Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-10-11特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門

[]特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨年度まで上越教育大学教職大学院に在学していた深山さんが在学中に書いていた本だ。手に入れてじっくり読んだ。

知らないことばかり。知っていた方が良いことばかり。普通高校に勤めてばかりで,特別支援学級が高校にあるところはほとんどない。じゃあ,高校教員は知らなくてもいいのかというと,そんなことはない。「気になる子」はたくさん高校に在籍している。

在籍しているが,自分のクラスにいなければ,担任や学年主任にお任せで,自分は授業の時に接するだけ。この本に書いてあるとおり,特別支援学校でもない限り,その子の将来について考える教員はあまりいない。大学に行ってもらえれば,それでOK。

なんていう指導に私も荷担していた。「人と付き合っていく力が必要だ」と言いながら,結局何もできなかった。しなかった。その子の将来にどのようなことが待っているのか,この本を読むまでは実感はできなかった。教師である限りは,無知は罪である。さっそくカミさんにも読んでもらおう。

ほんの最後にある深山さんの手記を読みながら,胸が詰まってきた。最後にこれを持ってくる?反則だ〜。

特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編 義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」 (THE教師力ハンドブック)
特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編 義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」 (THE教師力ハンドブック)西川 純 深山 智美

明治図書出版 2017-09-14
売り上げランキング : 33410


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-09-01『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる

[]『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる! 『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる! - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

阿部隆幸さんとちょんせいこさんの共著。先日届いて読了した。

今までは『学び合い』についての本はたくさんあったけれど,コラボ本は珍しいのかな?「ホワイトボード・ミーティング」と『学び合い』は親和性が高いとよく聞いていたけれど,この本を読んでよくわかった。

ちょんさんのホワイトボード・ミーティングや,阿部さんの小学社会での実践記録と『学び合い』の考え方がどこに反映されているのかが詳細に書かれてあって,『学び合い』は方法ではなく「考え方だ」ということが良くわかる内容だった。

『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる!
『学び合い』×ファシリテーションで主体的・対話的な子どもを育てる!阿部 隆幸 ちょん せいこ

学事出版 2017-08-28
売り上げランキング : 3965


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-07-13採用学

[]採用学 服部泰宏著 2016 採用学 服部泰宏著 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 採用学 服部泰宏著 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 採用学 服部泰宏著 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

企業の採用の仕方が多種多様になっている。特に最近は働かせ方が問題になり,業界トップの企業も「ブラック企業」と簡単に指摘されるようになって来た。そうなると優秀な人材が集まってこない。そのために,バブル期のような大量応募でその中から一律の基準でトップの成績を上げた人から採用していくという今の大学入試のような採用の仕方では,

本当に企業に必要な人を見つけられない

ということがわかってきたのだ。ある基準で点数化して,トップから採用していくと,本当に自分の企業に必要な力を持っている人,自分の企業に合っている人(すぐにやめない人)などを不採用にしてしまうというのだ。

本の中でかなりのページ数を割いて紹介していた新潟の米菓企業「三幸製菓(株)」では,「新潟採用」,「おせんべい採用」,「カフェテリア採用」など,様々な窓口を設けて人を集めようとしている。様々な尺度で応募者を評価しようというのだ。

また

面接によるコミュニケーション力診断は曖昧

というエビデンスも示している。面接官の先入観が入ってしまうというのだ。就職には「コミュニケーション力」が大切と誰でも口にするが,その評価基準が曖昧だし,面接なんかでは正確なものは測れないという結果が出ている。

日本では採用学は遅れていて,その遅れの原因は,人事担当者が自分の人事での判断の評価システムが出来上がっていないというのだ。採用した人が優秀な人かそうで無いかは,その人が働き出して数年で結果がわかる。しかし,数年後にはその判断を下した人事担当者は人事に携わっていず,責任の所在もなく,フィードバックもなされないまま「感覚的」な採用をし続けているというのだ。

