Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第13回(2017年)は関西地区でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-08-20第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城

[][]第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第12回教室『学び合い』フォーラムin宮城 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

8月20日(土)〜21日(日)に開催した。今までにないテーマ,「これからの地域と学校」ということで,地域との連携が主になったものだった。だから学校関係者はさることながら,教員ではない地域の方の参加も多く,分科会もほとんどが地域との連携に関したものだった。

f:id:F-Katagiri:20160829190617j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190615j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20160829190616j:image:w260:left

会場になった東松島市コミュニティーセンターは,2010年に『学び合い』宮城の会が開かれた時に,自動車で仙台まで行き,そこから電車で訪れたところだった。

大震災を挟んで6年ぶりだった。なんか懐かしいところもあるし,ほとんど覚えていないところもあった。街並みは結構覚えていたな。

1日目は私の書いた原稿が載った本が出版されたこともあり,著者で分科会を持たせてもらった。フォーラムの過去11年をふりかえって書いた原稿だったので,とても感慨深かった。良くここまでやってきたなぁと思った。もちろん私の力ではないけれど,私の思いつきが良くもここまで受け継がれてきたなぁと嬉しくなった。

そうそう,宮城までは,当初新幹線で行く予定だったのだが,いろいろなことが重なって,大学院の教員になったということもあり,院生さんたちをバスで引率して行くことになった。いやぁ,長い道のりだった。朝5時半出発で,到着が11時。50になった身にはとても答える。旅費が浮いたからいいといえばいいんだけれど……。一睡もできないのだよな。

それでも,2日目は台風接近で,JRが不通になったりして,もしかしたら新幹線に間に合わなかったかもしれないので,バスで良かったかもしれない。

2日目は,木村泰子さんの講演会だった。とても良かった。映画「みんなの学校」を観たいと思って朝,30分整理券をもらうために並んだんだけれど,「主催者だからダメ」と大会実行委員に取り上げられてしまった……。新潟にいて見られるかなぁ?シネウインドでも,高田世界館でももう上映終わったんだよなぁ。DVDにはならなそうだし……。

木村泰子さんのもとで育った若い先生たちが生き生きとしている。これがうらやましい。木村泰子さんが本当に子どものことを考え,学校のことを考えているから,若い人が着いてきて,育っているんだと思う。教師としての魅力が半端ないんだろうなぁ。

さて,どうやって映画を観よう?最終的には自主上映だけれど,どうする?

現地実行委員の人たちともお知り合いになれた。心が行き届いたとても温かいフォーラムだった。こんな感じでこれからも続けていければいいんだよなぁ。

2015-08-01第11回教室『学び合い』フォーラムin東京

[][]第11回教室『学び合い』フォーラムin東京 第11回教室『学び合い』フォーラムin東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第11回教室『学び合い』フォーラムin東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第11回教室『学び合い』フォーラムin東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2005年に第1回をおこなって10年。参加者数が約8倍の300人超えになった。『学び合い』の広まりを感じる。

東京は熱い。会場に入って熱気を感じた。2週間前にNコンで来た時はアウェイ感が半端なかったが、同じ会場ながらホームを感じる。『学び合い』フォーラム、いい感じだなぁ。

新潟を9時頃に出発して、11時過ぎに東京に着く。どこかでお昼でもと思ったのだが、新宿の宿に荷物を置いて、ちょっと迷いながらまた新宿駅に戻り、参宮橋駅に行ったら、それほど時間が無いことに気づいた。新宿の地は未だに方向がわからない。

どうせオリンピックセンターの食堂は長蛇の列で食いっぱぐれると思ったので、コンビニでおにぎりを買ってすぐさま会場に入った。

入るなり、イマキヨさんに「片桐さん、これ着てください。」といわれてスタッフTシャツを渡された。注文しようと思っていたのだが、伝え忘れてしまってそのままになってしまっていたのだ。嬉しかったなぁ。これを着られただけで今回はOKだ。

f:id:F-Katagiri:20150813095039j:image:w260:left

スタッフたちがてきぱきといそいそと動いている。実行委員長に挨拶をしてお土産を渡し、私は開会の挨拶の準備に入る。2分で終わらせる挨拶だから、かなり時間をかけて練ったつもり。といっても毎回話す内容は同じなんだけれどね。

iPhoneに向かって挨拶を覚えていると、カメラクルーがやって来て、取材していいかと問うてくる。なんと、「アクティブラーニング」がらみで番組を作るので、地方の高校の先生から話を聞きたいそうだ。こんなこと使ってくれるのかな?と思いながらちょっと辛辣な話をする。

さて挨拶の練習と思ったら、今度は水落さんに呼ばれて、また別のクルーの取材を受ける。NHKが入るだけで、なんだか盛り上がって着た感じがする。

f:id:F-Katagiri:20150815152652j:image:w260:left

さて、始まった。iPhoneを持って話す内容を忘れたらチラ見すればいいかな?なんて思って壇上に上がったのだが、脇にあった演題にiPhoneやら原稿メモやらを忘れて中央に行ってしまった。

それが良かったのか、みんなの方をじっと見て話すことができた。最後は「ありがとうございました。」か、「よろしくお願いします。」かどっちかを言えば挨拶はまとまるものだ。

