あしたは晴れる このページをアンテナに追加 RSSフィード

岡山県東部のとある小学校で教員をしています。 連絡はhi6yuki43とgmail.comとを@でつないでください

2017-03-05

つぶやきを読んで

| 11:06 | つぶやきを読んで - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - つぶやきを読んで - あしたは晴れる つぶやきを読んで - あしたは晴れる のブックマークコメント

「『1人で抱え込むな』と言うけれど、救いを求めて拒絶されたとき、絶望しかないのが怖い」

と言った意味の書き込みをネット上で見た。

子ども達のテストスコアを上げることを目的としたことはない。指標の一つではあるけれど。

あの子が「誰か教えて」という言葉を不安なくあげることが出来て。

この子が「助けてあげる対象」ではなくて、「一緒に課題を乗り越える仲間」になって。

「助けてもらったから、今度は誰かを助けたい」と思えるようになって。

「困ったときは、誰かが助けてくれるかもしれない」と安心できるようになって。

学校が変わっても何となく気に掛け合って、困ってると聞けば「何か出来ることはないかな」と考えたり考えてもらったり。

そんな安心の「核」がみんなの中に出来るといいな。

そんなことを考えてなんとかかんとかその日暮らしをしているのだけれど。

…冒頭のつぶやきがこの世から無くなるために、いろんな人が日々働いている。

自分もそのひとりでありたい。

2016-10-18

算数の授業にて

| 22:06 | 算数の授業にて - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 算数の授業にて - あしたは晴れる 算数の授業にて - あしたは晴れる のブックマークコメント

 今やっている5年生の算数。平行四辺形の面積の学習。

 算数に限らず、教科書って良くできているなぁ、と基本的には思っているのですが、時々どうも納得のいかないことがあるのです。

 三角形にしろ、平行四辺形にしろ、色々な考え方で面積を出してみて、「公式を考えてみましょう」と続く。

 体裁としては、なにも知らなかった子ども達が試行錯誤を繰り返して、自分で公式を見つけていく、というストーリーに乗っているように見えます。

 身勝手かもしれないけど、僕にはどうも嘘臭く感じるのです。

 …今時、何人かの子どもは前もって塾や通信教材で知ってますって、三角形や平行四辺形の面積の公式。

 「知ってる子も、知らないふりをして、試行錯誤するふりをしたあげく公式を「考えつく(発見する)」ってか?」

 僕が子どもだったら、腹のなかで「アホ臭いけど、付き合わないとしかられるしなぁ」なんて思うかな、と。

 なので、今のところ授業ではいきなり公式を示しています。今日のめあては、

 「平行四辺形の面積=底辺×高さという公式を使って、平行四辺形の面積を求めることができる」

 授業の終わりに、子どもの一人が言いました。

 「先生、明日のめあてがわかってしまった」

 「ほほう、言ってごらん」

 「平行四辺形の面積の公式がどうして底辺×高さなのかを人にわかるように説明することができる、だ。絶対そうだ。先生のいつものパターンだ」

 それを聞いていた回りの子達が口々に

 「うわぁ、明日は難しいぞ」と言いました。

 ふふふふふ。鋭くなってきたものですねぇ。

2016-09-05

もうすぐ2学期

| 22:03 | もうすぐ2学期 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - もうすぐ2学期 - あしたは晴れる もうすぐ2学期 - あしたは晴れる のブックマークコメント

 地域によってはもう2学期が始まっているところもあるようです。

 勤務している地域は2学期の始業式は9月1日です。ということで、まだもう少し夏休みが続きます。

 若い頃はもうちょっと夏休みが続けばいいのに、と思っていました。

 やがて、早く2学期始まれとうずうずするようになりました。

 今は、というと…。

 特に、感慨はなし。

 始まるのでぼつぼつ準備にかかろうか、というか、そろそろ終わるんだなぁ、というか…。

 いいのか、こんなゆる~い状態で2学期を迎えても…。

2016-07-16

2学期に向けて

| 09:20 | 2学期に向けて - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 2学期に向けて - あしたは晴れる 2学期に向けて - あしたは晴れる のブックマークコメント

ここ何年も受け持つ子どもたちには恵まれている。と、心から思う。

「子どもたちといい関係ですよね」

「きちんとしていますよね」

「高学年らしい顔つきになってきましたよね」等々の言葉をかけていただく。

 ありがたいけど、それらは僕がやったこととはあまり関係ない。

 もともと子どもたちが良かったのだ。

 それに加えて今までの担任の積み上げに乗っただけのことだ。

 

 実際は毎日が綱渡りの思いだった。土台を整えるのにアップアップしていた。

 子どもの上に何も積み上げていない感が満載だった。

 

 でも、方向性は定まった、ように思う。そっちの方向に舵も切った。

 1学期もあと1日。そして夏休み。2学期以降の準備が始まる。

2016-06-15

はたからみると…

| 06:37 | はたからみると… - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - はたからみると… - あしたは晴れる はたからみると… - あしたは晴れる のブックマークコメント

学び合い』で、授業のときに

「一人も見捨てない」

「みんなが」

をやたら強調してるとき。

大概その授業はうまくいってない。

そして、うまくいっていない原因は大概子どもたち以外のところにある。