Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-06-14哭声(コクソン)

[]哭声(コクソン) 2016 韓国 哭声(コクソン) 2016 韓国 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 哭声(コクソン) 2016 韓国 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 哭声(コクソン) 2016 韓国 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

高田世界館で鑑賞。せっかくだから300円を払って会員になった。そうすると,200円引きで映画が見られる。しかも,今月は誕生月だからさらに200円引きになり,1,100円で見られた。早く知っていれば良かった。

哭声(コクソン)は,韓国映画で,國村隼が裸で野山を駆けまわって鹿の生肉を食らう映画。どんな映画なんだろう?と思っていたが,ジャンルはホラー映画。上映期間が2週間で,あっという間に終わってしまうから,急いで観に行った。

観客は私1人。確か他にも1人女性がいたはずだが,いつの間にかいなくなっていた。

ある村に移住してきた日本人として國村隼は描かれている。國村隼がその村に来たから,不可解な猟奇的な殺人が起こり,國村隼は悪魔なんじゃないか?という推測の元,人のよいちょっと抜けている警察官が捜査していく。

単に日本人への排斥への気持ちを映画にしているのか?と思いながら見ていたが,そうでもない。途中國村隼への感情移入をしてしまう場面もあるが,また,それだけでも無い。映画を見ている観客が,様々な登場人物に対し,様々な感情を抱いていく。さっきまで警察官の言っていることを信じていたのに,今度は悪魔祓いの言うことを信じている。この心理変化を体感できる映画だった。こんな映画日本にあったか?

よくある映画は,ある登場人物(主に主人公)に初めから最後まで感情移入させ,その登場人物の感情の変化を観客が体感するというものだ。ほぼ初めから最後まで主人公の味方(見方)で映画を観ていく。

ところが,この映画は何が本当なのかわからない。そこで「信じる」ということのもろさを体感できる。いやぁ,韓国映画すごい。絶対にテレビで放映されない映画。映画作りの強さを感じる。

以下はネタバレなのでクリック

続きを読む

2017-06-10第36回 先生のためのとっておきセミナー 愛と勇気のチカラ のお知ら

[]第36回 先生のためのとっておきセミナー 愛と勇気のチカラ のお知らせ 第36回 先生のためのとっておきセミナー 愛と勇気のチカラ のお知らせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第36回 先生のためのとっておきセミナー 愛と勇気のチカラ のお知らせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 第36回 先生のためのとっておきセミナー 愛と勇気のチカラ のお知らせ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「社会人として生きる力」を育てる授業・学級集団づくり

~小・中・高校を通じて必要な資質・能力を語り合う~

4月に東京で開催し,たくさんの熱意のある方々と熱い議論を交わした会を,新潟でも開催します。私は「高校現場から」という立場で提案します。新潟であの会を開催できるなんて,楽しみです。高校現場の方は是非来てほしいです。高校の先生たちって,あんまりこういう内容に触れる機会がないと思いますから。

申し込みは 以下よりURLよりお願いします。

http://kokucheese.com/event/index/467537/

 次期学習指導要領の施行に向けてカウントダウンが始まりました。次期学習指導要領では,これまで「学力」と呼んでいた子どもたちに必要な力を,「資質・能力」と呼びます。これは,子どもたちを「学校だけでうまくやれる人」にするのでなく,実社会で自らの幸せを創り,世の中に貢献することができる社会人の育成をねらっているためです。

 しかし,実際の教育現場では,小・中・高や大学の各校種がそれぞれに努力はしていますが,互いの教育の現実を知らなかったり,連携が進まないでいる現状があります。私たちは,子どもたちが社会で自らの幸せを創り出していけるようにするためには何をしたらいいのでしょうか。観念的な議論ではなく,具体的な授業づくりや学級集団づくりを通して考えてみませんか。

 本セミナーの内容は,4月に東京で「資質・能力研究会」として実施した内容をさらにバージョンアップして新潟の「愛と勇気」で実施します。前回は,各校種の実践の在り方や教師の考え方の違いが大きくクローズアップされ,かなりの衝撃が走りました。きっと参加者の皆様に,これからの何かを指し示すことと確信いたします。

 今回は講師に、小学校:阿部隆幸・松下崇,中学校:海見純・堀川真理,高校:片桐史裕・柴崎 明と豪華な講師陣をお迎えし,コーディネーターを赤坂真二がつとめます。

 たくさんの皆様のご参加お待ちしております!!!

1.日時 平成29年6月10日(土) 10:00~16:45 (会場準備9:00~ 受付開始9:30~)

2.場所 公益財団法人新潟県体育協会 新潟県健康づくり・スポーツ医科学センター

     〒950-0933 新潟市中央区清五郎67-12 デンカビッグスワンスタジアム内 

3.参加費 3500円

4.申し込み こくちーずHPよりお申し込みください。

http://kokucheese.com/event/index/467537/

5.セミナーの内容

 10:00~10:15 趣旨説明 赤坂真二

 10:30~12:00 講座 「小学校の授業・学級集団づくりから迫る資質・能力(仮)」

          阿部隆幸  松下 崇


    <昼休憩>

 13:00~14:30 講座 「中学校の授業・学級集団づくりから迫る資質・能力(仮)」

          堀川真理  海見 純

 