講演、パネルディスカッションとも、全体の構成が練られていて、バランスが取れているものだった。参加すれば今後の教育の在り方を感じられるものだった。参加できて良かった。考える方向性を間違えなくて良い。

分科会は、あっちを見たりこっちを見たり。高校国語の『学び合い』の分科会と、Z会保護者への説明内容をもとにした分科会にはじっくり腰をすえて参加した。私も腹をすえて授業せねばなと思ってしまった。

とにかく東京は暑くて、参ってしまった。2週間前に来た時よりもさらに暑い。ここ数週間、灼熱の中を歩き回った記憶ばかりだ。参宮橋駅からオリンピックセンターまで歩くだけでもやられてしまうかんじ。

2日目は最後の講演会の途中で失礼させてもらった。きっと最後の閉会式は盛り上がったんだろうなぁと思うのだが、ちょっと人のいないところでゆっくりしたかったのだ。50近くになってどっと体力の衰えを感じる。

この会のいいところは、どんどん若い新しい人が入ってくること。そしていろんな人が会の運営に携わってくれていること。いろんな人が関わるから、いつも流動的に新しいものを取り込み、新鮮なメニューになり、マンネリにならない。300人中150人の方が懇親会に参加している。こんな会は他にあるかな?話すこと、交流することを主とする会だ。『学び合い』の会なんだから当たり前か。

歳をとってこの若い熱気に中てられるようになってしまったが、まぁ、ちょうどいい距離を保って関わっていきたいと思うのだ。

あべたかさんと2日目のお昼に行ったくうかい、うまかったなぁ。参宮橋駅前でようやくご飯を食べられた。あの駅前界隈は魅力的な飲食店が林立しているなぁ。ゆっくり飲み歩きたいものだ。

2014-02-23『学び合い』フォーラム九州への旅3

[][][]『学び合い』フォーラム九州への旅3 『学び合い』フォーラム九州への旅3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラム九州への旅3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』フォーラム九州への旅3 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20140303143944j:image:w260:left

なかなか朝起きることができず、起きたのは7時過ぎだった。前日かなり飲んだので、動作も緩慢で、ホテルから出ることも難しい。Googleマップで調べたところ、2日目会場までバスが出ているらしい。

バスターミナルまで行き、そのバスの乗り場らしいところで待っている。しかし、Googleマップでは中央埠頭行きと出るのだが、そこ行きのバス経路があるんだか無いんだか……。業を煮やしてこのバス乗り場からだったらきっとみんな行くのかな?と思ってバスに乗った。

マップの経路から外れて曲がったので、運転手に中央埠頭まで行くか?と聞いたら行くという。バス経路は大回りになるが、今更途中で降りて歩く元気もないのでそのまま乗っていることにする。

30分以上かかって福岡産パレスホテルに到着して、人がたくさんいるホールに行くと、別のイベントをやっている。会場間違えたかな?と思って遠くを見ていると、スタッフジャンパーを着ている人が見える。あっちの会場か!と思って行こうとするが扉が開かない。フォーラム2日目の会場はホールではなく、ホテルの方だった。

到着したのは分科会が半分くらい進んだ時だった。うーん、反省。

しかしメインの福永宅司さんの一人芝居は初めから見ることができた。イッセー尾形の一人芝居とはまた違ったテイスト。解説と描写と合い混じって落語に近い。

こんな人が『学び合い』サポーターだったら心強い。約10年前からは思いもよらない『学び合い』の広まりだ。10年の成果がここにも現れている。有り難いことだ。

一人芝居先生からのエール―人生応援歌
一人芝居先生からのエール―人生応援歌福永宅司

石風社 2012-06
売り上げランキング : 824259


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

3日目の昼食も博多ラーメンにした。一番のお勧めの鳳凛に入った。お勧めされるはずで、本当にうまい。ここのラーメンを食べて初めて「固麺」が博多ラーメンに合うのかがわかった。そして替え玉がどうして必要なのかもわかった。細麺だから大盛りにするとこしのあるまま最後まで食べることができないのだ。だから必ず替え玉をする。なるほど−。

こんなにおいしいのに並んでいないのはなぜ?並んでいる店はこれよりうまいのか?次に福岡に来る時は、並んででもそういう店に入ってみようと思う。

飛行機出発まで3時間程あったので、映画でも見ようかと思ったら、ちょうど映画開始5分後で、間に合わなかった。床屋でもと思ったが、博多駅近くに床屋はなかった。じゃあマッサージだなと思い、iPhoneで調べて何軒かあたって手頃なところがあったので入った。絶妙にいい具合にツボを刺激してくれた。もっと余裕があったら60分コースにしたのに、飛行機の時刻が心配だったので、短めで頼んだ。次に福岡に来た時はロングコースをお願いしよう。

ということで、かなり満喫した福岡の旅だった。

yukitokazuyukitokazu2014/03/04 21:03katagiriさん、フォーラムお疲れさまでした。福岡道中記楽しく読ませていただきました。またお会いできるのを楽しみにしています。

