Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第13回(2017年)は関西地区でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-05-17今の教育問題と大学1年生

[]今の教育問題と大学1年生 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

水曜1限は人間教育学セミナーという授業で,今日は担任する学部1年生11名で討論した。先週の講演会の内容を受けて,疑問,反論,不思議な点などを出し合い,意見を交わす。その中で今の大学1年生が問題にしている教育問題があぶり出されてくるから面白い。

たくさんの人が問題としてあげていたのが,部活動の外部コーチ導入についてだ。外部コーチは今でも導入されているが,今後制度として外部コーチだけでも大会引率ができるようにして,顧問の負担を軽減しようというものだ。

賛成,反対がいろいろ出た。

《反対》

  • 外部コーチは子どものことをよくわからないまま突っ走ることがあり,子どもにかなりの負担をかけてしまう。部活動以外の姿も見ている教員が顧問をすることで,そこら辺のバランスが取れるのではないか?
  • 外部コーチは「教師」ではなく,部員にとっては「外部の人」という意識が高い。教員と同じように見られないので,指導の効果は薄くなるのではないか?
  • 子どもたちとの関わりの時間が減るから,教員が部活動にも関わるべきだ。

《賛成》

  • 教員は授業が主だから,部活動を外部コーチに任せることで,授業への準備の時間が確保できるはず。
  • その競技のことをわからない教員が顧問になるよりも,よく知っている外部コーチが指導する方が部員にとってもいいはずだ。わからない教員が顧問になった場合,部員はがっかりする。

私は高校教師時代,自分が高校,大学とやっていた競技は超マイナースポーツだったので,そのスポーツの顧問になったことはない。全てやったことがないスポーツ,文化活動の顧問だった。とても辛かった。あるときは,先輩顧問の後ろについているだけだったり,あるときは,プライベートでもその競技をやって,なんとか高校生のレベルまで腕を上げたり。あるときは外部コーチがいたこともあり,全くその競技自体をプレイしたこともなかった。

どれが正解だったのかは,わからない。部活動に時間を取られるということは,学級経営,授業準備の時間が削られるということだ。また,土,日に出勤しなければならず,家族との時間も削られるということだ。若い頃,研修会で「部活動の指導は,その競技の素人だったとしたら,その活動の場に一緒にいて見ているだけでいい。」と話を聞いた。そのようにやったこともあるが,その場にいるだけということが,いかに辛いかはきっと,そうしたことがある人しかわからないだろう。仕事なんだからしょうがないと思うかもしれないが,部活動は本務なのかどうかは微妙なところだ。半日休日出勤をして手当が2,000円以下って,定められた最低賃金にも満たない。これはどう考えるべきなのか?

学生さんたちは,自分の高校までの経験と,教職への理想をもとに発言するので,なるほどと思うことが多かった。そうか,部員はこんなふうに考えていたのかと,ぐっさり心に突き刺さる発言もあったりした。

でも,これらを,「自分が教員になったら」という視点で考えるように仕向ける必要がある。教職への熱意や理想はとても重要だが,現実と乖離している熱意や理想で教員になると,ポッキリ折れてしまう可能性がある。熱意を持たせながらも現実にはどう行動するか?を考えさせる授業にしたいと感じた。

2017-04-17「主体的」な学びについて

[]「主体的」な学びについて 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「主体的」な学びについて - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「主体的・対話的で深い学び」とはどういうものなのかを考える上で,現場教師の中で,「主体的」というもののとらえ方が2通りあるということに気づいた。

「主体的」な学びについて,文科省は

学ぶことに興味や関心を持ち、自己のキャリア形成の方向性と関連づけながら、見通しを持って 粘り強く取組み、自らの学習活動を振り返って次につなげる*1

と表現している。

興味や関心を持っていれば,「粘り強く取り組」むことになるとは思うが,「粘り強く取り組み」という表現はその学習態度のあるべきイメージを表しているし,「興味や関心を持」っていても,「自己のキャリア形成の方向性と関連づけ」,「見通しを持って」いなければ,あるべき学びとしては認められないというのは,学校教育の上での「学び」だから,必須条件なのであろう。

「自らの学習活動をふりかえって次につなげる」という表現は,むしろ「深い」学びに関連づく表現のように思えるが,とりあえず置いておく。

「主体的」の辞書的な意味は

自分の意志・判断によって行動するさま自主的。*2

である。そうなると「論点整理」の中で「主体的」に直接関わっている表現は「学ぶことに興味や関心を持ち」だけである。

「主体的学び」のとらえ方を授業で問うたとき,多かったのは「自ら進んで学習に取り組む」というものだ。「嫌々ながらではなく,自分で必要感を感じて,勉強する」と言い換えた方がすっきりするだろう。そこに異論を挟むつもりは全くない。とても大切なことだ。私も高校現場教師だったときに,授業デザインをするとき,ほぼ半分の労力やアイディアをこれにつぎ込んだ。