教員採用も同じなのかな?と思ったし,ましてや大学入試も同じである。上教大では,「本当に教員になりたい,向いている」という人を合格させているのか。大学入試改革に合わせて,どのように入試を変えるのか,考えなければならない。

採用学 (新潮選書)
採用学 (新潮選書)服部 泰宏

新潮社 2016-05-27
売り上げランキング : 4350


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-04-20わたしを離さないで

[]学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

Amazonにも掲載されました。Amazonだと3月2日(木)発売予定です。


学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 高校赤坂 真二 片桐 史裕

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 274915


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高校の担任は,3年間持ち上がりで担任することが多いので,高校編は1年生1学期から3年卒業時の順で,クラスの集団づくりや,生徒への接し方,行事の取り組み方,子どもたちの見方などを描いています。

高校卒業時のゴール像は

社会の将来を任せたい自立した立派な市民

としています。これからの社会を担っていく人たちに直接バトンを渡すことができるのが教師の仕事です。いい状態でバトンを渡したいです。

2017-04-02学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年

[]学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学校を最高のチームにする!365日の集団づくり中学1年 岡田敏哉 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

中学校のスタートとしての1年生,私の次男も今年度から中1だから,こんなクラス経営をしてくれる学級だったらなと思う。以下,印象に残った記述を挙げていく。

「育てたい具体的なこの姿は,「誰とでもチームになれる強い個人」になることです。」(p.24)

 必ず1年後にはクラス替えがあり,その時に1年生のクラスを引きずったままでは,新たな集団に入れなくなります。これは,高校でも同じことです。

「「担任はしっかりした先生だ」という印象をもち帰ってもらうのです。そのためには,話の内容以上に,声のトーン,話すときの表情,言葉と言葉の間などノンバーバルな部分が重要です。」(p.33)

 入学式後,保護者会に臨む前に,鏡の前で練習するそうです。私もかつて,する必要があったなと反省です。

「バースデーライン 7・11ジャンケン ペンの架け橋」(p.37)

 4月に子ども同士の関係を作るゲームが挙げられています。これはすぐに使えそう。大学でもやってみたい。

「ルールを先出ししておくことで,逸脱した行動の修正が簡単になります。」(p.40)

 「してはいけないこと」と「理由・価値」が対応した一覧がp.41に掲載されている。禁止事項にはそれぞれ理由があるということを先に示すことで,生徒たちが守ることを促し,逸脱した場合,指導が簡潔になる。

「限られた時間に限られたメンバーで,自分たちの納得解を作る価値」(p.45)

 教育現場では,リソースは有限だということが忘れがちになのだが,この言葉を頭に置いておかなければ,生徒も教師もいつまでたってもいいものは生まれないと思う。

「いじめの予防 アンケート類の定期的な実施」(p.54)

 いじめに関するアンケートは,いじめが起こってから,または年度末最後に行うというのが当たり前の感覚でいた。しかし,定期的に頻繁に行うことの重要性が書かれている。

「秘密の宿題 secret mission」(p.75)

 これは面白い。生徒のやる気心をくすぐる。夏休み,誰にも気づかれずに誰かの役に立つことをやり続けるというmissionだ。見つからないようにするというスリルと,夏休みの終わりにそれを伝えたときの相手の驚きをうれしそうに報告する生徒の笑顔が浮かぶ。うちの息子に出してみようかな?