2014-02-22『学び合い』フォーラム九州への旅2

[][][]『学び合い』フォーラム九州への旅2 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』フォーラム九州への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20140225133046j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133209j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133231j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133304j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133318j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133333j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133347j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133434j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133419j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20140225133504j:image:w260:left

フォーラムの集合は11:45なので、ほぼ午前中フリーとなる。フォーラム会場の地理感覚が全くわからないまま、何とかなるかな?と思い、太宰府天満宮へ行く。うちのクラスの受験生のためにお参りしなければならない。お札も買わなければならない。子どもたちへの土産も買わなければならない。

頼りになったのがGoogleマップだった。経路検索をすれば、電車はもちろん、バス路線まで調べてくれる。ちょうどいい電車があったので、ロス無く太宰府天満宮に到着する。9時過ぎに着いたが、たくさんの人だった。天気も良く、土曜日だし、しかも梅が満開とくればこうなるか。

うららかな日で、新潟は最高気温4℃5℃の世界だったのだが、そのために着てきたスタジアムコートがめちゃめちゃ熱い。マフラーは新潟に置いてきてよかった。

大学時代以来の飛梅との再会。あの時見た飛梅はこんなに大きかったっけ?こんな満開の時に来てはいなかったような気もする。以前来たのは3月終わり頃だったっけかな?

太宰府天満宮に来たら、梅ヶ枝餅を食わねば。約25年前に食べたあの味が忘れられず、デパートで九州フェアがあると必ず買って食べたっけ。参道から離れた裏手にあるそれらしき店に入って1つ注文する。ラップにくるまれた餅が出てくる。うーん、くちゃくちゃの梅ヶ枝餅。大失敗。他に客がいないのも頷ける。人がたくさん来て、回転が速い所がいいんだな、こういうのは。きっと。

電車とバスを使ってフォーラム会場の小学校に行くのだが、太宰府駅で昼食用に手作りのおにぎり2つ150円で買う。時間的にギリギリなので、電車かバスで食べようと思ったのだ。

太宰府から西鉄大橋駅まで電車で行き、そこでバスに乗り換える。Googleで何行きのバスに乗ればいいかは書いてあるが、出発時刻はよく分からない。それでそれらしきバス停で待っていると、ごちゃごちゃっと客がかたまっている。並ぶという習慣がないのかな?と思いながら、私もそこの集団の中にいると、私の乗らないバスがそのバス停にやってきたら、我先にとそのバスの乗り口めがけて歩き出す。バスすれすれになって「自分が一番乗り口の近くに行くんだ!」ってな具合で歩き出す。危険きわまりない。

そうか、こっちの風土はこうなのかと思い、幸い私が乗るバスはそれほど客が詰めかけず、平和に乗ることができた。

このバスに40分ほど乗り、バス停から15分くらい歩き、目的の安徳南小学校に到着した。集合時間を10分ほど過ぎていたが、現地実行委員の方がほぼ準備を完了させていてくれて、私は全くすることがなかった。1つ驚いたのが、司会の方にたまたま会って、私が実行委員長だとわかると、「あいさつをお願いします。」なんて言われて、きいてないよー!状態だったが、なんでもすると心に決めていた手前、笑顔で「わかりました。30秒くらいで済ませます。」と答えた。しかし実際のあいさつは1分くらいかかったので、「2分くらいで済ませます。」と次から答えることにしよう。

小学校で行われるフォーラムの目玉はもちろん授業参観だ。異学年『学び合い』(2、4、6年生)のライブを実は初めて見た。あんなにわちゃわちゃやって、そして最後にはまとまるという姿に驚いた。

2つ疑問が出た。

1つ目。6年生の負担は大きすぎないだろうか?ということ。自分の課題もやって、2年生や4年生に教えて、「もうやだー!」とはならないんだろうか?

2つ目。この時間の教科を「算数」で統一する必要はあるんだろうか?2年生が国語、4年生が算数、6年生が理科でもいいんじゃないか?他学年がやっていることは同じ算数だとしても、違う分野なんだから、教科が変わってもいいのかな?

その疑問を持ったまま授業参観が終わり、全体会になり、私としてこのフォーラムで最も収穫があったと思えた「『学び合い』をしま専科?」の時間になった。この時間は何だろう?と思っていたら、小学6年生が体育館にやってきて、『学び合い』の疑問に答えるというものだ。

さっそく男子3人を捕まえて、2つの疑問について答えてもらった。そのグループは「『学び合い』のいいところを伝えます。」というテーマを持っていたから、どうやって『学び合い』の大変なところを答えさせようか?と思いながら、突っこんだ質問をしたのだが、「もう正直めんどくさいやって思ったことはないの?ほんとに?」なんていう質問にも真面目に的確に返答をしていてくれた。用意していた答えを言うのではなく、即座に自分の言葉で答えていたので、本当にそう思っているんだろうなぁと思えたものだった。

別の教科でもいいんじゃない?なんていうのは、算数だったら他の学年も同じ方がきっとやりやすいと言っていた。

異学年『学び合い』の理想は、上級生も下級生も異学年『学び合い』をすることで何かの「気づき」があることだと思うから、上級生から下級生への一方的な情報伝達ばかりにならないような工夫が必要なんだろうと思った。上級生は「下級生のおもりばかりしている」と感じないようにさせないといけないのかな?