50分間寝させず,生徒が面白いと思い,生徒の力がつく授業を目指していた。

ここで

学ぶ(学び)

ということを考えてみる。「学ぶ」の辞書的な意味の中に,

経験を通して知識や知恵を得る。わかる。「人生の何たるかを—・ぶ」「この事件から—・んだこと」*3

という項目もある。「学び」ということに関してこっちに焦点を当てて考えてみる。

話を例え話にしてみる。中学1年生の今の時期は,放課後の部活動も本格的に始まっていず,結構帰宅が早い。夕方5時頃に家に帰るやいなや,レコーダーに録りだめておいたアニメを「自分から進んで」どんどん観る。家の人が帰ってくる7時頃まで一心不乱に自分から「主体的に」アニメを観る。学校の宿題もそっちのけで。

これって,「主体的」という言葉を使ってもいいのかな?ときっと何人かの教師は思うんじゃないかな?と思う。でも言葉の意味的には間違っていない。

きっと私はそんな息子を目の前にして,「アニメばかり観ていないで,宿題を先にやりなさい。」と,宿題を「主体的に」することを促す。アニメ視聴の「主体化」は親としては認められないのだ。つまり,「主体的に」というものには,「こちらで意図するものを『主体的に』」というニュアンスが含まれていることがわかる。

ところが,そんな息子が10年後,アニメ映画を制作し,大ヒットし,第二の細田守か,押井守なんて言われて,インタビューを受けたとき,「中学生の暇だった時,たくさん観たアニメから,人生の成長物語と,コマ割りの重要性と,ストーリーと音楽のマッチングを学んで,今回制作した作品があります。」なんて言ったとき,初めて,息子が中学生だったとき,親の想像を超えた「学び」をしていることに気づかされる。

この学びも「主体的」と言っていいはずだ*4。ある1つのことから「自らの学び」を引き起こした。しかも,自分の意志で。

何が言いたいのかというと,「主体的な学び」としたときは,「学びの過程の主体」があるのは当然として,「学びの結果の主体」もあるべきであるし,「学びの結果の主体」がひいき起こされた場合,その授業は素晴らしいものになる。これが2つ目の「主体的」のとらえ方だ。

私が高校教師時代には,授業づくりのもう半分の労力とアイディアはそちらに傾けていたと思う。その「学びの結果の主体」が引き起こされていたと表面化した機会はあまりなかったけれど,教師の予想を越えた学びがおこなわれたときは,感動して,鳥肌が立つものだった。

*1:2016年8月中教審 論点整理

*2:大辞林

*3:大辞林

*4:こんなことあったらなー

2017-04-131年間大学教員をして感じたこと

[]1年間大学教員をして感じたこと 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 1年間大学教員をして感じたこと - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1年間大学教員をして,高校教師時代とはちょっと違う思考の仕方をしていたということを感じた。仕事をする上で,大学教員は抽象思考で仕事を進めることが多かった。それは1年間受け持ちの院生や学生がいなかったからかもしれないが,それはわからない。

高校教師時代は目の前の生徒や授業やテストや会議がどんどん押し寄せてきて,それをどううまく「さばく」かが重要で,さばいた結果どうなっていたかはあまり考えられなかった。次から次へといろんなものが押し寄せてくるからだ。息つく暇はあまりない。あったとしてもテスト期間の合間,自動車で昼を食べにいったりするくらいだった。家に帰ると「全く仕事をしない」と十数年前から決めているので,仕事モードにはほとんどならない。

学校で必要なのは,仕事モード中の「息つく暇」だ。息をついて自分の仕事をふり返る時間だ。OFFの時にそれをやったらOFFにならない。

大学教員をやっていて,どんどん押し寄せてくる仕事はもちろんたくさんある。降って湧く仕事も沢山ある。しかしそれをやり過ごすと,ふと,息つく暇が出てくる。だから教育書を読んで,考える時間もある。

そんな時間が取れたから,教育をちょっと抽象的に考える時間も取れた。授業で「私が高校教師時代にはこんな実践をしていた」という話に加えて,もうちょっと上位概念的な,文科省が教育で求めている姿や,個人的な教育の理想も自分なりに確立し,語れるようになった。実践に理論が着いてきたと言った方がしっくりくるのか?

