Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2011-08-07第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京

[]第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第7回教室『学び合い』フォーラム2011 in東京 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20110808084802j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085045j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085318j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085546j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808085637j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090224j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090206j:image:w260:left

大会が無事に終わった。盛況で大成功だったと思う。主催者側ながら、すばらしいものだったと自画自賛していいのではないかと感じた。

理由は、参加者の頭の中がフルスロットルで回転していたんじゃないかと思えるからだ。『学び合い』をかじり始めた人、『学び合い』にどっぷりつかっている人それぞれが2日間で有機的に関係を作り、明日も生きていこうという元気を得て、子どもたちに元気を伝えようという気力を得て帰って行ったんじゃないかと思う。

それから、現地スタッフが、200人以上も参加する大会を、「自分が何をするべきなのか?」ということを考えてそれぞれ機能的に動いていたからだ。初めてのこんなに大きな大会運営で、しかも宿泊のとりまとめもしなければならないという中で、大きな混乱*1もなくスムーズに進行できていた。きっと回を重ねる度ごとに、運営首脳側が段取りを作り、仕事を振ることを覚えて、首脳はもっと当日は楽になる術をおぼえるんじゃないかな?

私が担当する分科会は2つあったのだが、どちらも適度に人が来てくれて、満足できた。2つ目の分科会の「国語体験授業」では、高田敏子の「水のこころ」という詩について、4つの課題を時間をおいて提示し、課題が変更されると、考え方や、情報交換がどのように変わるかということを体験してもらった。実は、参加者を実験台として、私が検証するということをしたかったのだ。

  1. この詩は何を伝えたいのか、みんながわかるように説明しなさい。
  2. 「水」を「人」に置き換えたときに、どのように意味が変化するか、それとも変化しないのか、みんながわかるように説明しなさい。
  3. 「水」と「水のこころ」、「人」と「人のこころ」の意味の違いは何か?みんながわかるように説明しなさい。
  4. 「水のこころ も」、「人のこころ も」の、それぞれの後に何が続き、どうしてそれが続くのかみんながわかるように説明しなさい。

f:id:F-Katagiri:20110808090034j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20110808090141j:image:w260:left

という課題を提示した。1.の課題はいわゆる丸投げ課題。4.の課題は、学習者がポイントを示せる課題である。4.の課題で、詩全体を読み取ることを意識し、これが一番取り組みやすかったという意見があったし、3.の課題で情報交換が活発になったという意見もあった。

国語の課題で私が目指しているものは、4.のようなポイントを示せる課題で、その文章全体を読み取る意識を持たせるというものだ。今回用意した課題がそれにはまってくれたので、嬉しかった。

id:ima-kiyさんに触発されて、ノートで『学び合い』をしかけようと思った。事の発端は、「どうして子どもたちは国語を暗記科目ととらえて、そのような学習をしてきたのに、高校入試ではそこそこ点数をとれている。しかし、私が授業で『著者の伝えたいことは何か?』という素朴な質問に対してシンプルに答えることができないんだろう?また、そんな中、模擬試験の点数をとらせるためには、どうやればいいんだろう?」というものだ。

問題演習を数こなすことにより、普遍化がなされているからいいんだ、とか、教科書の文章自体を教え込むことにより、標準的な論理展開を学ぶようになっているんだ、とか、いやそこまで教科書は体系化されていない、とか……高校国語が3人集まってあーだこーだと話していた。

そこでid:ima-kiyさんのノート指導に話が行き、私が、「そういえば、話し合いの中、ぴかりと光る意見を出す生徒がいるんだけれど、その意見がきちんと保存されず、テストの時には点数がとれない。」なんてことを思いついた。そうだ、ノート指導だ。ノートにつぶやきや、疑問や、質問をメモ程度に書き留めておき、それを交流させることで、ツッコミや解答や励ましなんかを書いてもらえば、知識の集積となり、または学習意欲の喚起となり、『学び合い』に繫がっていくんじゃないか?というものだ。

私はこういう研修会の講演を聴いている最中に、ツイッターでつぶやく。そうすると同じ事を聞いて、別の見方でつぶやいている人がいる。なるほど、こういうこともあるのかと気づく。中には、「講演中にツイッターでつぶやくなんて失礼だ。」と考える人もいるが、それは『学び合い』的ではない。『学び合い』はローカル発話を大切にしてきた。自然発生的に起こるローカル発話が学びを深いものにしているのだ。

ローカル発話(簡単に言えば「私語」)は、周りで講演を聴いている人の迷惑になるかもしれないが、ツイッターだったら、そんなこともなく、他の人の意見や感想を聞くこともできる。

