あしたは晴れる このページをアンテナに追加 RSSフィード

岡山県東部のとある小学校で教員をしています。 連絡はhi6yuki43とgmail.comとを@でつないでください

2017-03-20

当たり前リストその2

09:20 | 当たり前リストその2 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前リストその2 - あしたは晴れる 当たり前リストその2 - あしたは晴れる のブックマークコメント

第2弾

1 子どものせいにしない

2 保護者のせいにもしない

3 「ちょっとだけまし」をめざす

4 無理をしない

5 無理をさせない

6 でもちょっとだけ背伸びをする

7 何ができたかを振り返る

8 何ができなかったかを振り返る

9 自分が凡人であることをわきまえる

10 ビデオ映像はできるだけ毎日とる

11 よほどのことがない限り、撮ったその日にビデオは見返す

12 撮ったビデオは2回以上見返す。最初はなんでそれが気になったのか。2回目はその周りで何が起こっているのかを見るため

13 撮ったビデオは、機会があれば人と一緒に見る。視点を広げてくれるから

14 腹がくくれないなら、『学び合い』をしない。

15 子どもたちに支持者になってもらっても、信者にはしない

16 自分とは合わない子がいるはず、とは常に頭の隅に入れておく

17 機嫌の悪い時は努めて褒めどころを探す。もしくは静かに話す

18 『学び合い』が上手くいっている時に意識してほころびを探す

19 『学び合い』が上手くいってない時に意識して良いところを探す

20 いいな、と思ったら早めに反応する

21 よくないな、と思ったら一呼吸おく

22 指示は徹底する

23 支援を受け入れるかどうかは、相手に委ねる

24 「それ、何のため?」は意識して自分に問いかける

25 「それ、何のため?」と問いかける時は、自分なりの答えは用意する。話すかどうかは別として

当たり前リストその1

09:13 | 当たり前リストその1 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前リストその1 - あしたは晴れる 当たり前リストその1 - あしたは晴れる のブックマークコメント

同僚に

「先生が当たり前としてやっていることをリストにして見せてほしい」

といわれたので、第1弾。

○ 最初の語りを10分におさめる

○  課題の量には注意を払う

○  課題の質にも注意を払う

○  どうしてほしいのかをはっきりさせる

○  視線をとらえる

○  大きな声でつぶやく

○  大げさに感謝する

○  1学期限定のネームタグ

○  離れた位置から全体を見る

○  中心に据える子を決める

○  教わる子>=教える子を意識する

○  「教えて」は100倍の勇気がいることを伝える

○  手持ちぶさたな子の振る舞いをチェックする、フィードバックする

○  「全員達成できなかったから」と「全員達成できなかったけど」を区別する

○  変化を捉える

○  見ながら、頭の中で所見を書いてみる

○  動き方に注意を払う

○  授業の終わりに投げかける言葉を考える

○  投げかけた次の時間は集中する

○  表情、声の大きさ・トーン、目の動きに注意する

○  ピンポイントで、離れた場所から抜き打ちにほめる・共感する

○  こわごわ揺すぶってみる

○  問いかけには短く答える

○  関わりたがる子に「見捨てられた」と思わせない

○  声をかけたら、その周りの子の動きに気をつける

○  短く説明してみる、バトンタッチする

○  短期間に結果の出るもの、中期的に見るもの、長期的視野に立つものを分ける

○  というか、焦らない代わりに止まらない

○  存在を少しずつ薄める

○  変化をもたせたいときに、つぶやく

○  そっと背中を押してみる

○  周りの子に引っ張ってもらう

○  15分~30分程度、ビデオを見る

 ふつうの授業にもどっても、1人も見捨てないでほしいことを伝える

daitouirukadaitouiruka2017/03/20 10:03リスト、とても参考になります。
もう一度、自分を見直してみなければ、と思っていたところでした。
ありがとうございます。

FlipperKFlipperK2017/03/20 15:44コメント、ありがとうございます。
何かよく分からないところはありませんでしたか?
(全部、といわれたらどうしよう)