そこで,学部1年のクラスの担任になったり,今年から院生を担当できることになったり,授業や講習を受け持ったりする場面で語りたいこと,学んでほしいことがなんとなく自分の中ではしっかりしてきた。

意味は自分で見つける

ということだ。この力を学ぶことは,「アクティブ・ラーニング」,「主体的・対話的で深い学び」に繋がると考えるし,意味を自分で見つけられない教員には,「主体的・対話的で深い学び」なんて仕組めないと考えるようになった。自分にも,学生にも,院生にも,受講生にもこれを求め続けようと思う。

それを教えてくれたのは「バケモノの子」だ。教えてくれたというか,「バケモノの子」で表現されていることがパチ,パチとパズルがはまっていくように昨年度わかってきた。

バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
バケモノの子(スタンダード・エディション) [DVD]
バップ 2016-02-24
売り上げランキング : 5021


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-04-01授業について対等に議論する

[]授業について対等に議論する 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業について対等に議論する - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教師と児童・生徒・学生で今取り組んでいる,今参加している授業について,対等の立場で議論し合えることができるのが,『学び合い』の優れているところだと思った。

2017-03-01私の高校教師時代の授業

[]私の高校教師時代の授業 私の高校教師時代の授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 私の高校教師時代の授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 私の高校教師時代の授業 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

高校教師時代,ちょうど1年前ぐらいに生徒に取ったアンケートを集計しようと思って,アンケート用紙を見返した。そこに書かれてあった私へのメッセージをじっくりと読んで,1年越しで一喜一憂している。そんな中,次のようなメッセージがあった。

片桐先生は他の先生より直接的に生徒の意見を聞き,より良い授業と生徒の将来に生かせる授業になるように前向きに取り組んでいる先生だと思う。このような先生は少なくめったにいないことだと思うのでとても貴重な先生だと思う。生徒には悪態をつかれたり,思い通りに行かないことや自分の考えに自信を持てなくなることはあるかもしれないが私は先生のこのような姿勢が好きなので,これからも取り組んでいってほしいと思う。

そうか。悪態をつかれていたのか……。と,1年越しに落ち込むが,1年越しに励まされている。

このクラスは,数名で,私の授業のやり方に関して抗議に来たことがあったなぁと思い出す。そのことかな?あの抗議は「悪態」とは言えないけれど,あれを「悪態」と言っているのだったらいいんだけれど,影で別に悪態をつかれていたら,と思うと眠れなくなる。でも,受け入れてくれない生徒は受け入れてくれない授業だったなぁとも思う。しかたないか。受け入れてくれる生徒もいるんだから。

2016-12-15教職実践演習

[]教職実践演習 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

4月当初からおこなっている,免許取得プログラムの院生さんたち対象の授業だ。今日最終回を迎えた。4月初っぱなの授業と最後の授業を受け持ったのは何かの縁だろう。

最後の時間は「教職にどう向き合うか」というテーマでの討論と,今までの総括のレポート作成となっている。

グループ討議をおこない,「教職に就くことにあたって,今不安なことと,それに対する解決策,そして今では『答え』がみつからないもの」ということで出してもらった。今現在不安なこととして出てきたのは以下のもの(一部)だった。

  • 退勤時刻に帰れるか
  • 保護者対応ができるか
  • 授業できちんと教えられるか
  • 先輩の不条理な要求にどう対応できるか
  • 子どもたちと望ましい人間関係を結べるか
  • 同僚とうまくやっていけるか
  • 児童,生徒が犯罪を犯したときにどう対応するか
  • 独り暮らしでやっていけるか
  • 修士論文が提出できるか

などなどだった。アドバイスとして,管理職に頼って,自分で抱えきれない問題は相談しなさいとか,人間関係づくりが不得意な人は終了までのあと数ヶ月で自分を変えようとして,いろんな人と交流しなさい,学校とは人間関係を訓練する場なんだからとか,修士論文は締め切りがあるから必ず提出できます。締め切りは提出させるためにあるんです。大丈夫です。とか話した。

最後に教員新採用半年で自殺してしまって,それが先日労災に認定されたというニュースを紹介し,八方ふさがりになってそこから逃れる道は死しか無いと思って自殺するのだと思うけれど,自分にも経験があるが,八方ふさがりだと思っていても,それは自分が思い込んでいて,必ず出口はあります。自殺しなくても解決する道はあります。われわれ上越教育大学のスタッフが修了後も必ずアフターサービスで相談に乗ります。だから,絶対に死なないで下さい。という話で締めくくった。