授業中にツイッターで交流するということができればいいのだが、残念ながら日本の教室内で、今のところはそれが難しい。iPadが全生徒に支給され、無線LANが教室内に張り巡らされれば、それも可能になるんだろうけれど、数年内にそれができるとも思えない。

だから、かなりタイムラグが発生するが、ツイッターを紙上でおこなうという発想だ。夏休み中にノート記録について考えて、2学期からは実践だ。

*1:一番大きかった混乱は、プロジェクタの電源ケーブルが見あたらなくなったことかな?でも、ぎりぎりになって、発見されるというミラクルもあった。

maya-1maya-12011/08/08 10:42第1回からの発展ぶり、内容の深まりとその多様さに拍手です。ありがとうございました。

nome2733nome27332011/08/08 13:48実はフォーラム初参加でした!参加者でつくるフォーラムに参加できてとてもよかったです!心残りは共に勝利を味わえなかったことでしょうか…またよろしくお願いいたします。お世話になりました!

muikaramuikara2011/08/09 11:01分科会、とても勉強になりました。
私は1のような課題も、4のような課題も、無意識に設定していたことに気づきました。そして、1のような「丸投げ課題」の方が、高尚なんだと誤解していました。
ノート指導については、まだ私は、どうすればよいか、整理がついていなく、今後の課題です。

tm43919tm439192011/08/09 13:012日間、お世話になりました。ありがとうございました。
一番大きかった混乱・・・本当に申し訳ありませんでした。
ミラクルと言っていただき、幸いです。
今後とも、よろしくお願いいたします。

makiwarisanmakiwarisan2011/08/10 08:062つの分科会ともに参加させていただきました。フォーラムの歴史(?)がとてもよく分かりました。また、課題によって、考える内容が大きく変わることもよく分かりました。ありがとうございました。

sumi-chansumi-chan2011/08/14 01:29詩の体験授業、課題の出し方がそんなことになっていたのですね、、さすが片桐さん!
参加したかったです〜、、残念。。

hideki55hideki552011/08/14 03:56片桐さん、高田敏子の「水のこころ」という詩の国語の課題を四つご紹介いただき、参考になりました。
できましたら、それぞれの標準解答例などをお教えいただけませんか。
また、学び合い課題@wikiにこの課題の投稿をしていただけませんでしょうか。

maya-1maya-12011/08/14 07:06懇親会の2次会ありがとうございました。希望ですが、2月11日以降のこのグループへの加入者アップされいませんがお願いいたします。それともアップしないように変更されたのでしょうか?

F-KatagiriF-Katagiri2011/08/14 07:40muikaraさん、丸投げ課題でうまく行くクラスだったら、そっちの方がいいのですが、なかなか持って行くのが難しいです。ノート指導互いに情報交換しましょう。

すみちゃん、この体験授業、私の定番分科会にしようと思っています。

いのっちさん、分科会では時間もなかったので、標準解答は聞きませんでした。課題@wikiにそのうち書きますね。

mayaさん、時間がとれずに新規入会者の登録ができていません。夏休み中にはなんとかやりたいと思っています。

maya-1maya-12011/08/16 13:17早速のアップありがとうございます。

2010-08-06[フォーラム]第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目

[]第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20100806092358j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806092430j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806100500j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806103930j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806131342j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806132235j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806144832j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806153901j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806154459j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100806161546j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100807120041j:image:w260:left

昨日よりは多少過ごしやすい日だった。といっても33℃超は必至だったが。

初っぱな長尾彰さんがアイスブレイクをしてくれて、体と頭のストレッチ運動になった。その後パネルディスカッションで、「走れメロスの課題設定」を語った。私もパネリストとして参加した。

コナン型と古畑型の課題設定がある。どちらがいいというものではなく、目の前の子どもに応じて使うべきだということを話した。パネルディスカッションの宿命なのか、これからというときには時間が来る。

今回のフォーラムは『学び合い』初心者にはなかなかわかりにくいところがあったようだ。実践発表や子どもの動く姿を見せてほしいという意見があった。フォーラム全体を通じて課題設定がテーマだったからだ。これまでのフォーラムは実践発表が中心で、じゃあ、授業でどういう課題でやるの?という意見があったので、今回のフォーラムになったのだが、このパネルディスカッションの時間を使って、子どもたちの姿を見せる時間も入れた方が良かったかも知れない。

