step by step

石川県の公立小学校で勤務しております。
日々、学級づくりや『学び合い』に奮闘中です。
ゆっくりでも、一歩一歩着実に歩んでいきたいと思っています。
ご連絡は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んで下さい。

2012-06-04

縦糸

| 23:12

今日は、何だかクラスがいい感じ。週明け月曜日にもかかわらず、調子がよい。でも、けんかがあったり、暴れる子がいたり、トラブルは多かった。

ただ、自分自身は冷静に対応できたと思う。それはなぜか。教師対子どもの縦糸ができ始めてきたからではないか。先週くらいから、子どもたちとの波長が合ってきたと感じられるようになった。2ヶ月経ち、ようやく子どもたちとのつながりが強くなってきたようだ。子どもたちに対して、好きなことを言えるようになっている。ちょっかいもかけられる。適度な距離感もできつつある。居心地のよさを感じられる。自分では、特に何かをしたという訳ではないが、2ヶ月かけて、少しずつ子どもたちとの信頼関係を築き上げることができたのかなと思う。もちろん、十分とは言えないので、今後も続けていく必要はある。やっとか…という思いもあるが、思い出してみると去年はそんな状態になれたのは10月頃だ。一昨年よりも前はというと、そんな状態になれたことは一度もない。そう考えたら、今年はかなり早い段階でたどり着けた。

さあ、ここからが本番。教師と子どもの縦糸をキープしつつ、今度は子ども同士の横糸を丁寧に作っていく段階。焦らず確実にやっていこう。

こだわり

| 22:56

自信をもってやれるかどうかの1つのキーワードだと思う。

こだわりとは、つまり、自分自身が大事にしていること、こうあってほしいという願い、譲れない部分である。こだわりがあるのとないのとでは、学級づくりや授業づくりが大きく違ってくるだろう。教師としての柱、芯、信念にもかかわってくる重要な部分だと思うので、意識していきたい。

ただ、あまり難しく考えすぎても苦しいので、要は自分がやりたいことをやってみればいいということ。人から言われたことは、どうもやりにくいものだ。自分に合わなければうまくいかない。うまくいかなければ、人のせいにできる。でも、自分がやりたいことをやってうまくいかなければ、それは自分の責任。だから、次はもっとよくしたいという思いも生まれるし、より修正を加えようという意欲にもつながる。

自分なりのこだわりを大切にしていきたいものだ。


ジオターゲティング