Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2009-11-05「閑雅な食慾」現代語解釈

[][]「閑雅な食慾」現代語解釈 「閑雅な食慾」現代語解釈 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「閑雅な食慾」現代語解釈 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「閑雅な食慾」現代語解釈 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

萩原朔太郎作「閑雅な食慾」を現代語で解釈する課題を出した。予想以上の世界を描いてくる作品が出てて来た。このように想像(妄想?)を膨らませる課題って楽しいなぁ。

「閑雅な食慾」 萩原朔太郎

松林の中を歩いて

あかるい氣分の珈琲店(かふえ)をみた。

遠く市街を離れたところで

だれも訪づれてくるひとさへなく

林間の かくされた 追憶の夢の中の珈琲店である。

をとめは戀戀の羞をふくんで

あけぼののやうに爽快な 別製の皿を運んでくる仕組

私はゆつたりとふほふくを取って

おむれつ ふらいの類を喰べた。

空には白い雲が浮んで

たいそう閑雅な食慾である

現代語解釈

2年男子

風邪が肌寒くなってきた秋頃、落ち葉がたくさんある松林の中を歩いていたら

笑い声が聞こえてくる明るい雰囲気の喫茶店を見つけた。

その喫茶店は街外れの山にあって

あまりにも山奥にあるため、誰も訪れてくる人はいなくて

絵本に出てくるような古い感じの喫茶店である。

私は店の中に入り、一番奥のテーブルに通されて周りを窺ってみると、おとめが恥ずかしそうに

雲一つ無い青空のような水色の珍しい皿を運んでくる。

私は前掛けをしてゆっくりとフォークを手にとって

オムレツとエビフライを食べた。

私はフォークをテーブルの上に置き、食べ終わったあとの大きく膨らんだ腹をさすりながら横にあった窓から外の景色を見ると、空には白い雲が浮かんでいた。

たいそう閑雅な食慾である。

その他の作品はこちら

2009-10-20評論文の構造

[][]評論文の構造 評論文の構造 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 評論文の構造 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 評論文の構造 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以前に物語のパターンを示して、それに物語(小説)を当てはめて再構成する授業をおこなった。

今回は評論文の構造を示して、それをもとに評論文を書き直させる授業を行った。評論文の構造は以下の通り。

一般的には△△と思われているけれど、しかし実は××である。なぜなら◎◎だからである。

全ての評論文や意見文はこの構造で書かれてある。「一般的には新潟は寒いと思われているけれど、実は寒いんだよ。」なんていう一般的に思われていることを繰り返しても何の主張もない。逆に「一般的に新潟は寒いと思われているけれど、実は日本で一番暑いんだよ。*1」なんて主張をするとよむ人は「えっ?」となる。こういうようなことを言わなければ物書きとしては表現する意味がない(誰も読んでくれない=お金にならない)。

ということで、次のように授業を進めた。

  1. 「失敗に学ぶ」通読(グループ。よみ)
  2. 「一般的には△△と思われているけれど、しかし実は××である。」と書き込める枠を作ったワークシートを配布して、「失敗に学ぶ」から最高3つ見つけて書く。
  3. 回収し、書かれた内容をまとめて「失敗に学ぶ」の文章から8〜9の評論文の構造を示す。
  4. 子どもたちはその中から「最も著者の伝えたいこと」と判断できる上位2つを選び、その根拠となる記述を教科書から見つけ、「なぜなら〜」を評論文の構造通りに書く。(焼き直し評論文)
  5. 完成したらクラスで全員のノートを一斉に回覧し、「なるほど!」と思ったらノートに赤丸を付ける。(2分で次の人にノートを回覧する。)
  6. ノートに「著者が伝えたかったこと」を40字程度」、そして焼き直し評論文が書けた人は、評論文の構造をもとに自由評論文を書き、焼き直し評論文が2つ完成していない人は、他の人のものを参考に1つ完成させる。

私は全く「失敗に学ぶ」の解説はしなかった。最後の課題を読むと、ほとんどの人が「著者の伝えたいこと」をきちんと受けとめていた。また、後のふりかえりでも「評論文を読めるようになった」と書いてくる生徒が思いの外多かった。

授業をしている最中、授業者としてはあんまり手ごたえを感じることができなかった。実際のところ、「あーあ、どうしよーかなー。」という状態だった。しかし、予想に反して学んだことが多かったようだ。不思議なもんだなぁ。案ずるより産むが易し。