国語の課題設定を聞いても、自分は数学だから分からないという意見もあったが、『学び合い』は唯一、他の教科の実践からでも教科を学べる取り組みだと思っている。『学び合い』の考えが理解できてくると、教科は関係なくなってくるから不思議だ。

今日は模擬体験授業を担当する。中学国語古文「枕草子」「春はあけぼの」が題材だ。私は「清少納言が最も好きな季節をみんなが納得する理由を考えて説明しなさい。」という課題を作ったが、「これを超える課題を作りなさい。」というのがこの講座の目標だ。

グループ分けをしたのだが、「今はまだ単なる『グループ』だけれど、これが「チーム」になるように、話し合って課題を作ってください。と言ってあとは全てお任せをした。

グループを観察していると、初めはどうすればよいのか分からない試行錯誤の状態、そして「こんなのできるのか?」とか、「こんなの分からないよ」という他責の状態になる。しかし、だんだん「自分たちで何とかしなければ」というように変化し「チーム」と変わっていく姿がどこにでも見られた。面白い。

私が担当したチームCは、「清少納言が書きそうな文をみんなが付け加える。」というもの。チームDは、「春夏秋冬を清少納言が好きな順にランキングする。」というものだった。どちらもすばらしい課題だった。

生徒役のチームを観察すると、さっと頭が集まり、互いに何をやっているのか素人情報交換していた。ほとんどが『学び合い』初心者の方々ばっかりだったが、『学び合い』を体験していた。そして面白いのが、課題を考えていた1時間半ぐらいの時間でじっくり「春はあけぼの」を読んでいたはずなのだが、この模擬授業の20分間で、今まで気づかなかったことがどんどん出てきているのだ。課題作りのおもしろさはここにある。文章にある一定の見方を与えられることで、その文章から読み取れなかったことが浮かび上がってくるのだ。国語はこれがあるから面白い。

実は私が担当したチームの中に、私の長男の小学校の先生がいらっしゃった。9月から『学び合い』で授業をしてもらえそうな雰囲気だ。ワクワクしてくる。

この時間いっしょに参加した長男は、理科の授業に参加した。ちょうど4年生の「ものの温まり方」の授業だ。実験器具があって、アルコールランプもある。銅板に色を塗っていたから、「どうして色を塗っているの?」と聞いたら「色が変化して、熱がどうやって伝わるか分かるように。」とはっきり答えていた。うーん、『学び合い』恐ろしい。自分が何のためにやっているか、ぼんやりさんの長男でもちゃんと答えることができる。

今回のフォーラムは参加者から運営まで全てが『学び合い』を体験できたと思う。『学び合い』でありながら、それを伝えるのが一斉授業のような「知識注入」ではいけない。本末転倒だ。情報を伝える、物事を考える最もよい方法が『学び合い』であるという考え方なのに、それを伝える方が知識注入をしているのは矛盾している。

模擬体験授業の参加者は、『学び合い』をしながら情報交換をしながら、課題を考え、模擬授業をおこない、そして子どもの立場になって『学び合い』をおこなう。

運営は、「目標はこれです。さあ、どうぞ。」と時間と機会を確保し、みんなが動き出したら、いろいろなところを観察して、どんな学びをしているのか情報収集をする。

こんな研修会が日本のどこにあるだろうか?「教える側」「教わる側」の垣根が全くないのだ。今回のフォーラムは名実ともに『学び合い』であった。

新潟で開催されるフォーラムは、とりあえず今年でお休みだ。次回は関東で開かれる。その次は?未定だが、毎回ほぼ半年以上の準備時間をかけ、夏のフォーラムに向けて頭を悩ましてきた。しかし、それがぽっと抜けてしまうのは、なんだか寂しい気もするが、もちろん次回の関東開催でも運営として関わる。関東で開催することでこのフォーラムがもっともっと知られることが期待できるのだ。

ちょっと感慨深くなったので、最後に集合写真を撮った。考えてみれば、運営で集合写真を撮ったのは初めてかも知れない。上越から来ていただいた、上教大院生の皆さん、ありがとうございました。いろんなことに気づいて、声をかけてくれて、自分たちで動いてくれて、もう、何も言うことはありません。すばらしいチームになっていると実感しました。新潟組は数名でしたので、この数名だけでは運営なんてできませんでした。きっと『学び合い』ができたんじゃないかと思います。研究に活かしてください!いい研究を期待しております。

余談だが、今回は平日開催でよかった。いつもは休みの日に開催して、放心状態で勤務日を迎えた。今回は土・日ともにゆっくりと休めた。さすがに今日は午後8時には眠くなってうつらうつらしてしまった。この開放感はすがすがしいなぁ。

実行委員長の大島さん、実行委員の水落さん、うちあげいつしますか?

ybhdv7ybhdv72010/08/06 10:47いい感じですね!
来年は参加します!!

