Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-02-07岐阜出張

[][]岐阜出張 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20170209091753j:image:w260:left

岐阜大学教職大学院シンポジウムに参加するために岐阜に出かけた。岐阜に泊まるといいうのは人生初めてのことだ。新幹線で通ったことはあったけれど,新潟から行くには,どういうルートで行くのか,想像もつかなかった。

東京経由,長野経由,富山から,金沢からというルートがある。感覚的には全てが遠回りの感がある。高い山があるからしかたがないか。




f:id:F-Katagiri:20170209084731j:image:w260:left

しかも,岐阜のイメージは長良川の鵜飼いくらいしかない知識の持ち主だったが,岐阜駅に着くと,金色の織田信長が出迎えた。岐阜駅前はとても広々として,気持ちがいい。しかも岐阜は天気がいい。それまで鬱々とした天気の中移動してきたから,太平洋側なんだとうらやましくなった。

初日の宴会は,店選びに失敗してしまった。「個室」というので,落ち着けるかな?と思ったが,よくある,安普請の仕切りだけの個室で,金がかかったいないし,料理も金がかかっていなかった。うーん,おいしいものが食べたかった。

ホテルは温泉がついていて,気持ちいいものだった。1人で12畳の和室に広々と泊まったが,シーズンオフということで,とても安く泊まれた。これであの値段だったら言うこと無い。眺めもいいし。




f:id:F-Katagiri:20170209084732j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20170209084730j:image:w260:left

岐阜は信長が命名して450年ということで,大々的にPRをしていた。そうか,そういう歴史があると言うことは,戦国時代,城を中心に戦乱の地だったのだろうなぁという思いを馳せた。日本3大大仏ということで,竹の骨組みの金箔の大仏を見にいった。いやぁ,すばらしい。すぐ近くまでいけるので,圧倒的に大きく感じる。火がつけばすぐに燃えてしまうかもしれないこの大仏が残っているということは,大切に守ったんだろうなと思う。




f:id:F-Katagiri:20170209084733j:image:w260:left

帰りには岐阜駅内で岐阜らしい食べ物をようやく食べられた。味噌おでんだ。太い大根がまるまる煮てあって,味噌が芯まで染みている。おいしかったなぁ。愛知,岐阜は文化圏が同じなのかな?と,今更ながら学んだ。

2016-12-30金沢旅行

[]金沢旅行 金沢旅行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 金沢旅行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 金沢旅行 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

12月29〜30日に金沢旅行を計画した。いくらなんでも学校閉鎖の29日は長男のサッカー部は休みだろうと思いきや,29日も練習するということで,長男は新潟に置いて家族3人で出かけた。

新潟から北陸フリーきっぷというものがあって,新潟金沢間往復で割安のキップがあるのだが,これは新幹線の自由席しか乗れない。指定席を取ると,もれなく特急券も払わなければならないのだ。

だから上越妙高〜金沢の往復新幹線指定席を買い,新潟〜上越妙高は,しらゆきWきっぷを買うことにした。長男は学割を発行してもらったけれど,結局無駄になってしまった。

金沢は何年ぶりかわからないほど久しぶりだった。仕事始めてから出張でも行ったことがなかったかもしれない。大学生の時以来?記憶もおぼろげだった。

f:id:F-Katagiri:20161231082840j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161231082841j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161231082842j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161231082843j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161231082847j:image:w260:left

金沢駅は建て替えられてとても綺麗で,立派だった。京都駅なみに建築物に力を入れている感じだ。今回の目的は金沢のおいしいものを食べるのと,芸術的なものに触れること。金沢駅内で金沢カレー&うどんセットを食べたが,金沢カレーの味が濃くて,おいしかった。いつの間にか金沢ではカレーが名物に?

金沢KKRホテルに荷物を置いて,そこから歩いて最大の目的地の1つ,金沢21世紀美術館に行った。美術館の外にあるオブジェからいって,面白いのばかりである。次男は走り回って遊んでいた。

さて中に入ろうか?と入り口に向かったら,休館日ときたもんだ。29日から……。やっぱり年末年始は休みなんだよなぁ。ネットで調べたら,開館しているという情報を得たのだが,これがGoogleの情報だったから,間違っていた。ちゃんと美術館の公式ホームページをチェックしていれば良かったんだなぁ。周りのオブジェでも十分楽しめたけど。