夜はシンポジウムで、博多駅近くであるのだが、安徳南小学校から博多駅まで行くのにちょうどいい便がない。他の人を迎えに来たタクシーの無線で配車してもらおうとしたら、タクシーが出払っていて無線に出ない。しょうが無いのでバスで博多南駅まで行き、約40分後の新幹線で行くことにした。博多南駅で飲むことにして、駅舎内のフードコートでビールをみんなで二杯飲んだ。フォーラムや学会でしか会えない人と一緒に一杯ひっかけられるというのも、『学び合い』の志縁があるからなんだなぁと不思議に思う。

シンポジウムは少々窮屈なホテル地下のレストランで、バイキング形式のものだった。大都会だから場所を探すのも一苦労だったんだろうなぁ。他の人と話すし、席を離れて食べ物を取りに行くのがおっくうだったので、ほとんど食えずじまい。カニも食べ放題だが、1本食べたくらいだった。席の移動もちょっと大変で、あんまりたくさんの人と話すこともなかったなぁ。九州の『学び合い』に興味のある人なんて会うのは今回限りかもしれなかったので、そういう人たちと知り合いたかった。うーん反省。

2次会は恒例行事となりつつあるカラオケで、現地実行委員の人たちをねぎらう(というか、歌ってもらって発散してもらう)会となっている。初めは広い部屋でテーブルを移動して固めたのだが、思うほど人が集まらず、部屋の移動となり、今度はめちゃめちゃ狭い部屋となって、人の移動ができない。

熊本から来た人の隣になり、九州の人と話せる機会ができてよかったよかった。

さて、また博多ラーメンを食べようと思ったら、開いている店は何と「天下一品」という京都のラーメンチェーン店だった。むむむ。そこで食べた後、「やっぱり屋台に行かなきゃね」というノリになり、タクシーで中州に行った。そんなだったら初めからタクシーを使えば良かった。屋台はどこも満杯で、空いていたところはラーメンの屋台だった。ラーメンと辛子明太子焼きを頼んだ。屋台の食い物はけっこう高いんだなぁ。

おっと、気づいたら、12時を回っていた。フォーラムの時は毎回反省です。

2014-02-21『学び合い』フォーラム九州への旅1

[][][]『学び合い』フォーラム九州への旅1 『学び合い』フォーラム九州への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』フォーラム九州への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』フォーラム九州への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2月21日(金)の授業が終わり、清掃を終了させ、即座に帰り支度に入りバスに乗る。バスに乗って新潟駅まで行くのだが、こういうときに限ってバスが来ない。

新潟駅に着き、家に帰り荷物を持って再び新潟駅に行き、空港行きのバスに乗るのだが、14:30の空港行きに乗れば余裕で間に合う。しかし、職場から新潟駅に着くのはちょうど14:30頃になりそうで、間に合わない。しかたがない、17:00の空港行きに乗るしかないか。あんな慌てて職場からバス停まで走らなくても良かったな。

渋滞もなくほぼ定刻通りに空港に着く。余裕は無いが、なんとか飛行機に乗れそうだ。これで渋滞があったらほぼ飛行機に間に合わない。綱渡りだったな。

福岡便は過去に2回乗ったことがあるが、福岡に泊まるのは初めてだ。福岡に泊まることで初めてわかった福岡の便利さ。福岡空港から博多駅まで地下鉄であっという間。こんなに空港から街の中心地まで近いところは他にあるんだろうか?

博多ラーメンの本場で初めて食べるとんこつラーメン。うまいうまい。初日のこのラーメンから始まり、3日間ラーメンを食べることとなった。

宿は博多駅から歩いて10分ほどで少々不便だったが、安いし、何しろ構造が面白い。1つの部屋がほぼ独立していて、隣の部屋の音が全く聞こえない。壁で隣り合っていないのだ。ロビーからエレベーターに乗って部屋の階に降りると外になっている。アパートみたいなホテルだ。風呂とトイレは独立していて湯船が広い。洗い場もきちんとある。朝食も焼きたてパンが出て、とっても満足。いいホテルを取った。次会があったらまたここにしよう。

ということで、初日はここで終わる。

2013-08-04教室『学び合い』フォーラムin福島

[]教室『学び合い』フォーラムin福島 教室『学び合い』フォーラムin福島 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教室『学び合い』フォーラムin福島 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教室『学び合い』フォーラムin福島 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20130805142747j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20130805142847j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20130805142902j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20130805142918j:image:w260:left

3年連続で新潟県外開催だった。6年連続で新潟市内で実行委員をやっていて、自分としては、ちょっと息切れしてきたし、新しい学校に転勤したし、沢山の仲間たちができ、それぞれの地元での開催を引き受けてくれているしということで、完全お任せ状態のフォーラムだった。

あべたかさんの運営能力がすばらしく、サイボウズを駆使して情報の共有化がとてもうまくやっていけたと思う。でも、表には出さなかったけれど、連絡をなかなかとってくれない人、お金をなかなか払ってくれない人、たくさんいたんでしょう。そのやきもき感はよくわかります。本当に運営は大変だったと思います。お疲れ様でした。