F-KatagiriF-Katagiri2010/08/06 18:29またお会いしたいです。いや、今度はお会いしに行きます。
来年は新潟開催じゃないかも。再来年はひょっとしたら大阪開催?

abematuabematu2010/08/07 13:33お疲れ様でした。
少し疑問を投げかけてみます。
およそ、『学び合い』で授業を行おうとするのでしたら、コナン型ではなくて、古畑型でないといけないのではないでしょうか。
このあたり、はっきりさせておかないと、『学び合い』推進者の片桐さんがどちらででもよいと話したということになって現場が混乱しませんでしょうか。
それとも、片桐さんは、コナン型で『学び合い』ができると思っていらっしゃるのですか?わたしは無理だと思っているのですが。

bunbun-hbunbun-h2010/08/07 14:46ご盛会おめでとうございました。そして、お疲れ様でした。
来年度は関東での開催とのこと。
日本の辺境の地に暮らす者にとっては、関心を持つ人がより気軽に出向くことができるのは関東での開催だと思います。

F-KatagiriF-Katagiri2010/08/07 19:02あべたかさん、コナン型で『学び合い』は無理だとは思いません。『学び合い』に型はありません。ただ、初期段階では古畑型のほうが取り組みやすいです。コナン型では『学び合い』は無理だとすると、子どもたちだけでコナン型を追求することは不可能ということになり、子どもたちの能力には限界があるということを認めることになりますよ。そんなことはないでしょう。
みんなで1つの答えを追求して行くことも十分できると思います。実際授業でやっていますし。

bunbunさん、来年にご期待ください。きっと度肝を抜かれますよ。

ima-kiyima-kiy2010/08/07 21:47bunbunさん、来年にご期待ください。度肝を抜きますよ。

bunbun-hbunbun-h2010/08/07 21:55おー、ダブルで来ましたね。
来年を待たずとも、すでに私は度肝を抜かれております。(余地能力があるもので、私。「予知」でした。)

abematuabematu2010/08/07 22:19片桐さん。
申し訳ございません。
わたしの頭の堅さが原因ですね。
わたしには、コナン型の『学び合い』がどうしてもイメージつきません。
コナン型という「定義」自体もしかしたら、片桐さんとわたしとでイメージが違うのかもしれませんね。
わたしが考えるコナン型とは、授業のその都度、教師が「後出しじゃんけん」のように、課題を達成するための材料その他を出していく(つまり、謎を解くための材料をチョコチョコ出していく)というものです。
これでは、子どもたちは、教師が新たに出す材料やネタを待たねばならず、自分たちで『学び合い』をしていくことができなくなると思うのです。

ここまで書いてきて、勝手に予想するのは、
わたしが考える、というか、理想とする『学び合い』と片桐さんが想う『学び合い』が異なるということか、
最初に書きましたとおり、コナン型の「定義」が異なるかだと思いました。
いかがでしょうか。

この、
「子どもたちだけでコナン型を追求すること」
の意味がよくわからないでいます。
そんなこと無理やン!って思うのですけど。
やっぱり、コナン型のとりかたが違うように思うのですけどね・・・。

twoyoshitwoyoshi2010/08/07 22:59ありがとうございました。高校部会について今後ともよろしくお願いします。

F-KatagiriF-Katagiri2010/08/08 05:39あべたかさん、コメントありがとうございます。「コナン型」の定義が2人で違っているようです。私は、「コナン型」というと、子どもたちがコナンになるものだと思っていました。「古畑型」も子どもたちが古畑になっているから。

でも、きっとあべたかさんの方が昔から使っている言葉ですので、「コナン型」というのは、教師がコナンになり、子どもたちは謎解きを周りで聞いている人という定義で使われていた言葉なんですね。ひょっとしたら「古畑型」もそんな感じですか?