それじゃあというので,忍者寺と称されている妙立寺に行った。金沢城の出城となっている寺だそうだ。

拝観には予約が必要なのだが,そんなことは全く知らないわれわれは,当日予約のためにインターフォンでお願いした。たまたまキャンセルが出たということで,20分くらい待つだけで拝観できた。ラッキー。

この寺には,忍者はおらず,外敵からの攻撃を防ぐからくりに満ちているところだった。大人1人1,000円の入館料で,けっこう高いが,まあ楽しめた。それにしても1時間に約100人が拝観し,これを6回おこなうとすると1日に60万円の売り上げとなる。いやぁ,結構稼ぐ寺だなぁと思った。

まだ3時頃だったので,近江市場に行った。ここも初めて行ったところだった。次男が「古町みたいなところ?」と感想を述べたが,古町が何倍にもなったところだ。かなりにぎやかな市場で,そこでドジョウ串と白エビコロッケを食べた。ドジョウは焼いて黒くなっていて,蒲焼きのタレにつけていたから,ほとんどドジョウの味はしなかった。コロッケはおいしかったな。次男はオレンジのジュースを飲んでご満悦だった。

金沢KKRホテルはとても綺麗で,割引券を使って2食付きで1人1万円強で,この時期としてはちょっと割安でなかなかもののだった。和室だったから,ゆっくりできたし,風呂の浴槽は大きいし,ジェットバスだったから,満足だった。

朝起きたら雪が降っていた。雪景色の兼六園が見られるか?と思いきや,それほどは積もらなかったな。

次男がかなり楽しんでいた。松の枝振りが珍しいというので,写真に撮れ撮れとせがんだ。あんころ餅を食べて,歩いてひがし茶屋街に行った。ここも初めてで,金沢にこんな面白いところがあったのかと思った。

町屋のほとんどが茶店か,売店になっているんだけれど,街並みが古く,美しい。たまにそこで営業している問屋なんかもあって,ちゃんとそこで生活している人もいる。しかしいたる所に金箔が入った売り物がある。もちろん,金箔工芸が盛んだから何だけれど,だからといって食べ物に金箔を入れなくても,化粧品に金箔を入れなくてもいいんじゃないかな?なんだか安っぽく感じてしまう。

と思いながら,たまたま入ったあんまり流行っていない土産屋で安いソフトクリームが売っていて,次男が食べたいということで,頼んだら,そこのおばちゃんが「金箔つけます?」と聞いてきたので,他では金箔ソフトは800円ほどなのが,350円なので,お願いした。そしたらおばちゃんが金箔を箸で摘まみ,おもむろにソフトクリームに載せようとしたら,金箔が繋がって山盛りになった。山盛りになった金箔を手で瓶に戻したりして……。

金箔ソフトを食べると,歯や唇に金箔のキラキラしたのがくっついて,なかなか取れない。口周りにらめがコーティングされる。

雨,雪は降ったけれど,天気はそれほど荒れず,歩いて移動も快適にできた。途中,「山手線ゲーム,山下達郎の曲」を次男とやったが,私は山下達郎の曲がなかなか出てこず,愕然としてしまった。次男の方がどんどん出てくる。いかんな〜。

金沢は歴史を感じられる街で,とても面白かった。新潟にももうちょっとこういうところがあると,観光客がもっと来るんだろうな〜と,帰りの電車で次男と話した。

2016-11-10福島県石川町の旅

[][][]福島県石川町の旅 第1日目 福島県石川町の旅 第1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 福島県石川町の旅 第1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 福島県石川町の旅 第1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20161113093631j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20161113093632j:image:w260:left

水落研のゼミ旅行も兼ねた福島県石川町の石川小学校,石川中学校の授業公開に参加した。水落研のゼミ生さんたちとみんな一緒にバスで大学から向かう。途中新潟市も通るから,新潟市で乗っけてもらおうといろいろ考えたが,栄SAのように,路線バスも止まり,高速道路外に自動車も駐められる場所が新潟市近くに無いため,結局上越から一緒の出発になった。

出発時,そうか,ゼミ運営とはこうやっておこなうのかと思う出来事あり。私だったらどうしたかなぁ?

