あしたは晴れる このページをアンテナに追加 RSSフィード

岡山県東部のとある小学校で教員をしています。 連絡はhi6yuki43とgmail.comとを@でつないでください

2017-03-20

当たり前リストその2

09:20 | 当たり前リストその2 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前リストその2 - あしたは晴れる 当たり前リストその2 - あしたは晴れる のブックマークコメント

第2弾

1 子どものせいにしない

2 保護者のせいにもしない

3 「ちょっとだけまし」をめざす

4 無理をしない

5 無理をさせない

6 でもちょっとだけ背伸びをする

7 何ができたかを振り返る

8 何ができなかったかを振り返る

9 自分が凡人であることをわきまえる

10 ビデオ映像はできるだけ毎日とる

11 よほどのことがない限り、撮ったその日にビデオは見返す

12 撮ったビデオは2回以上見返す。最初はなんでそれが気になったのか。2回目はその周りで何が起こっているのかを見るため

13 撮ったビデオは、機会があれば人と一緒に見る。視点を広げてくれるから

14 腹がくくれないなら、『学び合い』をしない。

15 子どもたちに支持者になってもらっても、信者にはしない

16 自分とは合わない子がいるはず、とは常に頭の隅に入れておく

17 機嫌の悪い時は努めて褒めどころを探す。もしくは静かに話す

18 『学び合い』が上手くいっている時に意識してほころびを探す

19 『学び合い』が上手くいってない時に意識して良いところを探す

20 いいな、と思ったら早めに反応する

21 よくないな、と思ったら一呼吸おく

22 指示は徹底する

23 支援を受け入れるかどうかは、相手に委ねる

24 「それ、何のため?」は意識して自分に問いかける

25 「それ、何のため?」と問いかける時は、自分なりの答えは用意する。話すかどうかは別として

当たり前リストその1

09:13 | 当たり前リストその1 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 当たり前リストその1 - あしたは晴れる 当たり前リストその1 - あしたは晴れる のブックマークコメント

同僚に

「先生が当たり前としてやっていることをリストにして見せてほしい」

といわれたので、第1弾。

○ 最初の語りを10分におさめる

○  課題の量には注意を払う

○  課題の質にも注意を払う

○  どうしてほしいのかをはっきりさせる

○  視線をとらえる

○  大きな声でつぶやく

○  大げさに感謝する

○  1学期限定のネームタグ

○  離れた位置から全体を見る

○  中心に据える子を決める

○  教わる子>=教える子を意識する

○  「教えて」は100倍の勇気がいることを伝える

○  手持ちぶさたな子の振る舞いをチェックする、フィードバックする

○  「全員達成できなかったから」と「全員達成できなかったけど」を区別する

○  変化を捉える

○  見ながら、頭の中で所見を書いてみる

○  動き方に注意を払う

○  授業の終わりに投げかける言葉を考える

○  投げかけた次の時間は集中する

○  表情、声の大きさ・トーン、目の動きに注意する

○  ピンポイントで、離れた場所から抜き打ちにほめる・共感する

○  こわごわ揺すぶってみる

○  問いかけには短く答える

○  関わりたがる子に「見捨てられた」と思わせない

○  声をかけたら、その周りの子の動きに気をつける

○  短く説明してみる、バトンタッチする

○  短期間に結果の出るもの、中期的に見るもの、長期的視野に立つものを分ける

○  というか、焦らない代わりに止まらない

○  存在を少しずつ薄める

○  変化をもたせたいときに、つぶやく

○  そっと背中を押してみる

○  周りの子に引っ張ってもらう

○  15分~30分程度、ビデオを見る

 ふつうの授業にもどっても、1人も見捨てないでほしいことを伝える

daitouirukadaitouiruka2017/03/20 10:03リスト、とても参考になります。
もう一度、自分を見直してみなければ、と思っていたところでした。
ありがとうございます。

FlipperKFlipperK2017/03/20 15:44コメント、ありがとうございます。
何かよく分からないところはありませんでしたか?
(全部、といわれたらどうしよう)

2017-03-05

つぶやきを読んで

| 11:06 | つぶやきを読んで - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - つぶやきを読んで - あしたは晴れる つぶやきを読んで - あしたは晴れる のブックマークコメント

