Hatena::Groupmanabiai

Mizuochiの日記

水落芳明(みずおち よしあき 上越教育大学 教職大学院  教授・学長特別補佐)
E-mail:mizuochi☆juen.ac.jp(☆を@にしてください。)
水落研究室HP
著書紹介

2018-06-12

[]54歳になりました

たくさんの皆様よりお祝いメッセージをいただき、

いくつになっても嬉しいものと喜んでおります。

ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします。

写真はゼミ生のサプライズプレゼントゼミの様子。

f:id:Mizuochi:20180614121409j:image

2018-05-25

Mizuochi20180525

[]有朋自遠方来、不亦楽乎

研究室に福島県の中学校からお客様を迎え、

ゼミや地域の学校における実践調査を視察いただきました。

edutabを用いたアクティブ・ラーニングで

子どもたちが豊かに学び合う姿をご覧いただくことができ、大変実り多い2日間でした。

ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

f:id:Mizuochi:20180525175927j:image

2018-05-11

[]「完全研究室」

かつて師のブログでこの言葉を見つけた時の印象は忘れられません。

ですから大学教員になったときの密かな目標でもありました。

学部3年、4年、M1、M2、D1、D2、D3の全ての学年にゼミ生がいる「完全研究室」。

その夢が実現し、本日のゼミでスタートしました。

どんな夢を見られるのか楽しみです。

https://goo.gl/JGfJZK

[]上越教育大学大学院入学相談会

以下の相談会を私が担当します。

ご都合のつく方はぜひ、ご参加ください。

お待ちしております。

日時:平成30年6月9日(土) 13:00~16:00

場所:上越教育大学東京サテライトオフィス〔キャンパス・イノベーションセンター東京〕

5階 509AB

〒108-0023 東京都港区芝浦3-3-6 JR田町駅前

電話:03-5440-9020

http://www.cictokyo.jp/access.html

詳しくは以下をご参照ください。

http://www.juen.ac.jp/060admissions/010graduate/010soudankai/180201_0.html

2018-05-10

Mizuochi20180510

[]研究室新歓コンパ

今年も楽しくなりそうです。

2018-05-08

Mizuochi20180508

[]M1が頼もしい!

今日の学習デザイン論は調査計画の作成。

共通の「問題の所在~先行研究~研究の目的」に基づいて

どのような調査を計画するかをディスカッションします。

問題の所在や学校現場の実態、実現性を考え、

具体的にイメージできていました。

ついついこちらも熱くなるくらい。

入学して1か月。

かなり教職大学院生になってきました。

2018-05-07

[]祝!論文受理2018No.1

今春、修了したゼミOBから嬉しい知らせが届きました。

指導案に代わるものとして提案している

アクティブ・ラーニングデザインシートを

子どもたちに事前に提示することの効果を検証した論文です。

この研究は、今春出版した

「これで、社会科の『学び合い』は成功する!」

に実践を紹介しています。

学会誌の論文、書籍の実践によって、

たくさんの方々に役立てていただけたら幸いです。

久能潤一・水落芳明:学習目標・学習内容・評価基準を事前に提示することの効果に関する事例的研究,臨床教科教育学会誌,18(1),印刷中

https://goo.gl/cZQ1Xn

2018-04-21

Mizuochi20180421

[]博士候補認定試験

今日は博士候補認定試験。

水落研究室に所属する院生2名が挑みました。

お世話になった先生方、ありがとうございました。

博士候補認定試験というのは、

博士課程に1年以上在籍し、

A論文として認められた学会で、査読付き論文を1編以上有する学生が受験することができる試験です。

この試験に合格すると、博士論文を執筆することが許可され、

さらにA論文として認められた学会で、査読付き論文1編(合計2編)を採録され、

博士論文を執筆すると、公聴会と最終試験(学力試験含む)を実施し、

連合研究科教授会の審議を経て博士(学校教育学)の学位取得となります。

試験終了後は懇親会。

2人の研究はもちろん、学位取得後の展望まで話が盛り上がりました。

おかげ様で楽しく有意義な一日になりました。

2018-04-14

Mizuochi20180414

[]学校支援プロジェクト説明会

研究室選びの時期を迎えているM1に対して、

M2や学部生たちがこれまでの取組を紹介しました。

先月の追いコンで不安そうな顔をしていた彼らが、

しっかりと先輩の顔になっています。

2018-04-13

[]大学院学校教育研究科の改組について

国立大学法人上越教育大学は,

平成 31 年(2019 年)4 月から大学院修士課程及び専門職学位課程(教職大学院)の新たな教育研究組織を計画しています。

計画では,複雑かつ多岐にわたる現代的教育課題に対応できる高度専門職業人を養成するとともに,

学校現場における諸活動を重視した実習と理論的探究により修得される高度な教育実践カを養成するため,修士課程と専門職学位課程(教職大学院)の機能の見直しを図り,教育実践力を基盤とし,

両課程の専門的な特性を活かした教育組織への改組を予定しています。

本計画は現在文部科学省と協議中です。なお,今後協議を進めていく段階で,コース名称等を変更することもあり得ます。

http://www.juen.ac.jp/030information/2018/files/kaisoosirase.pdf

2018-04-08第4弾出版記念セミナー

「成功する『学び合い』シリーズ第4弾出版を記念して

本に実践を紹介してくれた方々14名を講師としてセミナーを開催しました。

新年度を迎えたばかりの日曜にもかかわらず、

全国からたくさんの方がご参加くださいました。

ありがとうございました。

こういうWeな関係っていいなあ。

私はこういう仲間たちと一緒に仕事するのが大好きです。

研究室のOBもたくさん来てくれて同窓会みたい。

こうした本やセミナー、そしてそれを裏付ける論文が、

参加くださった方々はもちろん

みんなの幸せにつながっていきますように。

写真はセミナーの後、スタッフみんなとの打ち上げ。

f:id:Mizuochi:20180409232316j:image