往路から,バスの中でゼミが始まる。「石川町で授業中学習者が交流する時間をどうネーミングしたら良いか?」というのがお題だった。私はタイムリーに「トランプタイム」としたが,則却下。「trump」には「奥の手」という意味があるんだよ。

ところどころSAで休憩を入れ,福島に入るといい天気になる。長い旅行の後の研修だが,着いただけで1日が終わってしまう気に最近よくなりがちだ。ここからが本番。

と言っても,私は授業を見て,検討会に出るだけなんだけど。

小学校6年生の国語を見る。見事に『学び合い』だ。浸透しているんだなとおもう。これからは次のレベルを目指す研修になるんだろうなと思う。あんなに素晴らしい児童たちだったら,どんな課題でもこなしていけるんだろうと思う。『学び合い』集団の力を見たい。

旅館は綺麗な,そんなに大きくないアットホームなところだった。なんと,泊まる部屋には露天風呂が着いている。明朝お湯を溜めて入ろう。

大浴場に行き,露天風呂に8人で入る。ほとんど修学旅行の男子生徒のノリだった。こういうゼミ運営もいいなぁ。

宴会は,完全に学生のノリで,終わりの部分の記憶はおぼろげなのだが,エールを交換していたし,私の部屋で2次会をおこなっていた。12時に就寝して,3回もトイレに起きて,もう朝かな?と思って時計を見たら3時だった。飲んだときの眠りは浅いなぁ。明日はゆっくりの出発だから救われる。

2016-09-22大人の休日倶楽部

[]大人の休日倶楽部 大人の休日倶楽部 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大人の休日倶楽部 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大人の休日倶楽部 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

大人の休日倶楽部に入ったのは,えちごツーデイパスで,大人の休日倶楽部員は1,660円になるから。お,これで高田から新潟に帰れば,安上がりだぞ!この割引だったら,大人の休日倶楽部費を払っても元が取れると思ったから。

ところが,大人の休日倶楽部用のツーデイパスは期間限定で,秋の機関誌か使えなかった。往復200㎞以上だったら5%割引になる特典もあるけれど,トクだ値を使えば,もっと割引になる。

まぁ,せっかく割り引き期間になったからえちごツーデイパスを買って,9:10高田発の快速電車に乗った。

高速バスは2,000円で帰れるが,当たり前ながらずーっと高速道路であんまり景色の変化と乗客の変化がない。列車は海を見られたり,田園風景を見られたりと変化があるし,乗客の変化がある。

長岡まではがらがらだが,長岡を過ぎるとたくさん載ってくる。三条を過ぎると若い人たちがたくさん乗って,立って乗る人もいる。それまでボックス席で私の前には人は座らなかったが,三条を過ぎるぐらいになるとぎゅうぎゅう詰めになる。そうなるとバスよりも窮屈になる。

快速電車だからしょうがないが,370円安いから,まぁ,しょうがないかと思う。

高速バスは目的地まで遊びなく,任務を遂行するようなもの。WindowsPCのようなものであり,列車は,いろんなバリエーションがあり,遊びも仕事も余裕があるようなMacのようなものと勝手に思ったりする。

ずーっとTBSラジオ「伊集院光とラジオと」をradikoで聞きながら行った。ちょっと「大人の休日」って感じだったなぁ。

2016-08-25エイスケ一人旅 3

[][]エイスケ一人旅 3 エイスケ一人旅 3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - エイスケ一人旅 3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 エイスケ一人旅 3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

この日は午後から大切な仕事があったので,ずーっと大学にいる。エイスケは缶詰状態で勉強,と思いきや,ほとんど息抜きで,漫画を書いていた。「それを自由研究にしたら?」と言ったら,嫌だそうだ。こういうところはかなり保守的なんだよね。お昼を一緒にした院生さんに「渡したいものがあるから取りに来て。」とお昼の後に呼んできてもらったら,エイスケすかさず散らかったマンガを隠してんの。何恥ずかしがってんだろう?

1日中大学にいたから,夜は出かけようと,アパリゾートホテルでやっているイルミネーションに連れて行く。6時半頃について,まだ明るかったんだけれど,頑張って登って,屋台のケバブを食べた。これがかなりおいしかった。ケバブを食べたらちょうど暗くなって,プロジェクションマッピングが始まった。