この授業は4〜5回受け持ったが,毎回熱心に討議してくれて,楽しい授業だった。

2016-12-01大学教員の小学校国語授業 8時間目(最終回)

[][]大学教員の小学校国語授業 8時間目(最終回) 大学教員の小学校国語授業 8時間目(最終回) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 8時間目(最終回) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 8時間目(最終回) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

嫌な夢を見た。

入っている小学6年生のクラスで群読大会をするが,時間配分が悪く,しかも言うことを聞かない。大声で指示をするが,全く通じない。ああ,授業時間が終わっていく。発表が終わらない。うーん。

というような夢は,今まで何回も何十回も見てきた。教室内がわちゃくちゃで,授業に参加しない生徒がたくさんおり,指示を全く聞かないという高校の教室。たまにこういう夢を見たのだが,舞台が小学校の教室になるとは思わなかった。

そんなこともあり,みんな,群読,声を合わせて教室内に行き渡る声で発表してくれるかな?と不安を持ったまま6限の授業に入った。これが朝イチの1限の授業だったら,その不安から解放されるのが早くて良かったんだけれど,そんな思いをずーっと持ちながら,ちょっと逃げ出したい思いを持ちながら,過ごしていたからかなり疲弊してしまった。

不思議なもので,本来クラスに入った目的は,群読の脚本作成の過程を調査するものだった。けれど,そんなことはどうでもよくなって(本当は良くないけれど),みんなが発表してくれることに自分の関心が移っていった。

そんな不安は全く杞憂で,子どもたちは「じゃあ,14時55分まで練習ね。」と言ったら,みんな一斉に練習し出す。びっくり。すばらしい。あんまり準備時間を取れなかったのに,ここぞとばかり声を合わせる練習をする。前の時間の練習は,それほどでもなかったぞ。

あらかじめ頼んでおいた上越教育大学の院生,学生さんたちが見に来てくれて審査員をしてくれた。頼んでなかった別のゼミ所属の院生さんも来てくれた。どんな風に情報が伝わったんだろう?その方々に審査員として,各班に対してコメントをしてもらう。的確にひとことでコメントしてくれて,ありがたかった。おかげで私は進行に集中できる。

ぴったり声が合う班,笑いが出ちゃう班,声が小さい班,いろいろいるけれど,院生さんたちは,その発表でもいいところを見つけてコメントしてくれる。さすがだなぁと思う。

1班4分として8班あるので32分かかるかな?と初めの10分が練習時間だから,42分で授業時間ギリギリだなと想定していたが,1班3分で進行できた。残り8分ほど余ったので,ふりかえりを書いてもらって,その間私が今までの感想を言えた。

もうこれでこのクラスに入ることは多分無いから,国語への思いを語った。

文学は書いてあることをもとに書いていないことを読み取る学習です。どこか外に答えがあるんじゃないのです。答えは自分の中,自分の思考,自分の感覚,自分の感情の中にあります。書いてあることからそれを引き出して下さい。それでも,空想になってでたらめにならないために,書いていることをしっかりと読んで下さい。

中学校になれば,こういう国語が増えると思うので,今のうちからたくさん本を読んでおいてくださいね。

私の想像以上の群読を作ってくれました。ありがとうございました。

まぁ,こんなことを言った。

小学校で国語の授業をやってとても勉強になった。プレッシャーはあったけれど,とても楽しかった。それも,真摯に課題を受けとめ,反応してくれた子どもたちがいたから,だった。担任の先生の日々の指導の結果がこうなっているんだと思う。

小学校の先生は,オールラウンドプレイヤーで,どんな教科も担当しなければならない。高校教師は,私だったら国語しか担当しないから,国語のことだけ考えていれば良い。小学校の先生はそうはいかない。教科によって得意不得意があるから,ばらつきが出てくるだろう。

だから,私みたいに,教科専門の人が,突然自分のクラスに入ることで,自分で言うのはおこがましいけれど,「そういう切り口もあって,そんな課題だと子どもたちはこう反応するのか」という発見をしてもらえたら良いなと思う。これは今上越教育大学教職大学院でおこなっている学校支援プロジェクトの1つの支援の仕方になるんじゃないか?と思った。

なかなか自分のクラスに違う指導者が入るというのは,抵抗があると思うけれど,本当に快く受け入れて,授業でうまく行かない私を励ましてくれた担任の先生には感謝しても仕切れない。ありがとうございます。

また入ってみたいなと思うし,群読の時間をもうちょっと長い時間取れたら良かったという反省もある。群読の授業の可能性を見つけられた2週間だった。

2016-11-29大学教員の小学校国語授業 7時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 7時間目 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