そうだったらこれから『学び合い』において「コナン型」「古畑型」は使えず、別の言葉にしないとなぁ。「コロンボ型」と「アガサ・クリスティ型」……って、子どもたちに分からないだろうなぁ。

F-KatagiriF-Katagiri2010/08/08 05:40twoyoshiさん、お疲れ様でした。次回フォーラムに高校分科会のブース作りましょう!

abematuabematu2010/08/08 06:44片桐さん。
定義の違いだと言うことがはっきりして嬉しかったです。
この「コナン型」「古畑型」を言い出したのは、わたしの記憶では池田修さんだと思っています。
池田さんが、何かの拍子にいつものぶっとんだ発想力で目の前でそう言ったのを覚えています。
ただし、わかりやすいと思う例えも、人それぞれによってとらえ方が異なるとすれば、やはり、別な言い方で説明するか、使う前に定義を説明してから使うような形にしないといけませんね。
ありがとうございました。
わたしの変なこだわりにつきあってくださってありがとうございました。

F-KatagiriF-Katagiri2010/08/08 09:53あべたかさん。
了解しました。なるほど、「古畑」「コナン」は教師がなるものという前提で使われていたのですね。子どもたちは視聴者、または犯人は誰かをしらない登場人物という設定だったんですね。

『学び合い』では、子どもたちが「古畑」、または「コナン」になるということを付け加えたいです。

o4dao4da2010/08/08 11:55あねべたかさん、かたぎりさん、わくわくいながら読ませていだきました。ありがとうございました。

abematuabematu2010/08/08 20:48
片桐さん。

>『学び合い』では、子どもたちが「古畑」、または「コナン」になるということを付け加えたいです。

うーん、こだわりが強すぎてすみません。
わたしの「定義」では「視聴者=子ども」という視点で「古畑」「コナン」の番組を見ると考えればいいのかと思っています。

以下、現時点での自分の考えを書いてみました。参考にしてもらえましたら幸いです。
http://manabiai.g.hatena.ne.jp/abematu/20100808/1281267866

2010-08-05第6回教室『学び合い』フォーラム2010 2日目

[]第6回教室『学び合い』フォーラム2010 1日目 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 1日目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20100805105453j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805123752j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805133917j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805152427j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805153604j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805160410j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805182030j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805182147j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20100805203529j:image:w260:left

とてつもなく暑い日の熱いフォーラム1日目だった。これは大げさでも何でもなく、準備している午前中に昼食をサークルKに買いに行くために外に出たら、後頭部を直撃するような暑さを感じた。フォーラム開催日って雨にたたられた記憶がないんだけど、フォーラム日は晴れの特異日?

そして会場内もエアコンぎんぎんにかけていたはずなのに、長尾彰さんの講演会と模擬体験授業で室温はどんどん上昇していった。汗だくだく。

長尾彰さんの講演会「学び合う教室の作り方」では、チームの成熟段階を順を追って説明してくれた。これは学校のクラスでも、家族でも、Jリーグチームでも当てはまることだ。なるほど、なるほどと思いながら聞いていた。

その後それをゲームをすることで体験した。16名ぐらいの「チーム」となり、全員が手をつないで輪になり、フラフープを[チーム人数×1秒]以内でくぐり抜けるというもの。自分の心理変化だが、目標が与えられると、初期段階は他人に責任を求めてしまうが、次には自分たちでやらなきゃ!と考え、どんどんアイディアを出す。そしてトライして、励まして、達成すると賞賛する。まさにチーム形成の過程をたった20分で形成できた。

「チーム」と「グループ」の違いを考えさせられ、なるほどと思った。「チーム」はメンバーが目的を共有することで生まれ、「グループ」はメンバーの構成理由が個々のメンバー内にあるため、目が外に向くことがないものと自分はとらえた。

「グループ」は「チーム」に変化するし、その逆もある。


模擬体験授業は初めての試みで、大会場5つにわかれて、各教科で同時進行的におこなった。これもかなり活気があって楽しい。なかなか試行錯誤でやっている部分もあって時間の確保がうまく行かなかったところもあった。しかし、「グループ」になり、課題を作り最終的にはそのグループが「チーム」になったところもあった。

2日目は私が模擬体験授業を担当する。みんなが「チーム」になれるようにファシリテートできたらいいんだけれど。

懇親会は言わずもがなで盛り上がった。今年は私は意識して沢山の県外の人と話そうと思った。県外からわざわざ新潟まで来てくれて、懇親会まで参加してくれているのだ。強い思いがあって参加してくれているはずだ。その人の話を聞かずしてなんとする。

それから長尾彰さんにアルビレックス新潟が強く、いいクラブになるためにはサポーターとしてどうすればいいのかを聞いた。なるほど。アルビレックス新潟の目標はJリーグ3連覇だ!