「『1人で抱え込むな』と言うけれど、救いを求めて拒絶されたとき、絶望しかないのが怖い」

と言った意味の書き込みをネット上で見た。

子ども達のテストスコアを上げることを目的としたことはない。指標の一つではあるけれど。

あの子が「誰か教えて」という言葉を不安なくあげることが出来て。

この子が「助けてあげる対象」ではなくて、「一緒に課題を乗り越える仲間」になって。

「助けてもらったから、今度は誰かを助けたい」と思えるようになって。

「困ったときは、誰かが助けてくれるかもしれない」と安心できるようになって。

学校が変わっても何となく気に掛け合って、困ってると聞けば「何か出来ることはないかな」と考えたり考えてもらったり。

そんな安心の「核」がみんなの中に出来るといいな。

そんなことを考えてなんとかかんとかその日暮らしをしているのだけれど。

…冒頭のつぶやきがこの世から無くなるために、いろんな人が日々働いている。

自分もそのひとりでありたい。

2017-03-04

量の問題

| 11:48 | 量の問題 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 量の問題 - あしたは晴れる 量の問題 - あしたは晴れる のブックマークコメント

先日、職場で質問をされました。

☆「先生、Aちゃん、この1年ですごく伸びましたよね。どういう指導をされたのですか」

★「いや、別に特別なことは…。ただ、すぐに結果が出なくても焦らないようにしてはいましたけどね」

☆「でも、どうしても担任の立場だったら焦ると思うんですよ。『このままじゃ、まずい』をただ繰り返しているだけな気がして…」

★「あーーー。分かります、それ。まぁ、うちの場合あの子は2学期後半から3学期あたりには伸びてくるんじゃないかって思ってはいましたから」

☆「その見通しがもてないんです。どうやってそれを見通せるんですか?」

★「うーーーーん…。まぁ、単に量の問題ですね」

☆「量…ですか?」

★「はい。先生も学力的にしんどい子に対しては、個別指導や机間指導をされますよね?」

☆「はい。します」

★「ただ、誰も2倍、3倍努力って不可能ですよね。先生の時間にも制限があるし、毎日長時間その子を見ることって出来ないでしょ?

  机間指導にしたって、その子だけに関わるわけにいかないから、1時間にせいぜい5分程度ですよね」

☆「そうですよね」

★「うちの場合はね、その子以外の子が毎時間関わるんです。入れ替わり立ち替わり。少なく見積もっても1時間の授業で20分かな。

  それだけで4倍の時間をあてられるんですよね、支援の時間として」

☆「4倍…」

★「4倍の長さの時間サポートしてもらえる状態が、1・2学期の間続いたら、すごい積み重ねになるでしょ?」

☆「そうですね」

★「だから、特別なことは何もしていないんです。量の問題です。あ、付け加えるとすると、続けているとその子の学習への向き合い方が変わってきます。

  質も変わっていくんです。ぼくが気をつけるのは、その子を含めたみんなが見捨てられることなく全員達成をめざしているかを気をつけているんです」

2017-03-02

5年のまとめ・6年の準備

| 23:21 | 5年のまとめ・6年の準備 - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 5年のまとめ・6年の準備 - あしたは晴れる 5年のまとめ・6年の準備 - あしたは晴れる のブックマークコメント

 毎週末、次週の予定表を配っています。

 来週からの予定は、教室が固定されるもの(体育・音楽・家庭科等)と自分以外の先生が教えているもの(理科)以外のコマはすべて

「5年のまとめ・6年の準備」

となっています。

 達成するための課題一覧は教科別にプリントにして渡します。あとは、それぞれがそれぞれの進め方で課題をこなしていきます。

 算数をやっている横で国語をやっている、何てことも起こります。

 共通しているのは「1人も見捨てず、みんなが課題達成できる」こと。

 明日子の予定表を見た子ども達はどんな反応をするでしょうか。

FlipperKFlipperK2017/03/04 11:12「先生、マジ?」と言われました。

2017-01-25

朝の会にて

| 18:09 | 朝の会にて - あしたは晴れる を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝の会にて - あしたは晴れる 朝の会にて - あしたは晴れる のブックマークコメント

 朝の会でのサークルトーク。

 サークルトークというとなんかかっこよさげですが、なんのことはないお題を決めてうだうだ車座で話すだけ。

 今日のお題は、

 「来年担任になりそうな先生」

 こどもたちがわいわい。

 「○○先生がいいなぁ」

 「誰でもいいけど女の先生がいい」

 「△△先生、優しそうだなぁ」

 …なんか、好き勝手いってるよ。と、思っていたら、

 「別に来年先生でなくてもいいけど、『学び合い』はしてほしいよね」

 「そうだね~。『学び合い』がいいよねぇ」

 「ねぇ、先生、来年担任する先生に『学び合い』してくださいって言ってくれる?」

 「いや、いっそのこと学校全体で『学び合い』やっちゃえば?」