私は自動車で行ったのだけれど、福島市は遠かった。会津若松には良く行くから、そんな感覚で行ってみたら、3時間かかってしまった。この歳で自動車運転3時間というのは辛いものがあった。次からJRで行くことにしよう。

それにしても、史上最高のシンポジウムの人口密度の高さを見せた。なんだか笑ったなぁ。しかしあの人口密度の中でも、あの声の大きさの中でも、人間というのは話せるもんだなぁ。あの人口密度の中だから、すぐ近くの人と話さざるを得ないというか、ぽつんと一人で立っていられないというか、誰もほっておかないというか、面白い現象が起こっていたと思う。かなり大きな声で喋って、立ちっぱなしだったからすんごく疲れたけれど。

今回のフォーラムで一番嬉しかったことは、以前に交流があって、その後音信不通だった人に会えたこと。ずっと前に

を送って、そのつながりで、アルビ戦のアウェイゲームに行くから、お勧めの食事処を教えてもらって、試合観戦の前においしいものを食べられた。

その後連絡は取らなかったんだけれど、ちょっと前に『学び合い』グループに登録の連絡が来て、実はあの本を送った人だということを知り、ちょっと休職していたんだけれど、再チャレンジのために、『学び合い』グループに登録したということだった。

お子さんも最近2人目が生まれ、幸せそうだった。笑顔で握手ができて、いやぁ、フォーラムっていいなぁ。メールやブログ等のやりとりだけではなく、生の人と人が接する機会がフォーラムなんだと思った。8年前に開催してよかったと思った。

最近シンポジウムで話す内容はだんだんJリーグの話とか、アウェイのスタジアムの情報とか、そんな話が増えてきている。人間、実際に接して触れて行ってみないとね。

何度も書くが、自動車で行ったのは辛かった。特に2次会ではカラオケ歌いまくりで、飲み過ぎで、熟睡できなかったから、運転は辛かった。想定外だったというか、その程度想定しておけよという話だな。会場は駅から近いんだから……。

take1_No12take1_No122013/08/06 00:36福島では大変お世話になりました。
いつもサッカーの話ですみません。
ETUも、ついうれしくて…
17日のアルビ戦は、鹿スタのサポシに居ます。
また、どこかでサッカーの話をさせてください。

F-KatagiriF-Katagiri2013/08/07 20:49takeさん、17日はカミさんと息子たちがカシマスタジアムに行く計画を立てています。私は仕事で行けないんですが。

aoqsk2630aoqsk26302013/08/07 21:31フォーラムではお会いできて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
直接会って話せる場があるっていいなぁと心から思いました。
これからもぜひつながらせてください。おいしいお店もまた探しておきますんで,お立ち寄りの際にはぜひ!

2012-08-05大阪への旅2

[][]大阪への旅2 大阪への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大阪への旅2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20120806172515j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172437j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172452j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172504j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172722j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172751j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172817j:image:w260:left

結構初日のトークと懇親会と新開地さまよいがひびいて、2日目はつらかった。あんまり頭が回らない。

しかし、佐賀のSさんも加わって九州メンバーと再来年の「第10回教室『学び合い』フォーラム2014in九州」の内容決めで盛り上がった。

九州では学校を会場にし、授業公開をしようという、第10回記念大会にふさわしい内容になりそうな予感であった。あと2年あるので、準備時間としてはばっちりだろう。

最後のまとめのセッションだが、しゃべりたい人が今回のフォーラムで感じたことを言うという会。初めは各地のイベントの紹介タイムになったが、「いや、それは違う。」ということで、ふり戻された。

よかったのは、このフォーラムでの話しづらさは何だったのか?という根本の部分である。それを提示したのが大学生の人たちである。若者たちの素直さと、その素直さを表現しようという力は驚きだ。そしてそういう若者がこのフォーラムに参加してくれているというありがたさもあるし、この『学び合い』というのが健全な証拠でもあると確信した。自浄作用がなければどんな組織、団体も腐ってしまう。言えることが言えなきゃダメだ。そういう場にいられてよかったと思う。

おすぎさん、ありがとうございました。お疲れ様でした。Twitterで呟いていたけれど、良かった点も指摘された点も全てひっくるめて今回の狙いだったんでしょう。まさに『学び合い』の教室内で行われている、または学校内で行われているすべてのことがこの2日で体験できたんだと思います。

今回の大会委員長であるおすぎさんへの挨拶もあまりできないまま、会場を後にし、お好み焼きを食べに行った。大阪に来たんだったらお好み焼きでしょうと思うんだけれど、なかなかお好み焼き屋を見つけられない。串揚げの店は結構見つかるんだけれど、お好み焼き屋はあんまり駅前にはないのかな?

でも何とか見つけてビールを飲む。うまかったなぁ。2杯で酔ってしまった。酔った勢いで大阪城見学へと向かう。これが遠いんだ。駅から。あそこに天守閣は見えているんだけれど、なかなかたどり着かない。日曜日だったからめちゃ混みだ。ちょっと曇っていてよかった。

絢爛豪華な天守閣だったけれど、これは秀吉の造作ではなく、江戸時代に作り替えたものだという。秀吉の作ったときはどんなものだったんだろう?総金張りだったというのは、本当かな?