*1:約10年前、8月上旬に新潟は最高気温37°を4〜5日連続で記録したことがあった。この時沖縄は最高気温33°程度だった。

2008-11-02「スイミー」の課題設定

[][][]「スイミー」の課題設定 「スイミー」の課題設定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「スイミー」の課題設定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「スイミー」の課題設定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

先日の新潟授業研究会でおこなった「スイミー」の課題設定の提案をします。そこで結論に到ったのは、

「~みたいな」「~のような」という直喩は「あるものA」と「あるものB」を結びつけてイメージを膨らませる表現です。その「あるものA」と「あるものB」が最もかけ離れている表現をひとつ選ぼう。

というものでした。なかなか小学2年生がわかるように表現するのは難しいのですが、息子には一つ一つ説明して、わかってもらえました。

息子に聞いてみると、学校ではこの直喩表現に関しては全く触れられなかったそうです。

一番初め息子は「水中ブルドーザーのようないせえび」を選びました。*1

息子:ブルドーザーは乗り物だし、いせえびは生き物だから。

私:じゃあ、「同じもの」はなんだろう?

息子:うーん、形?

という感じで、「同じ要素」と「違う要素」というのを理解していきました。

息子:「ゼリーのようなくらげ」

私:どうして?

息子:クラゲの形は半円形だけれど、ゼリーはそんな形をしていないのもあるから、違う。

私:ん?ゼリーとクラゲは何が同じなんだろう?

息子:えーっと、ゼリーもクラゲもいろんな形があるから、……、あ、「プニプニ感?」

というように、ちょっと考えると、ずれてしまうところがあるので、軌道修正が常に必要かもしれません。

次に目を付けたのは、「ミサイルのようなマグロ」でしたが、これも「形が違う」というように視点がずれていたのですが、「速さ」という共通点に視点を置かせました。

最後に

大きな魚みたいに泳げるように

というところに目がとまり、「これだ」ということになりました。私が誘導したつもりはないのですが、もしかしたら私から何かを読み取ったのかもしれません。

私:どうしてここが他よりも2つのものが違うと思うの?

息子:だって、小さな魚と大きな魚というところで「迫力」が全然違うから。

そういえば、ここの直喩表現だけは「違う」という視点が同じスケールで測れるのです。例えば、「ゼリーのようなくらげ」というのは、同じ要素は触感ですが、違う要素は「食べ物と生き物」というように。ところが、この表現は同じ要素は「魚」ですが、違う要素も「迫力」というように共通しています。だから息子はこれを選んだ、つまり、「比較しやすかった」ということになります。これは、授業研究会で考えていた時には何か引っ掛かっていたんだけれど、言語化できないことでした。

うーん、小学生すごい!

ということで、みんなで考えれば、議論白熱になること請け合いの課題設定ができました。どなたか追試していただけませんか?

*1:M山さんと同じでした!

nokogirisounokogirisou2008/11/02 23:24うお~。予想通りの展開ですね。
でも「迫力が違う」はすごいな。
やはり比喩のレベルが違うことを
ちゃんと読み抜いていたのですね。
うちも息子でためしてみよう。

beulahbeulah2008/11/03 12:01峰本です。
「ぷにぷに感」というのが良いですね。ポニョの影響?
私も小5の息子に試してみようかなぁ。ただ、彼が興味を示してくれるかどうか、心配です。(^_^;)

katokyonkatokyon2008/11/03 14:54私、2年生です。(正しくは、私は2年生を担任しています、ですね。国語の先生になんていう言い方を・・・えへっ)
うちの教科書は、「スイミー」扱っていないんですが、また「群読をつくろう物語バージョン」の「学び合い」授業やろうかと思っていて、やってみようかな。スイミーおもしろいもん。2年生でも文法を全く扱わないということはないですよ。場面の様子や登場人物の気持ちの動きを読み取るのに、文章表現(文法)は欠かせないので。まあ、「比喩」じゃなくて「たとえ」とか言い方は簡単にしますけどね★

F-KatagiriF-Katagiri2008/11/05 09:33nokogirisouさん、峰本さん、ぜひ息子さんでの追試をブログでアップしてくださいね。

katokyonさん、スイミーで群読、おもしろくできると思いますよ。ぜひ、子どもたちに作らせてください。どこに着目するかおもしろそうです。