step by step

石川県の公立小学校で勤務しております。
日々、学級づくりや『学び合い』に奮闘中です。
ゆっくりでも、一歩一歩着実に歩んでいきたいと思っています。
ご連絡は、violinist.orchestra.1129とgmail.comを@で結んで下さい。

2012-06-02

第6回「学級づくりを語り合う会」

| 23:02

本日、実施させていただきました。

しっかりと準備して臨むことはできなかったのですが、一応、ねらいと展開にはこだわりをもってやれたとは思います。特に自己紹介の時間は、初参加の人の心の壁を低くするために、絶対にとりたい時間でした。まあ、何よりも参加者のみなさんのご協力のおかげで、無事に終えることができたと思います。ありがとうございました。

以下、本日の会でのメモです。

・「なぜそれをやらなければいけないのか」という理由がないまま、ただただやらせるのでは、子どもが納得できない。それをすることによって、どんなよさがあるのか。また、それをすることはなぜよくないのか、子どもたち自身に判断させ、決定させることが重要。

・教師が親切すぎることは、子どもたちにとって逆に親切ではない。子ども同士の相互評価でこそ力がつく。

・人の話をなかなか聴けない子に対して…自分の話を聴いてもらえなかったらどう感じるかを考えさせる。どうしたらいいのかは自分たちで決めさせる。あとは、約束したことができたら褒める。そして、毎日毎日繰り返し語ること。

・「何のために学校に来ているのか」をくり返し、子どもたちに返していくこと。

・そろうまで「待つ」姿勢の大切さ。何を大事にしているのかを明確に示す。

・学級目標の達成に向けて、具体的なめあてで示す。「分からない」「できない」を見捨てない温かい人間関係づくり。

o4dao4da2012/06/02 23:13この会が行われたのと同じで、勢いは大切かもしれません。研修、ICT、次の会設定など。もし1回きりであったとしても、(そんなことないと思いますが)どこでどうつながるかわかりませんし、共感者も必ず出てくることでしょう。ねらい、見通しも大切ですが、やってみないことにはわかりません。J大のA先生が、成功の反対は何もしないこととおっしゃっていたことも思い出しました。こみあげるパワー応援しています!Joyfullに変えたときぐらい、熱いものを感じました★

maya-1maya-12012/06/03 21:50今回は、会の運営に腐心され、ご自分の実践に関してはあまり多くを語られませんでしたが、実践に裏打ちされた自信のようなものが感じられます。

naominaomi2012/06/04 00:07先日は誘って頂いてありがとうございました!真剣に、でもアットホームに、素敵な方々の考えを聞けて、充実した時間を過ごすことが出来ました。ブログも先生の等身大って感じで素敵ですね♪お互い早く帰れるように頑張りましょう…(^^)!!

Joyfull1129Joyfull11292012/06/04 22:46o4daさん、ありがとうございます。確かに、動けるときに動くということが大切かもしれませんね。そうしているうちに、何かをつかめるかもしれません。せっかく波に乗ったので、その勢いに任せていろいろとやってみたいと思います。

maya-1さん、本当に適切なアドバイスありがとうございました。若手にとってよい刺激になります。自信の裏には自分なりのこだわりがあるのだと思います。今回の会では、そういうものが自分の中にあったように思います。

naomiさん、会への参加、ありがとうございました。そして、コメントまで…。なかなか自分の思ったようにはいきませんが、無理せず少しずつ前進していきましょうね。今年は、若い人も多いので自分自身が元気をもらっています。


ジオターゲティング