step by step

石川県の公立小学校で勤務しております。
日々、学級づくりや『学び合い』に奮闘中です。
ゆっくりでも、一歩一歩着実に歩んでいきたいと思っています。
ご連絡は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んで下さい。

2012-12-01

気がついたら12月・・・

| 18:03

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました。

なんと、もう2学期が終わりそうです。とにかくバタバタと過ぎていった2学期でした。運動会に始まり、毎月の研究授業、そのための指導案作成や授業準備に追われ、一昨日の指導主事訪問でやっと一段落。気がついたら、こんな時期です。(泣)

忙しすぎ。あと、いろいろと周囲の教育情勢(?)に振り回されました。

でも、子どもたちの方は、すこぶるいい感じになってきました。

もちろん、生徒指導事項もいくつかありましたが、かなり迅速、かつ丁寧に対応できたのではないかと思います。何より、子どもにとって、親にとって前進できる対応ができました。問題行動は、子どもとじっくり向き合うチャンスと考え、対応してきたことがよい結果を生みました。

子ども同士の関係も良好です。1学期は、教師と子どもの信頼関係構築に力を入れました。2学期は、それを土台に、子ども同士をつなぐことが自分のテーマでした。まだ、発展途上ではありますが、『学び合い』の考え方を軸に、いろいろと取り組んできたところ、子どもたちは少しずつ高め合う集団に近づきつつあります。やはり、信頼関係がバッチリであれば、無敵です。

彼らが次の学年になるまで、あと4か月足らず。教師と子どもの信頼関係を維持しつつ、子ども「集団」をさらにパワーアップさせていきたいと思っています。集団の力が伸びれば、その中にいる個人の力もきっと伸びていくはず。いよいよ仕上げの段階に入ります。

今の自分の密かな目指すクラス像は、「色(癖)のないクラス」です。私がいるときだけ成立するようなルールを作ろうとは思いません。私がいようがいまいが、そこにいる子どもたち同士で、よりよく学習したり、過ごしたりできるためのルールを決めていけるようにしていきたいものです。私がいるときだけ成立するルールがあっても、クラス替えをし、私が担任でなくなれば、そのルールは消えます。それでは、意味がありません。誰と一緒になっても、お互いにうまくやっていく方法を考えられる力こそ、大人になるために大切なのだと思います。誰が担任になろうとも崩れない人とうまくやっていく力を育てていくのが、次の学年に送るまでの教師の責任だと思って、あと4か月やっていきたいと思います。

自分自身の課題は…頑張り過ぎないようにすることでしょうか…(汗)

AlghitaAlghita 2013/10/03 15:59 There's a secret about your post. ICITHYTBTKY

AndraAndra 2013/10/05 09:42 This does look <a href="http://pxgemeknt.com">prmgnsiio.</a> I'll keep coming back for more.

MauraMaura 2013/10/06 11:47 A million thanks for posting this inaoimftron. http://nodptz.com [url=http://fbxyvllo.com]fbxyvllo[/url] [link=http://pncryvxnsa.com]pncryvxnsa[/link]

PatriciaPatricia 2013/10/06 19:47 Walking in the <a href="http://kgrgrbsev.com">preecnse</a> of giants here. Cool thinking all around!

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/Joyfull1129/20121201

ジオターゲティング