池の中にある噴水に映像を投影するから,なんだか不思議な感じ。空中に映像が浮いている。もうちょっと映像が凝ったものだったら良かったんだけれどね。CGがちょっとちゃっちい。あんまりここには金をかけていないんだな。

f:id:F-Katagiri:20160829190622j:image:w260:left

こんなプロジェクションマッピングだけでこの値段なのか?と思いきや,帰り道の山の斜面一面のイルミネーションは圧巻だった。これは近くで見る価値がある。

山を下ったところにある屋台の御飯はあんまり食べる気がしなかった。高いばかりであんまり特別においしそうではなかった。だから,行く時に見かけた「ニューミサ」に寄った。エイスケはこれまたあんまり乗り気じゃなかったんだけれど,じゃあラーメンを半分にしようということで,入った。味噌ラーメン,懐かしい,ネギがたくさん入った甘い味噌ラーメンだった。12年ぶりくらいに食べたような気がする。ゲレンデ食堂のようなだだっ広い,仕切りのない食堂。いい感じだったなぁ。「食堂ミサ」と「ニューミサ」があるんだよと教えてやった。そして新井SAにもあって,全部で3店舗あるんだよと。

夜寝ると「暑い」と起こされる。うーん,そんなに暑くないんだけれどな。

4日目は午前中研究室で勉強して,午後から自動車に一緒に乗って帰る。いやぁ,上越に来て,エイスケだけだけれど,家族と一緒にいられて,幸せだった。冬はみんなでスキーに行きたいなぁ。

2016-08-24エイスケ一人旅 2

[][]エイスケ一人旅 2 エイスケ一人旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - エイスケ一人旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 エイスケ一人旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20160829190620j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190623j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190618j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190619j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190621j:image:w260:left

戸隠ちびっ子忍者村に行った。9時から営業と言うことで,朝はゆっくり出られた。戸隠に入って,ナビが示した当たりに「忍者屋敷」ってあったから,ここなのかな?と思って有料駐車場に入れたら,ここは忍者村じゃないっていうのだ。お金払う前に確認して良かった。

忍者屋敷を過ぎて,戸隠大社を過ぎたら,ようやくあった。ちびっ子忍者村。長野県はもう学校が始まっているのだが,それでも本当にちびっ子が多い。大体午前中で回るところは回って,お昼ぐらいに出たのだが,その時は離れた駐車場まで車がいっぱいだった。早く行って良かった。

忍術屋敷やら,からくり屋敷やら,大人が入っても楽しめるところがあった。忍術屋敷はほとんどお化け屋敷で,小さな個が1人で入るのは厳しいよな。エイスケもちょっと恐がっていたし……と思っていたら,小学校中学年くらいの女の子が,わんわん泣いて忍術屋敷から出てきた。1人で入らせるのは拷問だよ。

からくり屋敷は迷路で,なかなか扉が見つからず,同じところを回っていたら,小学校4年生くらいの女の子と,2年生くらいの男のこの兄弟がいて,女の子が,「ちょっと恐いから一緒に回ってください。」と頼んできた。エイスケもいるし,みんなで扉を探したら楽しいかな?と思ってOKしたんだけれど,初めの扉は男の子が見つけた。大人の私は全く役に立たなかった……。

これも何とかクリアーして,外に出られた。もう一度入ったとしても,きっと同じところで迷うんだろうなぁと思う。

宝物館があって,中は忍者ネタのおもちゃ,映画,アニメ,マンガなどが陳列されているものだった。これが結構懐かしいものがあって,楽しかったな。伊賀野カバ丸とか,さすがの猿飛とか,懐かしい。

私が楽しかったのは,手裏剣的当てだった。2回やったんだけれど,ほとんど当たらなかった。エイスケは3回目に3つ手裏剣を的に刺し,景品をもらってご満悦だった。なかなか上手かったな。

本格的アスレチックも2箇所あり,体を十分に動かし(エイスケが),戸隠なんだから蕎麦を食べようと気乗りしないエイスケを連れて食べに入った。

夜はピザが食べたいというので,駅近くまで歩いて窯のあるピザ屋に入った。とてもおいしかった。エイスケも気に入っていた。家族で行っても,カップルで行ってもいい店だった。今度は飲みに行こう。

2016-08-23エイスケ一人旅 1

[][]エイスケ一人旅 1 エイスケ一人旅 1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - エイスケ一人旅 1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 エイスケ一人旅 1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


一人旅と言っても,新潟市から上越市まで,高速バスに乗って来るだけなんだけれど,小6のエイスケにとっては大冒険だっただろう。こんなに遠くまで一人で移動することはまずない。関東に置き換えれば,東京から静岡くらいまでの距離だ。

母親が高速バス乗り場まで送っていった。朝6時30分位の出発だった。後から聞いた話だが,母親が「運転手さんに,高田まで行くのですが,よろしくお願いします。って言って上げようか?」なんて聞いたら,「だめ。小学校3年生くらいのお姉ちゃんと,幼稚園くらいの弟が2人だけで乗ってるのに,幼いなぁと思われたらヤダから。」と,以前私が伝えた話を覚えていたらしく,見栄を張っている。