大阪城見学を終えて、水落夫妻と別れ、空港へ向かう。7時の飛行機なので、かなり時間をもてあましてしまった。伊丹空港を散策し、時間をつぶしてやっとの事で飛行機に乗る。

新潟に近づいたら、飛行機の窓から花火が見えた。そうか、新潟花火の日だった。家に着いたら玄関前で同じマンションの人たち(子ども繋がり)を呼んで酒盛りをやっていた。花火を見ながらビールを飲む。子どもたちがわんさかといるという、久しぶりのこういう幸せを味わった。

kogame200777kogame2007772012/08/08 13:42フォーラムではお世話になりありがとうございました! 国語の先生方が考えられていることは深いなあ…と勉強になりました。トンチンカンなことを言って焦点をぼかしてしまったかもしれませんが、お許しください!英語も言語ですので、またいろいろご教授頂ければうれしく思います。

concert3concert32012/08/18 06:13遅ればせながら…大阪ではお世話になりました。2年後に夢がふくらみました。記録までありがとうございました。

F-KatagiriF-Katagiri2012/08/18 08:21concert3さん、お世話になりました。2年後楽しみですね。

2012-08-04大阪への旅1

[][]大阪への旅1 大阪への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大阪への旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20120806172054j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172109j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172123j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172156j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172223j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172327j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20120806172240j:image:w260:left

教室『学び合い』フォーラムである。今年は「教室」も「『』」もないけれど、そんなことはどうでもいい。

飛行機往復宿泊料込みのパックを楽天トラベルで買ったら、新幹線往復よりも安くなった。世の中の値段設定には不思議なものもあるんだなぁと思った。出発近くになって調べてみたら、航空チケット自体もなく、メールで送られてきたバーコードをiPhoneで表示してそれをかざせばいいだけということ。飛行機に乗ったのは何年ぶりだったか、以前では全く考えられないことだった。便利になったものだ。

余裕を持って時間設定をしたんだけれど、案外早く着いて、準備開始の時間までもてあましたので、大阪市立科学館で時間をつぶす。隣に美術館もあったんだけれど、入場料がちょっと高かったので、科学館にする。コーヒー一杯で喫茶店で時間をつぶすよりも有意義かな?

新潟の自然科学館に比べるともの足りない。当たり前か。規模が違う。一つ気になったのは、歴代の電卓が並べられていたこと。そうそう、そういえばこういうの昔あったなぁと懐かしくなった。

会場に着き、準備をしているのが3人。聞けば現地実行委員はおすぎさん初めとするフリードの3名のみという。うーん、頑張ってくれました。有り難い。

今までのフォーラムに無い形で、テーマ無し、分科会無し、仕切り無しでトークをする形。話すテーマも自分たちで決め、スケジュールも自分たちで決める。初めて『学び合い』にここで触れるという方は面食らうのかな?と思う形だが、「学び」とは、「もう既にゲームが始まっているところにぽんと放り込まれる」ところから起こるものなので、「学び」を体験するにはいい場だったんだと思う。

しかしなかなか私のような年齢の人にはこれが辛い。トークをしている時は楽しいのだが、それが体力を奪っていく。かなり疲れる。ということで、3つ目のセッションではぼーっとしていた。若い人向けだなぁ。

1つ目のセッションには「公教育の役割」について話し合った。そこ出羽が出した結論は

公教育というのは、大人が子どもの労働力を搾取することを防ぐところから生まれたのだから、今の公教育も「大人社会の思惑」から子どもを守ることにあるのではないか?

ということ。子どもを子ども社会の中で自由に学ぶ場を設定することが必要だということ。「社会に出たら役に立つ」とか、「受験勉強」だとか、そんなことはどうでもよく、大人の思惑を無理矢理押しつけない世界を確保する場が公教育なのではないか?と思った。

現実では無理な部分があるのだが、押しつけをやらざるを得ない時には「本当は違うんだ。」ということを絶えず心に抱いてやらねばなと思った。ゴリゴリの受験強制勉強を「天職」としてやっているような教師への違和感はここにあったのか。

次のセッションは「哲学と国語」だ。「問いを立てる」ことと「文章を読むこと」は似ているという直観から、Iさんをけしかけてセッションを立てた。

Iさんは哲学科専攻なので、言葉遣いがうまい。適切な言葉を当てはめて説明してくれる。こういうのを現場では「国語の力」というんだろうなぁ。

参加した方からあんまり賛同の意見は出なかったんだけれど、国語課題を作る難しさから参加してくれた人では、どうして難しいのかを少し明らかにできたような気がする。「答えの出る問い」と「答えの出ない問い」を意識して課題作成することが重要だ。答えの出る問いは、答えが出たらそれで終わってしまうところがあるが、答えの出ない問いは理由を考えるところで議論が生まれて考えが深まるところもある。

どちらも授業でやっていく必要はあるだろう。

懇親会では、たまたま福岡からやってきたid:yukitokazuさん初めとする4名とテーブルが一緒になり、水落さんもいたから必然的に「フォーラム、福岡でどうですか?」という話になる。それを受けてしまう福岡チームのノリがすばらしい。こういうものってノリで何とかなるものです。再来年福岡に行けるのが楽しみだ。