毎年のことながら、懇親会ではJリーグ談義ができて楽しい。今年は熱烈なFC東京サポの方が参加してくれていた。ビッグスワンにも何度も足を運んでいるそうだ。今年は私も味スタに行くぞ。


長男が準備から参加してくれた。担任の先生が来てくれるというのもあって、参加させた。沢山の大人に囲まれて、緊張気味だったが、受付の準備の仕事をやったり、写真係になったり、仕事をこなしてくれていた。部活動があったため途中で退席したが、2日はまるまる参加して、模擬体験授業も参加させるぞ。

2010-08-04ライブ配信予定

[]ライブ配信予定 ライブ配信予定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ライブ配信予定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ライブ配信予定 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今年はユーストリームでライブ配信を予定しています。また、ツイッターで、会場にいる方、会場に来られない方がつぶやいて、それをフィードバックしようと思っています。

できるかどうか、前日準備の今日、試してみます。

ライブ配信予定

http://www.ustream.tv/channel/manabiai-live

ツイッターハッシュタグ

 #manabiaif

 参加者も、ライブ閲覧者もみんなでツイートしよう。講演会、パネルディスカッションにおける質問、ツイートでも受け付けます。

※以上のことは会場のインターネット環境に左右されますので、確実に常時上記サービスを提供できないかもしれません。インターネットトラブルの場合はご了承ください。

[]準備完了 準備完了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 準備完了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 準備完了 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

前日に集まれたのはほぼ昨年と同じメンバーだった。今日も休みを取って集まるのはなかなか難しいよな。

例年のように会場準備をして、パソコンのチェックをして、配付資料の袋詰めをする。これを6年繰り返しているのだ。そして大会前は緊張してなかなか睡眠に陥ることが難しいから、大会中は寝不足のままハイテンションでわけの分からないまま嵐のように過ぎていくのも例年のことだ。今回も今、2時に目が覚めてなかなか寝付けないでいる。

今回は紙メディアに対する広報を全くしなかった。新聞や、自治体の広報誌への依頼は今までの経験上あまり効果がなかったのだ。しかし新たな取り組みとして、Google AdWordsを使った。

Googleでキーワード検索したときに上や右に出る広告だ。クリックして http://manabiai.jimdo.com/ を見てくれる人がけっこういる。毎日コンスタントに閲覧してくれた。これを使ってホームページを見て申し込んでくれた人がどのくらいいたかは分からないけれど、確実にホームページを見てくれるので、じつはリアルなダイレクトメールよりも費用対効果は高いのではないか?と思う。広告費は6,800円になったが、うち5,000円はGoogleから来たお試し無料券でまかなえた。

今回、会場のSTEPのご厚意で、インターネット接続ができ、それを使ってUstreamでライブ配信ができることになった。そしてツイッターを常時会場に表示する試みもおこなう。

問題なのは、WindowsPCの画面を投影する場合、Internet Explorerでツイッターを表示すると文字が大きくならないのだ。他のwebサイトは文字の拡大で大きくなるのに……。どんなにプロジェクターを離しても、近くに寄らないと文字が読めない。Macだったら、拡大表示はお手の物だけれど、WindowsPCはやっかいだ。でも何とか調べて拡大するように設定するつもりだ。

こういうイベントは準備段階が一番ワクワクして楽しい。イマキヨさんと水落さんと来年のフォーラムについて話ながら前夜祭をした。まだ今年のフォーラムが始まっていないのに、来年の話をする。楽しいんだな、これが。鬼はもう笑っているだろうけれど。

いかん、早く寝なければ。あと2時間は睡眠時間をとりたい。

2010-07-23学び合い』大阪の会PV作ってみました。

[]『学び合い』大阪の会PV作ってみました。 『学び合い』大阪の会PV作ってみました。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』大阪の会PV作ってみました。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 『学び合い』大阪の会PV作ってみました。 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

静止画をスライドにしてみました。

許諾が取れていないので、ユーチューブには載せられませんが、ダウンロードして閲覧できます。mp4を見られるソフト(例:Quik Time)がないとダメですが……。

http://dl.dropbox.com/u/322523/%E7%AC%AC%EF%BC%92%E5%9B%9E%E3%80%8E%E5%AD%A6%E3%81%B3%E5%90%88%E3%81%84%E3%80%8F%E5%A4%A7%E9%98%AA%E3%81%AE%E4%BC%9A.m4v

関係者の方、ご覧になってください。

MizuochiMizuochi2010/07/23 20:30いいね~!
オリジナリティーを感じます!!^^

sumi-channsumi-chann2010/07/25 11:46え〜、すごい!!
これ、どうやって作るんですか?
あと、時間はどのぐらいかかりますか?
(過去記事にアップ済みでしたら、すみません)

