step by step

石川県の公立小学校で勤務しております。
日々、学級づくりや『学び合い』に奮闘中です。
ゆっくりでも、一歩一歩着実に歩んでいきたいと思っています。
ご連絡は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んで下さい。

2013-08-31

学級づくりを語り合う会のふり返り

| 00:33

大雨の中、無事開催できました。富山からo4daさん、石川から4人参加で、合計5人のこじんまりとした会になりました。でも、これくらいの人数が、お互いに話をするにはちょうどよい人数。それぞれが、それぞれの思いを伝え合うよい時間だったかなと思います。

主に、「9月のスタートをどうするか。」というテーマで話をしていました。スタートが肝心だとは誰もが感じるもの…。でも、あれもこれもと考え過ぎると、かえってどれも中途半端になりがちです。

今日の話の中で感じたのは、9月は、長い休み明けであることから、教師と子ども子ども子どもをつなぎ直すということが何よりも大切になるのだろうなあということです。いきなり、「あれもこれもしっかりやるんだ!」、「なぜ、できたことができなくなっているんだ!?」とまくし立てては、教師も子どもも疲れてしまいます。長ーい間、エンジンをかけていなかったんです。すぐにアクセル全開にはできません。これは、大人も子どもも同じです。まずは、ちゃんとエンジンをかけられる状態にすることでしょうね。おそらく、子どもたちによって、エンジンがかかるタイミングが違います。だから、無理矢理教師がエンジンをかけてやるのではなく、子どもたちそれぞれが、エンジンをかけやすい環境を整えてやることが教師の役割だと思います。

そのために大切なことは、子どもたち一人ひとりの状態をしっかり把握することでしょう。それぞれの子がエンジンをかけられるようにするために、何が必要なのかを見極める。これが、初日の最重要事項だと思います。欲張らずに、必要最低限のことをじっくりと、確実に、徹底してやる。このことを心がけたいと思いました。


…と、もう一つ話題があって、それを書いていたのですが、突然、ネット接続が切れ、書いていた内容が消えてしまいました…(泣)

続きは、また後日に…。とにかく、若手から、たくさんの刺激をもらった会でした!

o4dao4da 2013/09/03 22:05 ありがとうね。心を定めて進められています。また様子教えてね。

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Joyfull1129/20130831

ジオターゲティング