて21名のゼミ生と私で22名の研究室となりました。

今夜は、先日の2つの学会発表打ち上げや来週の国際学会激励を兼ね、

ビストリアで盛り上がりました。

「厳しく、大変なゼミ」との評判の中で、

笑顔で明るいメンバーに感謝です!

f:id:Mizuochi:20161208183044j:image

2016-12-07

[]SII2016

国際学会で4つの論文を発表することとになりました。

優秀な仲間たちのおかげです。

https://ras.papercept.net/conferences/conferences/SII16/program/SII16_ContentListWeb_2.html#wep1c

2016-12-03

[]富山大学にて日本科学教育学会研究会

みんな力の入った発表で大満足!

質疑も途切れることなく盛り上がりました。

素晴らしい準備と会場を提供くださった富山大学の皆様に感謝します。

ありがとうございました。

f:id:Mizuochi:20161203155041j:image

2016-11-29

[]小学校教員時代の教え子に会いました

学部1年生の講義「教育課程実践」で

小学校教員時代の教え子に会いました。

講義を終え、片付けをしていると、見覚えのある顔・・・

  私:あれっ?

  彼:はい?(立ち止まる)

  私:どこかで会ったことあるよね?

  彼:わかりますか?

    〇〇小学校で4年生の時に転勤されたんですよね。

  私:そうだよね!

  彼:理科の授業のこと、よく覚えてますよ!

  私:それは嬉しいなあ。。。

なんて会話をして、なんか嬉しい気分になったのでした。

さて、講義ではいつものように「とんかつじゃんけん」をやり、

世界タイ記録を達成しました。

1秒!

これで記録は富山大学の2年生、上越教育大学の1年生ということになりました。

こちらも嬉しい!^^

2016-11-20

[]臨床教科教育学会研究会

ポスターセッションでは、

学校支援プロジェクトの研究等、昨年度以上の発表がありました。

かっこ良かったよー!

柳澤室長の基調講演は、

私たちとは異なる視点から、理論と実践の往還について考え直す機会となりました。

お願いして良かったです!

パネルディスカッションは、

パネリストのお話がみなさん素晴らしく惹きつけられっぱなし。

閣下のコーディネートも絶妙でした。

ブラボー!

そして、この研究会を語るのにもう1つ欠かせないのは学生さんたちやOBの活躍。

本日の発表はもちろん、

準備や前夜祭等の様々な動きに、

彼らの意識の高さや臨床力、協働力に裏付けられた即応力の数々を

誇らしい気持ちいっぱいで見せてもらいました。

みんなで一緒につくった研究会。

お世話になった皆様、ありがとうございました。

2016-11-17

[]10月の有識者会議の議事録がアップされました。

教員養成大学の教員にとって、

論文を書くということはどんな意味があるのか。

そもそも教員を養成するというのは、

何をできるようにすることなのか。

あらためて考えた会議でした。

来年夏には、提言をまとめる予定です。

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/077/gijiroku/1379375.htm

2016-11-03

[]臨床教科教育学会研究会のお知らせ

日時 11月19日(土)9:00~12:30

会場 上越教育大学202教室

テーマ 教育改革と授業改革の可能性〜「社会に開かれた教育課程の実現」〜

参加費 無料

詳細はこちらをご参照ください↓

http://rinkyokyo.com/kenkyukai/program2016.pdf