F-KatagiriF-Katagiri2010/07/25 20:38Macユーザーのsumi-channが何言っているんですか。iMovieで簡単にできますよ。正味2時間ぐらいでしょうか?

sumi-channsumi-chann2010/07/26 00:15あれ〜、ほんとですか!(@_@)
iMovieって触って事ありません。試してみますっ。

manabiai-osakamanabiai-osaka2010/07/29 21:20こに~です。
素敵な映像ありがとうございます。
早速大阪『学び合い』の会のブログの紹介で使わせていただきます。

F-KatagiriF-Katagiri2010/07/30 05:51こに〜さん、気に入っていただいて嬉しいです。音楽にスライドの切り替えを合わせるだけで、カッコイイのが作れますよね。

2010-03-30第6回教室『学び合い』フォーラム2010

[]第6回教室『学び合い』フォーラム2010 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

プロモーションビデオを作成しました。

御覧ください。

sumi-chansumi-chan2010/03/30 19:30す、す、す、すごーーーーーーーーーーい!!!

mitaka2mitaka22010/03/30 20:22かっこいいですね。
思わず、申し込みFAXを送信してしまいました。

F-KatagiriF-Katagiri2010/03/30 20:49sumi-chan、ツイッターでのプロモーション、ありがとう。

mitaka2さん、申し込みありがとうございます。みなさん、申し込み絶賛受付中です。

katokiti2003katokiti20032010/03/30 22:25すごすぎる…(^^;)
4月と6月のチキチキで流させてくださいm(_ _)m

MizuochiMizuochi2010/03/31 10:09傑作です!ありがとう!!^^
こぢんまりとした第1回、懐かしいですね!
今の全国への広まりが夢のようです。

2010-02-28フォーラムの内容

[]フォーラムの内容 フォーラムの内容 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - フォーラムの内容 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 フォーラムの内容 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

先日打ち合わせて、ほぼ内容が固まった。

注目は「模擬体験授業」です。参加者みんなが子ども役になり、教師役になり、いろんな立場で『学び合い』を考えます。とにかく自分で動いてみないと『学び合い』は分かりません。

学び合い』を知らない方も、興味を持っている方も、ベテランの方も、どなたでも体験していろんなことにチャレンジしてみましょう。本当の教室ではできないことでも、フォーラムでやってみて、「失敗」することも重要です。

「こんなこやってみたいな。」と思っても、なかなか失敗をおそれて勤務校ではできないこともあります。しかし、模擬体験授業でやってみれば、それは失敗なのか、いらない心配だったのか、分かります。

いかがでしょう?

詳細はhttp://manabiai.jimdo.com/第-回-2010/:title=こちら]

また、「全国『学び合い』の会の報告」を閉会行事でおこなう予定です。そこで各地の様子を30秒〜1分程度の動画で紹介しようと思っております。動画を作成して送っていただけないでしょうか?私までメールでご連絡ください。



●内容(1日目)12:00〜受付 NSG学生総合プラザSTEP大研修室前

12:30

開会行事

 

学び合い』課題の提案(1)

国語・算数・理科・社会・英語などの『学び合い』授業の課題を提案)

13:30

模擬体験授業(1)

国語・算数・理科・社会・英語)  教科ごとに数グループに分かれて、『学び合い』課題を考え、互いに授業者役、学習者役となり授業を体験します。

15:30

講演会

講師:長尾彰さん(している株式会社 取締役)

18:00

シンポジウム

●内容(2日目)9:00〜受付 NSG学生総合プラザSTEP大研修室前

9:30

パネルディスカッション

 「走れメロス」の『学び合い』課題設定について

11:00

学び合い』課題の提案(2)

国語・算数・理科・社会・英語などの『学び合い』授業の課題を提案 ※1日目の内容とは別内容になります。)

12:00

昼休み

13:00

模擬体験授業(2)(国語・算数・理科・社会・英語)

 教科ごとに数グループに分かれて、『学び合い』課題を考え、互いに授業者役、学習者役となり授業を体験します。

 1日目と同じ教科または違う教科、どちらでも参加できます。

15:30

閉会行事

 全国『学び合い』の会の紹介

 フォーラムの感想

 閉会の挨拶

 

2009-12-29第6回教室『学び合い』フォーラム2010

[]第6回教室『学び合い』フォーラム2010 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第6回教室『学び合い』フォーラム2010 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

詳細は水落さんのブログに書かれてあるとおりですが、今までとかなりパワーアップしている点を書きます。

  • 実行委員長がid:t-oshimaさんに世代(政権?)交代!