本当は火曜日はサッカーの試合があるから,当初の予定から変更して水曜日に来るはずだったんだけれど,台風で新潟市は雨が降り,試合が中止に決まり,予定通り来ることになった。台風もたまにはいい影響がある。

着いたら私のアパートをエイスケはまず確認し,その後大学の研究室に行く。こっちに来させたのは,夏休み中,ほとんど一人で過ごすことになってしまっているから,私が面倒を見るのと,7月中に終わらせると言った宿題をまだこんな時期になりながらも終わっていず,何とか終わらせるためだ。

研究室で私は仕事,エイスケは宿題をして,いつもの通り同僚と学食で昼食にする。この日は院生さんたちはなぜかいなかった。

その後「シン・ゴジラ」を見にいった。火曜日だから男性は割引なのだ。かなり面白い映画だった。エイスケも興味深そうに見ていた。しかし,みんなシーンと観ているのに,エイスケ「あの人は,以前観たことがある。」とか,話しかけてくるんだよな〜。

夕食はどこかに食べに行こうと思ったのだけれど,チキンラーメンが食べたいというので,温泉に行ったあと,スーパーに行き,買い物をして家で作る。

私がいつも座布団代わりにしている子ども用のふとんを,以前自動車で家から持ってきたマットの上に敷いて,寝床を作る。バス移動が疲れたのか,9時頃には寝た。

明日は忍者村だ。

2016-08-20第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城

[][]第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

8月20日(土)〜21日(日)に開催した。今までにないテーマ,「これからの地域と学校」ということで,地域との連携が主になったものだった。だから学校関係者はさることながら,教員ではない地域の方の参加も多く,分科会もほとんどが地域との連携に関したものだった。

f:id:F-Katagiri:20160829190617j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190615j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190616j:image:w260:left

会場になった東松島市コミュニティーセンターは,2010年に『学び合い』宮城の会が開かれた時に,自動車で仙台まで行き,そこから電車で訪れたところだった。

大震災を挟んで6年ぶりだった。なんか懐かしいところもあるし,ほとんど覚えていないところもあった。街並みは結構覚えていたな。

1日目は私の書いた原稿が載った本が出版されたこともあり,著者で分科会を持たせてもらった。フォーラムの過去11年をふりかえって書いた原稿だったので,とても感慨深かった。良くここまでやってきたなぁと思った。もちろん私の力ではないけれど,私の思いつきが良くもここまで受け継がれてきたなぁと嬉しくなった。

そうそう,宮城までは,当初新幹線で行く予定だったのだが,いろいろなことが重なって,大学院の教員になったということもあり,院生さんたちをバスで引率して行くことになった。いやぁ,長い道のりだった。朝5時半出発で,到着が11時。50になった身にはとても答える。旅費が浮いたからいいといえばいいんだけれど……。一睡もできないのだよな。

それでも,2日目は台風接近で,JRが不通になったりして,もしかしたら新幹線に間に合わなかったかもしれないので,バスで良かったかもしれない。

2日目は,木村泰子さんの講演会だった。とても良かった。映画「みんなの学校」を観たいと思って朝,30分整理券をもらうために並んだんだけれど,「主催者だからダメ」と大会実行委員に取り上げられてしまった……。新潟にいて見られるかなぁ?シネウインドでも,高田世界館でももう上映終わったんだよなぁ。DVDにはならなそうだし……。

木村泰子さんのもとで育った若い先生たちが生き生きとしている。これがうらやましい。木村泰子さんが本当に子どものことを考え,学校のことを考えているから,若い人が着いてきて,育っているんだと思う。教師としての魅力が半端ないんだろうなぁ。

さて,どうやって映画を観よう?最終的には自主上映だけれど,どうする?