懇親会が遅くから始まったので、終了前に辞去してラーメンを食べにいった。しかし、大阪の街には新潟ほどラーメン店がない。やっと見つけた!と思っても、長蛇の列だった。今日は淀川の花火大会だったらしい。浴衣姿の男女がたくさん歩いていた。

うどん店は多かったので、なぜか讃岐うどんの店に入り、串揚げを食べ、宿に向かった。iPhoneの地図アプリで探しながら行ったのだが、目的地に着いたと思ったら、宿はない。そしてiPhone画面では目的地がちょっとずれていく。ということを何度もくり返し、50分ほどさまよい、おかしいなと思いながら宿に電話したら、1ブロック違うところをさまよっていたらしい。

そういえば、着いた時に荷物を預けた時は、こんな飲み屋の多い街じゃなかったよなぁと思いながら新開地をさまよっていた。宿は堂島にあったのだ。堂島に入ったら、地図アプリはきちっと宿を示してくれた。新開地はGPSが届かないんじゃないか?

2011-08-17フォーラム戦略会議

[]フォーラム戦略会議 フォーラム戦略会議 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - フォーラム戦略会議 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 フォーラム戦略会議 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

id:abematsuさんが、新潟にいらしているというので、id:Mizuochiさんと、id:t-oshimaさんとこれからのフォーラムについて話し合った。

2012年は大阪(関西?)開催ということが決定しているが、2013年は東北で開きたいね。福島?それとも仙台?と話は進み、この時期に東北で開催することに意味があるということを確認した。

じゃあ、2014年の第10回記念大会は新潟で!ということで盛り上がった。「やっぱりフォーラムは新潟で開催してくれなきゃ!」というid:abematsuさんのお言葉。嬉しい限りである。

フォーラムじゃないけれど、新潟で学び合いの会を秋頃に開くことも決まった。とりあえず9月にミニミニ群読講座、10月には学び合いの会。30人ぐらい集まってくれれば嬉しいなぁ。

詳細はid:t-oshimaがアナウンスしてくれることでしょう。

あべたかあべたか2011/08/18 09:284人とお話をしていて、とてもわくわくしました。そんなに『学び合い』の話をしたわけでもないのに、すんなりと話が進むというのが何とも言えずステキですね。
新潟サイコーです。

ima-kiyima-kiy2011/08/18 21:56東京での開催には非常に手応えがありましたし、個人的には「次はこうしたい」という点も多々あります。
その一方で、「夏なのに新潟に行かない」ことへの違和感を体が感じております。

sumi-chansumi-chan2011/08/21 20:24>>「夏なのに新潟に行かない」ことへの違和感

ははは、確かに!!(笑)

2011-08-07第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京

[]第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20110808084802j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085045j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085318j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085546j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085637j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090224j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090206j:image:w260:left

大会が無事に終わった。盛況で大成功だったと思う。主催者側ながら、すばらしいものだったと自画自賛していいのではないかと感じた。

理由は、参加者の頭の中がフルスロットルで回転していたんじゃないかと思えるからだ。『学び合い』をかじり始めた人、『学び合い』にどっぷりつかっている人それぞれが2日間で有機的に関係を作り、明日も生きていこうという元気を得て、子どもたちに元気を伝えようという気力を得て帰って行ったんじゃないかと思う。

それから、現地スタッフが、200人以上も参加する大会を、「自分が何をするべきなのか?」ということを考えてそれぞれ機能的に動いていたからだ。初めてのこんなに大きな大会運営で、しかも宿泊のとりまとめもしなければならないという中で、大きな混乱*1もなくスムーズに進行できていた。きっと回を重ねる度ごとに、運営首脳側が段取りを作り、仕事を振ることを覚えて、首脳はもっと当日は楽になる術をおぼえるんじゃないかな?

私が担当する分科会は2つあったのだが、どちらも適度に人が来てくれて、満足できた。2つ目の分科会の「国語体験授業」では、高田敏子の「水のこころ」という詩について、4つの課題を時間をおいて提示し、課題が変更されると、考え方や、情報交換がどのように変わるかということを体験してもらった。実は、参加者を実験台として、私が検証するということをしたかったのだ。

  1. この詩は何を伝えたいのか、みんながわかるように説明しなさい。
  2. 「水」を「人」に置き換えたときに、どのように意味が変化するか、それとも変化しないのか、みんながわかるように説明しなさい。
  3. 「水」と「水のこころ」、「人」と「人のこころ」の意味の違いは何か?みんながわかるように説明しなさい。
  4. 「水のこころ も」、「人のこころ も」の、それぞれの後に何が続き、どうしてそれが続くのかみんながわかるように説明しなさい。

f:id:F-Katagiri:20110808090034j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090141j:image:w260:left

という課題を提示した。1.の課題はいわゆる丸投げ課題。4.の課題は、学習者がポイントを示せる課題である。4.の課題で、詩全体を読み取ることを意識し、これが一番取り組みやすかったという意見があったし、3.の課題で情報交換が活発になったという意見もあった。