 年寄りが仕切っていては、魅力がなくなりますよね。

  • 授業の課題設定の実体験がメインです。

 人の話を聞いて、議論するのではなく、実際に教科の課題をみんなで考え、みんなで授業し、みんなで体験する内容です。

  • 他地域とのコラボも検討

 九州や中国地方、北海道、ハンガリーとも繋がれたらいいなぁ。

詳細が決まりしだい随時こちらに掲載します。

f:id:F-Katagiri:20091228155713j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20091228155356j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20091228155351j:image:w260:left

MizuochiMizuochi2009/12/29 13:09私も表の仕事は今回で最後にしたい、なんてことを考えてます。。。^^;

F-KatagiriF-Katagiri2009/12/29 15:21水落さん、下越の方でも若い実践家がどんどん増えてきているので、これからが楽しみですよね。

toshimtoshim2009/12/30 12:01びっくりした~
本当に私が実行委員長なんですね。
何かの冗談かと思っていたのに(笑)。



これから夏までやきもきします。

F-KatagiriF-Katagiri2009/12/30 13:19もちのろんです。いろいろ指示して下さいね。最新情報のweb更新は私がやります。実行委員長の主の仕事はやきもきすることと、実行委員へのいろんな提案です。これまでにない新しいことを期待しています。

2009-08-17なんのために?

[]参加者の声 参加者の声 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 参加者の声 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 参加者の声 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

こちらにアンケートで頂いた参加者の声をアップしました。お読み下さい。

あんなにたくさん参加する大きな会なのに、アットホームな感じがいいなぁとアンケートを読んでいて改めて思いました。


そうそう、江口歩さんに女の子が13日に誕生したそうです。おめでたいことです。ミクシーでブログを書いていらっしゃいますが、会員だけが閲覧できるのかな?

ybhdv7ybhdv72009/08/17 17:28アップありがとうございます!
昨日のことのように懐かしく感じます。

F-KatagiriF-Katagiri2009/08/17 20:40お楽しみください!

2009-08-03『学び合い』は手段か目的か?

[]動画アップ 動画アップ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 動画アップ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 動画アップ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ネット中継をした一部のビデオを保存しましたので、御覧になれます。

フォーラムのページより御覧になってください。

o4dao4da2009/08/03 13:00なるほど,環境ですか。目的の下地ですね。
フォーラムありがとうございました。大変多くを学べました。

ybhdv7ybhdv72009/08/03 15:232日間ありがとうございました!
様々な方と悩みを共有できる、このフォーラムはすごい環境です。
今回学ばせていただいたことを、今後の行動で結果をだします!

take1_No12take1_No122009/08/04 05:27たいへん世話になりました。2日目からの参加でも、たくさん学ぶことができました。長野とも埼玉とも群馬とも全く違う熱さを体験できました。ありがとうございました。

zeromacmanzeromacman2009/08/04 05:56 新潟ではお世話になりました。
『学び合い』は文化である、
そう考えるとスッキリしますね。
ありがとうございます。
来年、ビックスワンでモンテの応援ができるといいのです。

twoyoshitwoyoshi2009/08/04 10:44片桐さん、二日間ありがとうございました。あまりゆっくりとお話しすることができませんでしたが、西川研の先輩として、また『学び合い』の先輩として、伺いたいことが山のようにあります。
目的、方法の話ですが、私は『学び合い』は機能的要素が強いので、多くの方々がおっしゃるようにどちらの要素も含んでいると思います。

m‐yukikom‐yukiko2009/08/04 11:07急な参加でしたが、大変刺激を受けた1日でした。多くの方の教育に対する熱い気持ちに触れて、日々の忙しさを解消できました。『学び合い』はプールの水みたいなもの。なるほどと思いました。

katokiti2003katokiti20032009/08/04 17:39動画アップの件、ありがとうございます。
さっそく嫁さんに紹介しました。
詳しい反応はもう少しあとで…

D902iD902i2009/08/04 23:11フォーラムではお世話になりました。毎年,熱気が高まっているように感じます。来年は,新潟県人としてもっと貢献していきたいと思います。
よろしくお願いします。

mitaka2mitaka22009/08/16 16:55フォーラムには参加できませんでしたが、生中継をして下さったり、youtubeへの動画をアップして下さったりと、先生のおかげで、なんとか2学期を迎えることができそうです。ありがとうございます。

F-KatagiriF-Katagiri2009/08/16 18:11mitaka2さん、今日動画をまたアップしましたので、検索してみて下さい。