群読の授業に入る。「きつねの窓」で,ぼくがきつねの窓を手に入れたシーンを群読にする。

初めの部分は私が作ったシナリオがあり,最後の部分はグループで脚本を作る。

さて,子どもたちは,既習事項をもとに脚本を作るのかどうかというのがこの研究のポイントだ。その前に,私が作った部分の練習をするのだが,結構手こずる。声が合わさらない。どこを言うのかわからなくなる。声をあまり大きく出せない。など。

初めての群読(初っぱなにちょっと群読に触れたが)だから,しかたがないと言えばしかたがないが,ちょっと発表会にむけて不安になったりして。

脚本作成の時間は,グループによりまちまちになる。機械的に割り振ろうとする班,内容に関して読み取ろうとしている班,さまざまだ。

しかしほとんどの班において,みんなが同じ回数出番があるように調整している配慮があった。そこが重要なと頃なんだと思った。

木曜日は発表会で,私の授業も終わる。正直,もうちょっと群読に時間を割きたかったところだが,時間はいくらでもあるわけではない。

2016-11-28大学教員の小学校国語授業 6時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 6時間目 大学教員の小学校国語授業 6時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 6時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 6時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

小学校に行ったら,支援に入っている院生さんたちが授業観察をしていた。「授業見る?」と言ったら,なんと約10名の院生,学生さんたちが見に来た。こんなにくるとは思っていなかった……。

今日は読み取りの授業の最終回(予定)。

ぼくの孤独感は大きくなったのか,小さくなったのか

というような課題にした。これがまた活動の時間があまり取れなかった。45分は本編に入る前にちょっと何かすると本当に短い。活動の時間は15分も取れなかったかもしれない。

本来なら,黒板に出た書く班の意見を紹介し,根拠を聞き,それに伴って次の課題を出してまとめるという形がいいんだけれど,意見の紹介,根拠の聴取で時間が来てしまって「続きはまた明日。」で終わらせてしまった。

これは予想だけれど,担任の先生が受け持っていたら,あと5分で何とかなりそうというときには,5分延ばして授業するのかもしれない。けれど,中,高の教科担任制だと絶対それはできない。だから,その感覚が身について,途中でも「続きは次」なんてことにしてしまう。

これの良いところは子どもたちが書いてくれたワークシートを持ち帰って読んで,それをもとにまとめができるということ。

高校生でも同じなのだが,物語を読むときに,書いてないのに自分の感想,感覚,「もし,自分が登場人物だったら」というところで読んでしまう。

  • ぼくはきつねにもう会えなくなったから孤独感が増した
  • 「がっくりとうなだれた」から,孤独感が増した

と書く子どもが多かった。そうだよな。そう書くよなぁと思いながら,それでも

  • 「良く人に笑われる」と書いてあるから,周りに仲間がいる

なんて書く子どももいた。良く読めてるなと思う。

次の時間はそんなことを紹介し,メインイベントの群読に入る。

2016-11-25大学教員の小学校国語授業 5時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 5時間目 大学教員の小学校国語授業 5時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 5時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 5時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日は黒星。「負け」の根拠は,「今日は1時間で終わらせる!」と思っていた課題が,また継続課題になってしまったこと。うーん,活動の時間とまとめの時間の配分がうまく取れない。今日は新しい課題だったから,課題の説明をするんだけれど,「君の名は。」の語りをしたくなっちゃって,それが長くなったかなぁ?

また,課題がちょっとぼんやりしていたかなぁと,どうもダメだ。昨日ほぼ半日準備したが,時間をかければいいってこっちゃないぞ。

今日の課題

「ぼく」と「きつね」の無くなったもの(こと),得られたもの(こと)を3つの時期に分けて書きなさい。

「3つの時期」とは,「ぼく」が生まれてからきつねに会う前,きつねに会ってから小屋に帰る前,小屋に帰ってから今まで

どうも複雑になってしまう。「きつねに会っているとき」だけにしちゃえば良かったのかもしれない。全部をやる必要はないよな。「きつねに会っているとき」を把握すれば,その前と後の時期は自ずと区切られる。

さて,文章読み取りの予定はあと1時間だけだ。どうにか次の時間でまとめなければ。

しかし,

きつねの窓から見えるものは,もう失ったもの

という意見が飛んできたときには驚いた。なかなか深くまで読み込める。でも,

ぼくの声が聞こえてるけど,ぼくは死んでないよ。

という声も聞こえた。家族との温かい生活が無くなっちゃったんだよね。と,とっさに返せなかった……。