「学級に戻らせる」(p.82)

 夏休みが終わって,部活動一辺倒だった生徒を学級集団に「戻らせる」必要性を述べている。その方策が細かく書かれている。

「教科担任に,授業の中に協働場面を設定させる」(p.92)

 クラス経営で「協働」を謳っても,中学や高校では,教科担任制なので生徒の活動の大部分を占める授業で「協働」がなければ,効果は半減です。そこで教科担任にアンケートを取り,その質問項目の1つに「集団学習ならではの学びがあるか」という項目を作ったという実践です。これはうまいなぁと思いました。教科担任に「あなたは集団学習ならではの学びをおこなっていますか?」と質問するとやろうとしない教師は反感を持つだけです。この質問はあくまで生徒が主体です。「子どもたちは協働して学んでいますか?聞かせて下さい。」というスタンスで,実は教科担任にプレッシャーをかけているんです。(たぶん)

「ゴールの姿 課題解決の最高潮「学年フェスタ」」(p.120)

 ここの項から,まるで学園ドラマを読んでいるかのような記述です。クラスでアトラクションの企画,運営をし,他クラスのお客さんを楽しませるという行事です。この活動での生徒の工夫,担任の思いの紆余曲折,生徒の成長が描かれています。「いやー,担任って本当にいいものですね。」と言いたくなります。

入学したての子どもたちをその学校文化になじませ,1年後にはクラスが解散し,次の集団に入ってくという「終わり」がはっきりしている「1年生」という特別な時期をどのように過ごさせるべきか,どのように指導するべきかということが,学習指導要領の文言を織り交ぜながら書かれてあるお勧めの1冊です。

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学1年
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学1年赤坂 真二 岡田 敏哉

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 1697


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-03-31365日の……シリーズ

[]365日の……シリーズ 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 365日の……シリーズ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新年度になり,新学年も決まり,クラス作り,授業づくりを準備する時期だと思います。そこで全ての学校種,学年に対応しているシリーズが発刊されました。

クラス作りだったら,「365日の集団づくり」,授業づくりだったら「365日の工夫」 が各学年ごとにあります。

私が書いた高校は3年間一括掲載とお得になっております……。

学級を最高のチームにする!365日の集団づくりシリーズ(明治図書オンライン)

授業をアクティブにする365日の工夫シリーズ(明治図書オンライン)

f:id:F-Katagiri:20170331104446j:image

chaso120320chaso1203202017/04/01 04:06早速活かしたいことがたくさんあり、学級開きが楽しみです。
とても参考になりました!
ありがとうございます。

2017-03-27 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年

[] 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年  久下亘 2017 明治図書  学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年  久下亘 2017 明治図書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク -  学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年  久下亘 2017 明治図書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕  学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年  久下亘 2017 明治図書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「中だるみ」時期に最上級学年への意識付け

小学校,中学校,高校と,真ん中に挟まれた学年は「中だるみ」感が出てきます。その指導の難しい「中2」時期を「最上級学年への意識付け」という指導を通して,ステップアップさせる指導が書かれています。

印象に残った記述を列挙していきます。

「朝の落書きに怒りを感じた私も,時間の経過とともに,『担任のあり方に対して生徒の多くが示した抵抗なんだな』と己の無力さを感じました。そして『自分のあり方を変えていかなければ,思春期の生徒と繋がることはできない。絶対に変わろう!』という思いが強くなりました。」(p.17)

 著者の担任の生徒への接し方の原点がここにあります。子どもたちと繋がり,子どもたちを繋げる実践が書かれていきます。

「“自覚と責任”を育み“個”の力を“集団”で高める」(p.26)

 著者の2年生修了時のゴールです。

「関係づくりの再構築〜縦糸と横糸を紡ぐ〜」(p.34)

 4月の学級開きの時期に「縦糸」……教師と子どもたち 「横糸」……子どもたち同士を繋ぐ実践が挙げられています。

「『プリーズコールミー○○』〜自己紹介タイム〜」(p.36)

 学級開きの時期に,自己紹介の時間を設けますが,「誰から話してもいいよ」と投げかけ以下のことを観察し,学級の雰囲気をつかみます。

1)最初に立ち上がるのは誰か

2)最初に立ち上がった生徒に同調するように,続けざまに立ち上がるのは誰か。

3)しっかりと自分の言葉で自己紹介ができるのは誰か……などなど

これは是非実践してみたい。

「給食の時間は……教室の人間関係のパワーバランスが如実に表れる場だと考えた方がいいでしょう。」(p.53)

