Hatena::Groupmanabiai

『学び合い』の日々

佐賀市の小学校に,勤務しています。 メールは、matufitとyahoo.co.jpを@で結んで、送信して下さい。(スパムメール対策です。)

2012-03-25

平成23年度

20:30

平成23年度は、教員になって一番長く感じる1年だった。

14年目にして,初めて経験したことがあり,やりきれない気持ちになったことが何度かあった。

今年度『学び合い』の実践はできなかったが,同志のブログはこまめに読ませていただき,エネルギーをいただいた。特に,makine45先生の文章からは、多くのことを勉強させていただいた。そこに書かれることを実際に職場で体験していたからか,makine45先生の一言一言が胸に落ちた。


教育は、人なり。今更ながら、肝に銘じたい。

この1年で,確信したことと改善しなくてはいけないことを整理して,来年度に備えたい。

2011-09-09

広がる広がる

| 06:57

昨年、うちのクラスにきていた教育実習生が採用試験に合格。

卒論も、学び合いをテーマで取り組んでいくとか・・・。

学び合い』の考え方がどんどん広まってほしい(^_^;)

scorpion1104scorpion11042011/09/25 07:19それは、それはとても嬉しいことですね。きっと、matufitさんのクラスの『学び合い』学習が魅力的だったのでしょうし、『学び合い』の良さを上手に伝えられたのでしょうね。

MatufitMatufit2012/03/25 17:30誠に申し訳ありません。コメントをいただいておりながら。
平成23年度は、いろいろと考えさせられることの多い1年でした。
scorpion1104さん、今年は必ずお会いしたいと思います。

2011-06-19

名文1

| 10:25

「確かに私はモテる。でもそれだけだ。


男は振られたら去っていく。

去らない奴は男友達というポジションに収まってくれる気もない。

ただ諦め悪く粘着してくるだけ。


私はプライドが高い。

同性とは価値観の合う人間じゃないと仲良く出来ない。

だから私は友達が少ない。


彼氏はモテない。正直言って見た目は良くない。

でも明るくて社交的で面白い。

彼を恋愛対象として見る人はほんとうに少ない。

でも彼には男女問わずたくさんの友達がいる。

彼はよく頼られている。そして彼は逆にいろんな人を頼る。

そうして絆を深めている。

私にはそれが羨ましい。


彼氏は私が羨ましいと言う。

つりあわないと言う。自分なんかには勿体無いと言う。

彼にとって何が大事なのか。単にお互いに隣の芝生が青いだけなのか。

客観的に見てどちらが魅力的な人間なのか。

答えははっきりしている。


容姿は年を経るごとに劣化する。


人間性は人と関わるほどに磨かれる。


私は孤独でいやな女だ。そしてそれは全て自分の責任だ。

年老いた時に私の周りにはきっと誰もいないだろう。」



友人が教えてくれた文章。

示唆に富んでいる。

名言1

| 10:17

「お前が人生に疲れて少し休もうとした時に、厳しい言葉をかける人間は、君を利用しようとしてる人間だ。」



頭の隅にのこっていた言葉。

最近の人付き合いで感じる。

気をつけないといけないな。

上手くやります。

cakecake2011/07/20 22:30ご無沙汰です。

その人の大変さ(苦労)は人と比べてはかれるものではないのです。
その人が大変だと思うのなら大変なんです!

みたいな事をテレビドラマで言ってました!
(すみません、自分の言葉じゃなくて)

だから、私も思うのです。
人は疲れたら休む!これが一番です。^^

2011-06-09

管理者から運営者へ

02:04

算数 6年「対称な形」、14時間扱い。

半分の時間で教科書終了。

残った時間で、教科書レベルを超えた問題に取り組み始めます。

最近、自分の立ち位置がクラスの管理者ではなく、運営者になってきたように感じ

ます。これって、どうなのかな。

さて。なるか、最低点90。

1:30 帰宅

01:57

6/9佐賀『学び合い』の会、どうだったかな?

同じ県なのに、行けないなんて。

あぁ、よその学校の『学び合い』を見に行きたい…

concert3concert32011/09/02 18:476月9日は盛り上がりました。グループでの話し合いがなかなかつきず,終了時刻を2時間オーバーしました。(゚ー゚;Aアセアセ
9月の学習会は26日(月)に計画をしています。2学期は移動学習会(授業参観あり)もあります。ぜひいらしてくださいね。

2011-06-07

飛び入り『学び合い』

05:12

隣の先生が体調不良の為、お休み。

算数「分数のわり算」に出ることに。

この時間にクラス全員ができるようになることを伝える。

本時の学習目標

「約分が入った分数のわり算をみんなとくことができるようになる。」

そして、3ダメを伝える。

「座ってちゃダメ。しゃべらなきゃダメ。助け合わなきゃダメ。」


子どもの意欲や思考が表出する。同時に人間関係が見える。

「みんな」を求めると、新しいつながりが生まれる。


授業後の子どもの振り返り

「今日、心に残ったことは友だちと協力しあうことです。分からない時や答え合わせの時に、友だちと一緒にできました。算数もよくわかったので、よかったなと思いました。」

「今日、私は約分することやノートのとり方などいろいろなことをしました。友だちとすると間違えている所がみんなでやるときより早くわかるのでいいな、と思いました。」


硬直化した授業を、心地よさを感じながら力をつける授業に変えていきたい。