国語の課題で私が目指しているものは、4.のようなポイントを示せる課題で、その文章全体を読み取る意識を持たせるというものだ。今回用意した課題がそれにはまってくれたので、嬉しかった。

id:ima-kiyさんに触発されて、ノートで『学び合い』をしかけようと思った。事の発端は、「どうして子どもたちは国語を暗記科目ととらえて、そのような学習をしてきたのに、高校入試ではそこそこ点数をとれている。しかし、私が授業で『著者の伝えたいことは何か?』という素朴な質問に対してシンプルに答えることができないんだろう?また、そんな中、模擬試験の点数をとらせるためには、どうやればいいんだろう?」というものだ。

問題演習を数こなすことにより、普遍化がなされているからいいんだ、とか、教科書の文章自体を教え込むことにより、標準的な論理展開を学ぶようになっているんだ、とか、いやそこまで教科書は体系化されていない、とか……高校国語が3人集まってあーだこーだと話していた。

そこでid:ima-kiyさんのノート指導に話が行き、私が、「そういえば、話し合いの中、ぴかりと光る意見を出す生徒がいるんだけれど、その意見がきちんと保存されず、テストの時には点数がとれない。」なんてことを思いついた。そうだ、ノート指導だ。ノートにつぶやきや、疑問や、質問をメモ程度に書き留めておき、それを交流させることで、ツッコミや解答や励ましなんかを書いてもらえば、知識の集積となり、または学習意欲の喚起となり、『学び合い』に繫がっていくんじゃないか?というものだ。

私はこういう研修会の講演を聴いている最中に、ツイッターでつぶやく。そうすると同じ事を聞いて、別の見方でつぶやいている人がいる。なるほど、こういうこともあるのかと気づく。中には、「講演中にツイッターでつぶやくなんて失礼だ。」と考える人もいるが、それは『学び合い』的ではない。『学び合い』はローカル発話を大切にしてきた。自然発生的に起こるローカル発話が学びを深いものにしているのだ。

ローカル発話(簡単に言えば「私語」)は、周りで講演を聴いている人の迷惑になるかもしれないが、ツイッターだったら、そんなこともなく、他の人の意見や感想を聞くこともできる。

授業中にツイッターで交流するということができればいいのだが、残念ながら日本の教室内で、今のところはそれが難しい。iPadが全生徒に支給され、無線LANが教室内に張り巡らされれば、それも可能になるんだろうけれど、数年内にそれができるとも思えない。

だから、かなりタイムラグが発生するが、ツイッターを紙上でおこなうという発想だ。夏休み中にノート記録について考えて、2学期からは実践だ。

*1:一番大きかった混乱は、プロジェクタの電源ケーブルが見あたらなくなったことかな?でも、ぎりぎりになって、発見されるというミラクルもあった。

maya-1maya-12011/08/08 10:42第1回からの発展ぶり、内容の深まりとその多様さに拍手です。ありがとうございました。

nome2733nome27332011/08/08 13:48実はフォーラム初参加でした!参加者でつくるフォーラムに参加できてとてもよかったです!心残りは共に勝利を味わえなかったことでしょうか…またよろしくお願いいたします。お世話になりました!

muikaramuikara2011/08/09 11:01分科会、とても勉強になりました。
私は1のような課題も、4のような課題も、無意識に設定していたことに気づきました。そして、1のような「丸投げ課題」の方が、高尚なんだと誤解していました。
ノート指導については、まだ私は、どうすればよいか、整理がついていなく、今後の課題です。

tm43919tm439192011/08/09 13:012日間、お世話になりました。ありがとうございました。
一番大きかった混乱・・・本当に申し訳ありませんでした。
ミラクルと言っていただき、幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

makiwarisanmakiwarisan2011/08/10 08:062つの分科会ともに参加させていただきました。フォーラムの歴史(?)がとてもよく分かりました。また、課題によって、考える内容が大きく変わることもよく分かりました。ありがとうございました。

sumi-chansumi-chan2011/08/14 01:29詩の体験授業、課題の出し方がそんなことになっていたのですね、、さすが片桐さん!
参加したかったです〜、、残念。。

hideki55hideki552011/08/14 03:56片桐さん、高田敏子の「水のこころ」という詩の国語の課題を四つご紹介いただき、参考になりました。
できましたら、それぞれの標準解答例などをお教えいただけませんか。
また、学び合い課題@wikiにこの課題の投稿をしていただけませんでしょうか。

maya-1maya-12011/08/14 07:06懇親会の2次会ありがとうございました。希望ですが、2月11日以降のこのグループへの加入者アップされいませんがお願いいたします。それともアップしないように変更されたのでしょうか?

F-KatagiriF-Katagiri2011/08/14 07:40muikaraさん、丸投げ課題でうまく行くクラスだったら、そっちの方がいいのですが、なかなか持って行くのが難しいです。ノート指導互いに情報交換しましょう。

すみちゃん、この体験授業、私の定番分科会にしようと思っています。

いのっちさん、分科会では時間もなかったので、標準解答は聞きませんでした。課題@wikiにそのうち書きますね。

mayaさん、時間がとれずに新規入会者の登録ができていません。夏休み中にはなんとかやりたいと思っています。

maya-1maya-12011/08/16 13:17早速のアップありがとうございます。