Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第13回(2017年)は関西地区でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2007-06-07校長面談

[]校長面談 校長面談 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 校長面談 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 校長面談 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

私が全職員の中で、最初の面談だったようで、あまり深く突っ込まれずに、スルーされた感じでした。さて、どう評価してくれるんでしょう?

ことこことこ2007/06/14 00:51体調悪いですか、、、。
トラブル多いですか、、、。
んー。もしかして前厄の影響とか!?
もうすぐ誕生日です!元気だしましょう!(説得力のない文章だ、、、)

F-KatagiriF-Katagiri2007/06/14 11:34昨日もトラブル、今日もトラブル……。最近に来てトラブル頻発です。久しぶりに怒鳴ってしまった。

2007-06-01自己申告シート

[]自己申告シート 自己申告シート - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自己申告シート - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 自己申告シート - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨日が教員評価の自己申告シートの提出締め切りだった。私の欠いた目標と方策は以下の通り。

学習指導》

1.社会的な構成主義による学習という概念をもとに授業に取り組む。

 方策:80%以上の授業において、授業時間の90%以上を生徒の活動時間とする。

 方策:授業の目標設定を全ての生徒が納得、理解する。

2.ポスト工業社会を担う生産者たりうべき能力の修得を実現させる。

 方策:全ての生徒が適確に自己表現できる国語表現力を身につける。全ての生徒の作文において、誤字・脱字・乱れた字を2%未満にする。

《学年・学級経営

(学年)

1.基本的就活習慣の定着を図る。

2.デュアルシステムインターンシップを実施し職業間・勤労観を育成する。

3.修学旅行において、団体行動の大切さや、主体性、自主性を育成する。

 方策:教師が遅刻せず、模範を見せる。

   :デュアルシステムインターンシップに関して啓発し、参加者定員を満たす。

   :自主的な修学旅行への取り組みを促す。

(学級)

1.学び合う学級づくり

2.自ら決め、自ら守り、自ら実行する学級づくり。

 方策:学級の仕事は生徒に任せる(90%以上)。

   :問題が起きた場合、生徒同士で解決させる。

学校運営・図書視聴覚指導》

1.生徒個人および授業での図書館利用の促進を図る。

2.図書貸出冊数の増加促進を図る。

 方策:国語表現の授業では100%、その他の授業では年に2回以上図書館を使う。

   :授業その他で読書の意義について語る。

今後校長面接です。どのような「指導」を受けるかな?