現地実行委員の人たちともお知り合いになれた。心が行き届いたとても温かいフォーラムだった。こんな感じでこれからも続けていければいいんだよなぁ。

2016-05-15春日山神社

[]春日山神社 春日山神社 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 春日山神社 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 春日山神社 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20160515104447j:image:w400:left

f:id:F-Katagiri:20160515104449j:image:w400:left

せっかく上越にいるんだから,上杉謙信ゆかりの地を訪問せねばと,ようやく春日山神社を訪ねた。

今日は日曜出勤だから大学に行く前に訪れようとスーツを着たまま行ったら,かなりの階段とかなりの坂道で汗ばんでしまった。

毘沙門堂までしか上らなかったが,次は軽装で頂上まで行こう。12年前に大学院に通っていた時って,ここには来たことなかったかなぁ?その頃は全く上杉謙信のことを知らなかったからかもしれないけれど,その後大河ドラマを見たりして,知識を得たから,「ぜひ行こう」と思ったのかもしれない。

最近運動をしていないから,山登りなんていいかなぁ?ランニングはまちなかを走るのは億劫だし,達成感は感じられなさそうだけれど,山登りは目標がはっきりしているし,眺めも良いし,運動にもなるし。

思いつきだけど。

2016-01-09ダイアログ・イン・ザ・ダーク

[]ダイアログ・イン・ザ・ダーク ダイアログ・イン・ザ・ダーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ダイアログ・イン・ザ・ダーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ダイアログ・イン・ザ・ダーク - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

東京の玉川大学で第14回臨床教科教育学セミナーが開催されるので、前泊するために9日から東京に行った。前泊しないと受付時間に間に合わないのだ。湯沢始発で6時の新幹線に乗れば間に合うのだが、それも出来ない。同じ新潟県なのにね。

それで午前中に東京について1日フリーなので、前から行ってみたかったダイアログ・イン・ザ・ダークに申し込んだ。

この施設は渋谷のビルの地下にあり、完全な暗闇を体験するというものだ。

ダイアログ・イン・ザ・ダーク

視覚障害を持つ方が案内者となり、真っ暗闇に設置されているアトラクションを順に巡っていく。私は一人で参加したのだが、他にペアが3組みあって、合計7人+案内者のロッキーと巡った。

真っ暗闇の中に行ったらきっと不安になるんだろうと思い、知り合いがいない方が楽しめると思って一人で参加した。他のメンバーは私と同じくらいの夫婦、若い恋人同士、途中から合流した女性2人だった。途中から合流したから、顔は見えない。30代前後と推測していた。

真っ暗闇の中を歩いて行って初めはおそるおそる、声の方に歩いて行く。案内人のロッキーからアドバイスされたのは、常に自分の名前を呼ぶことだ。手が誰かに触れたら自分の名前を呼び、相手も自分の名前を呼ぶ。そこで安心が生まれるんだと分かった。

白杖を右手で持って、左手は、手のひらを自分に向けて突き出して辺りを窺う。「こっちです」という声だけを頼りに歩いて行く。初めはトンネルがあり、ここがトンネルの一番上ですよ、潜ってくださいと前にいる人に手を取られて教えられる。そしてそのことを後ろの人に手を取って教えてあげる。

ついさっきまで見ず知らずの人で、関係性は全くなく、もし近くに寄り添って座ったら「え?」と思う関係だったのに、若い女性だろうが、おじさんであろうが、あっという間に手を取り合う仲になり、手で触ることが当たり前の関係になるのがとっても不思議だった。

トンネルを潜り、神社に行き、手水で清め、お参りをし、屋台で飲み物とお菓子を食べ、最後に習字をして終わる。40分くらいの過程だった。

真っ暗闇で動くと、不思議と自分の頭の中に映像が浮かぶ。ああ、こういうように空間があるから、こう動けばいいのだな、と。しかし、それが勘違いだった場合、パニックになりとても恐くなる。

そんな中、案内人のロッキーは、ひょうひょうとあちらこちら動いて我々を助けてくれる。すごいなぁと思うけれど、街に出たら見える人がそういうようにしなければならないんだろうと思う。

屋台で飲み物を買ってベンチで飲んでいた時、小学校高学年か、中学生くらいの子どもたちの団体さんがやって来た。今までは静かな中で動いていたのだが、子どもたちはめちゃめちゃはしゃいでいる。今までベンチに座っていた隣の人と会話ができたのに、子どもたちの声でほとんどロッキーの会話が聞こえなくなる。周りが見えなくなった。

私はメガネをかけていて、冬、バス停でバスの来るのを待っていて、バスに入ったとたんメガネが曇ることがある。ほぼ見えない。そんな間隔をあの屋台で味わった。聞こえなくなるということは我々にとって見えなくなるということだ。とても不安になる。どっちに行っていいか分からなくなる。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、面白いアトラクションであると同時に、別の自分を体験できるし、白杖を持って街を歩いている人に思いやりをもてるようになるイベント施設だった。

f:id:F-Katagiri:20160116073143j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160116112730j:image:w260:left