 そこで給食活動時のマナーやルールを徹底します。みんなに公平に仕事を分担し,「おかわり」を均等にする。重要なことです。

「この『ロビー活動』は学級づくりの成否を決めるとても重要な手立てです。」(p.60)

 班長やその他,生徒にいろんな仕事を任せる前に,個人的に生徒に伝えておくことで,役割決めをスムーズにする必要があります。

「大きな行事を前にすると,事前と本番は力を入れて活動するのに,終わると今までの盛り上がりが失せ,やりっ放しになってしまいがちです。本番の成果と課題を次の行動につなげることが成長には必要です。」(p.94)

 ワークシートの例が掲載され,すぐにでも参考にして自他評価ができます。

「夏休みに紡ぐ横糸〜暑中お見舞い申し上げます〜」(p.110)

 夏休みに入る前に生徒に暑中お見舞いをクラスの誰か(くじで決める)に宛てて書かせ,担任が投函する。この実践は生徒たちがワクワクする取り組みです。生徒は届くまで誰が書いてくれたのかわかりません。紡ぎ方がうまいなぁと思います。

2年生という1年間を通じて,話し合い活動,ふりかえり活動が丁寧に取り入れられています。それら言語活動を丁寧に仕組み,中2という不安定な時期の子どもたちのもやもやした気持ちを言語化させることで,子どもに落ち着きを作っていくのだということが読み取れました。様々な校種,学年で取り入れられる実践が満載しています。

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学2年赤坂 真二 久下 亘

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 2504


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-03-22学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年

[]学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年 海見純著 2017 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年 海見純著 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年 海見純著 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年 海見純著 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2017年3月22日読了 レビュー書きました。

生徒へのあふれる愛情と,その愛情を実現する細かな技(実践記録)が両方とも書かれてある。思いだけを書いている本は,「じゃあ,それを実現するためにどうしているの?」と読んでいて思うが,思いに裏打ちされた実践記録があるから,独特の実践があったとしても,納得できる。印象に残っている言葉,実践を列挙する。

「2年生までのことはリセットする」(p.38)

2年生までにいろんなことを起こしていたとしても,そんなことはどうでもいい。変わろうとする人を応援する。

「班長と担任で席順を検討する」(p.43)

班長にクラス内の担任が気づかない人間関係を聞き,班長たちとともに最高の席順を一緒に考えていく。

「行事の成功不成功は行事当日にはわからない」(p.87)

合唱コンクール,運動会などの行事の目的は「勝つこと」ではなく,「集団をより良い状態にする」で,それが出来ると「行事が効く」ということになる。

「少なくとも3年後に自分がどうなっていたいかを考えさせる」(p.99)

進路選択で,高校に入れればいいという考えではなく,高校で何を学び,どんな将来を過ごしたいかということを考えさせる。高校2年次の文理選択は高校1年1学期には行っているという実情をよく知ってらっしゃる。ぼんやりと高校に進んだら,高校で苦労する。

「有限の時間を愛惜する念を学年で共有する」(p.138)

3年生終わりになり,いろんなことをしかけていきます。「卒業式練習前の教師の語り(p.138)」,「呼名時の返事の意味(p.140),「担任から1人1人への手紙(p.142),「道徳教育『卒業式を考える』実践例(p.134)」など,中学校教育の集大成としてたたみかけていきます。

学校教育は,外の世界から見ると「え?なんでこんなことする必要があるの?」と思える活動やしつけがあります。しかし,その意味をきちんと言葉で説明し,生徒たちに語って,「教育」している姿が見えてきます。教師をやっていて,「何でこんなことするのかな?」と思うことに出会ったら,この本を読んでみると目から鱗でしょう。

学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年
学級を最高のチームにする! 365日の集団づくり 中学3年赤坂 真二 海見 純

