Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-06-29文章を読む

[][]文章を読む 文章を読む - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文章を読む - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 文章を読む - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190704155219j:image

内田樹先生が言う「中腰」と言うことが,何となくわかってきた気がする。本当にわかったというわけではない。

難解な文章を読んでいて,当然わからないのだ。わかろうと何回も読むのだが,わからないのだ。そんなのはよくあること。こんな内容をすらすらわかる頭のいい人がいるんだろうなぁと自己嫌悪に陥ってしまう。

しかし,そんな文章でも「中腰」で読み続けることができるようになった。というか,中腰状態で読み続ける訓練が必要なんだろうなと思うようになった。「中腰」とは,わからなければわからないなりに読み進める。いつか「わかる」ということが起こるために,体勢をニュートラルにしておくことと私は解釈する。「わからないっっっ!」とほっぽり投げるのではなく,かといってわかったという状態でもない。

寝る前の読書は結構苦痛でもあり,楽しくもあった。とんとわからない文章を読み続けるのは苦痛なのだが,それを続けるといわゆる「物狂おし」という状態になってくる。だって分けがわからないんだもん。

内田先生はそのわからない文章に対して自分を合わせる必要があると言っている。その文体,その言い回しに自分が慣れてきて,あるとき分かるようになってくる。その状態になるまで「中腰」を続けなければならないという。自分がその文体に合っていくんだ。

内田樹先生の文章はこの10年間さんざん読んでいた。だから,内田先生が翻訳した「徒然草」の現代語訳も,すんなり自分に入ってくるものだった。

中学から大学時代に私は筒井康隆の文章をさんざん読んだ。大学時代には全集を1冊ずつ生協で買って,読み進めていた。最近は発表作品が少なくなってきたから,読む機会は以前ほどでもなかったのだが,久しぶりに「不良老人の文学論」を読んだら,「そうそう!こんな感じ!」と筒井康隆の文体がとても懐かしく,どんどん自分に入ってくるのがわかった。

文体に自分が合うってこういう感じなんだろうなと思った。

そのためには中腰でいろんな文章(なるべく良い文章)を読まなければならない。その機会を与えるのが国語の役割だという。

最近の傾向では,国語は中腰の状態を許さない。なんでも「理解」させなければならない。理解させるために教師が解釈の押しつけをおこなう。学習者も「結局答って何なの?」と即時的な理解を求める。それじゃあ中腰の状態なんて経験することができない。「自分が文体に合う」という経験をすることはできない。今どきの国語教育の弊害だよなぁと思う。分けの分からない状態を続ける余裕も国語授業にはない。

2008-02-05翻訳本はどうして読みづらい?

[]翻訳本はどうして読みづらい? 翻訳本はどうして読みづらい? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 翻訳本はどうして読みづらい? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 翻訳本はどうして読みづらい? - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

東京FMサタデーウェイティングバーアバンティーで、たまに本を紹介してくれるときがある。とっても面白そうにあらすじを言ってくれるので、是非読んでみようと思う。その中にもアメリカの作家の小説がある。

その翻訳本を何度かチャレンジするのだが、どうも途中でやめてしまう。翻訳本はなんだかとっても読みにくいのだ。どうしてどの本も私は読み切れないんだろう?

一つは回りくどいというのがあげられる。なんだか、どうでもいいことをねちねちと表現している感じがする。もうちょっとさらっと表現してくれればいいのに……。英語に全くうとい私だから、そう感じるんだろうか?原書で読めばそうでもないんだろうか?それとも訳者がこだわって逐語訳っぽくしているんだろうか?

翻訳本で最後までおもしろく読めたのは「アルジャーノンに花束を」と「ライ麦畑でつかまえて」「黄金虫」ぐらいだ。「夏の扉」は知り合いに勧められたということもあり、自分で文庫本を買って最後まで読んだが、苦労した。

最近の翻訳小説は全くといっていいほど最後まで読めない。

挫折したのは「ブロークン・エンジェル」・「オルタード・カーボン」・「さらば、愛しき鉤爪」などなど。

ストーリーの設定はとてもおもしろそうなのだが、どうも読み続ける気になれない。英語が堪能になり、原書で読めるようになれば、世界が広がるような気がするが……。結局日本の小説だけを読み続けるのかな?

ikutosuikutosu2008/02/06 21:42今「カラマーゾフの兄弟」を読んでます。
これは今評判になっているだけあって、読みやすいですよ。
このところ、アバンティー、聞いてないなあ。

F-KatagiriF-Katagiri2008/02/09 15:06ド、ド、ドストエフスキーですね。私にも読めるかなぁ?新訳が出たんですね。

ikutosuikutosu2008/02/09 15:43R25っていう、無料で配布されている雑誌でも紹介されてました。
右隣の同僚も面白いよ、と進めてくれました。
左隣に座っている同僚は、「悪霊」の上巻と下巻を新旧の訳で読み比べて、新しい方が遥かにわかりやすいといってました。