明治図書出版 2017-03-02
売り上げランキング : 30052


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-03-19罪の声 塩田武士著

[]罪の声 塩田武士著 講談社2016 罪の声 塩田武士著 講談社2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 罪の声 塩田武士著 講談社2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 罪の声 塩田武士著 講談社2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

長男の誕生日プレゼントに買った小説だが,なかなか読み始めないので,私が新潟に帰っているときに一挙に読んでしまった。

週刊文集ミステリーベスト10で第1位になった話題作だ。グリコ森永事件で明らかになっている事実をもとに,犯人像に迫ったフィクションだ。他の情報はそのまま書かれているのに,企業名だけ変えている。

  • ギンガ←江崎グリコ
  • 又市食品←丸大食品
  • 萬堂製菓←森永製菓
  • ホープ食品←ハウス食品
  • 鳩屋←不二家
  • 摂津屋←駿河屋

そして

くら馬天狗←かい人21面相

時代は昭和末期だ。横山秀夫の「64(ロクヨン)」同様,私の世代が青春時代を生きた昭和末期が,今現在から見ると「分けのわからない」暗黒面のある時代として描かれている。時代というのはそういうものなのかな?とも思う。その時を生きている人は,そんなことはあんまり感じないでいるのだが,30年も経つとそう捉えられるんだろう。

ちょうど私が高校時代に横山正史作の「金田一耕助シリーズ」を読んで,戦前から戦中,戦後をそう捉えていたように。

この小説は描けばどろどろしがちな被害者と加害者を中心に描いているのだが,1人の主人公の新聞記者ともう1人の主人公の「被害者」の「成長」も同時進行で描かれていて,暗闇を覗くと同時に前向きに生きていこうという姿も描かれていて,陰鬱な気分にはならない。

分厚い本だが,久しぶりにあっという間に読んだ小説だった。

罪の声
罪の声塩田 武士

講談社 2016-08-03
売り上げランキング : 805


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
64(ロクヨン) 上 (文春文庫)横山 秀夫

文藝春秋 2015-02-06
売り上げランキング : 4143


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-02-15同時代ゲーム

[]同時代ゲーム 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2016年11月初めに読み始めて,ようやく読了した。その前に読んでいた「千年の孤独」と同じ程度に難解な小説だった。ちょっとこの手の小説はもう勘弁願いたくなった。筒井康隆さんが「タイトルがいい小説」枠で連続で紹介していたものだったから,内容的にも同じように難解だったのかもしれない。

これほど自分の文章読解力の不足を思わせたものなかった。この半年以上これらの2冊の本を読んでいたのだが,読書が苦痛にさえ感じた。俺って頭わりーんだなと思ってしまった。

読んでいて,書いてある内容は分かるのだが,繋がらない。読んでいるうちに気づくと別のことを考えている。かといって,次の日に読み始めたとき,前に何が書いてあったのか思い出せないのかというとそういうことでもない。読み終えて,ストーリー的なカタルシスを得られたのかというと,そういうものでもない。

きっと,国家とか,宗教とか,そういうもののメタファーだとは思うんだけれど,何がどう結びついているのかわからなかった。とにかく「千年の孤独」と「同時代ゲーム」は似ているところはたくさんあったということだけが残っている。

次に読み出したのは次男から借りたラノベなので,どんどん頭に入ってくる。このギャップはすさまじい。

同時代ゲーム (新潮文庫)
同時代ゲーム (新潮文庫)大江 健三郎

新潮社 1984-08
売り上げランキング : 139758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

bunbun-hbunbun-h2017/02/17 19:30大江さんの文体は、かめばかむほどに味のでるスルメみたいなものでして、そこにこそその価値が・・・
・・・あ、いえ、私は『同時代ゲーム』は若いときに1回読んだきりですが、それに続いて発表された『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』『新しい人よ眼ざめよ』『いかに木を殺すか』『河馬に噛まれる』『懐かしい年への手紙』までの一連の本は所有して、このウン十年間ときおり愛読しております。実に長持ちするスルメです!w