 14:40~16:10 講座 「高校の視点から語る生きるために必要な資質能力(仮)」

          片桐史裕  柴崎 明

              

16:20~16:50 リフレクション 赤坂真二

6.全体を通して

 講座の内容、順番は、こくちーずHPで随時更新していきます。また、都合により当日、変更になる場合があります。ご了承下さい。


7.講師

阿部 隆幸

1965年福島県生まれ。27年間の小学校教諭を経て,現在,上越教育大学教職大学院准教授。授業づくりネットワーク副理事長。 授業づくりと学級づくりに「民主的」空間の環境設定をしながら,いかにして自立への基礎を育んでいくかを日々模索している。

【著書・共著】「成功する『学び合い』はここがちがう!」(学事出版),『協同学習でどの子も輝く学級をつくる』(学事出版),『活用探求力を鍛える社会科“表現”ワーク小学校編』(明治図書)他多数執筆

松下 崇 横浜市立小学校教諭

1979年横浜市生まれ。横浜市小学校教諭。「教室に自治を!!」を合言葉に,2013年より自治的能力向上研究会を仲間と共に結成し,活動。自身も悩み苦しむ若者のひとりであったが,学級づくりを中心に学び続け,学校現場で日夜全力投球中。

【著書・共著】『自治的集団づくり入門』,『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり6年』,『担任がしらなければならない学級づくりの仕事12か月・小学校高学年』(いずれも明治図書)他多数執筆

海見純

1972年富山県生まれ。富山県公立中学校教諭。2009年より寺崎賢一氏が主催する富山国語研究サークルに所属(現「富山ことのは」の前身)し,研鑽を積む。2013年に上越教育大学の赤坂真二氏の研究室に短期の内地留学で所属し,学級づくりについて学んだ。

【著書・共著】『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 中学3年』,『学級を最高のチームにする極意 アクティブ・ラーニングで学び合う授業づくり 中学校編』(いずれも明治図書)他多数執筆

堀川真理

新潟市立中学校教諭。カウンセリング・ワークショップのサークル「サイコドラマ新潟」を主宰。学校心理士。全日本カウンセリング協議会認定2級カウンセラー。真の感情を子どもにまっすぐに伝える真理流生徒の付き合い術。その愛と情熱によって、頑なに心を閉ざしていた子どもが変わっていく。

著書に「対話でつむぐ 愛と勇気の生徒指導」「相談活動に生かせる15の心理技法(共著)」「若手教師の力量アップ術(共著)」他多数。

片桐史裕

1966年新潟市生まれ。上越教育大学教職大学院准教授。高校教師時代の2002年から2年間上越教育大学修士課程に内地留学し,全国の現職・学卒院生とともに学ぶ。そこで小学校,中学校の学級づくりの実践に触れ,高校現場に戻って取り入れる。朝の読書,群読,『学び合い』なども実践する。2016年4月から現所属。学びの過程でのつまずき解消の仕方を研究する。

【著書・共著】『学級を最高のチームにする!365日の集団づくり 高校』(明治図書),『教室で楽しむ群読12ヵ月【高学年編】』(高文研)他多数執筆

柴崎 明

1984年東京都生まれ。横浜市内私立中高一貫校英語科教諭、成蹊大学教職課程交流研究委員。2009年より教員と教員志望のためのサークル Tサークルを主催し、都内にて勉強会を開催している。これまでサークに参加した教師は約200人。音読やペアワーク、発表活動を多用する授業で、世界を舞台に活躍する人材の育成に尽力している。

【著書・共著】『子どもを育てる学級づくり 成功する自治的集団へのアプローチ』 (明治図書)、THE チームビルディング、THE 協同学習 (「THE 教師力」シリーズ)(明治図書)、『学校の先生はじめました』(一ッ橋書店)ほか

赤坂真二

1965年新潟県生まれ。上越教育大学教職大学院教授。学校心理士。19年間の小学校勤務では,アドラー心理学的アプローチの学級経営に取り組み,子どものやる気と自信を高める学級づくりについて実証的な研究を進めてきた。2008年4月から,即戦力となる若手教師の育成,主に小中学校現職教師の再教育にかかわりながら,講演や執筆を行う。

【著書】『スペシャリスト直伝! 主体性とやる気を引き出す学級づくりの極意』(明治図書),『先生のためのアドラー心理学―勇気づけの学級づくり』(ほんの森出版),『“荒れ”への「予防」と「治療」のコツ―学級づくりの基礎・基本』(日本標準)他多数執筆

2017-06-09人間万事塞翁が馬

[]人間万事塞翁が馬 人間万事塞翁が馬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人間万事塞翁が馬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 人間万事塞翁が馬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

金曜日,新潟絵帰ろうとバスを待っていた。ふと思い立って,明日話す内容のプレゼンが入ったiPad,鞄に入れたかな?とトートバッグを覗いたら無い!

研究室においてきたんだと思って,到着したバスを尻目に,アパートに戻り,自動車に乗って大学に向かった。これがなければ明日何も話せなくなる……。

運転の途中で,あ,いつものトートバッグに入れないで,セカンドバッグに入れたんだったと気づく。トートバッグの中に荷物が多いから,バスの中で取り出すのが大変だから,セカンドバッグに入れたんだった。

がっくりとして,アパートに引き返す。次のバスまで50分ほどあるから,アパートで本を読んで時間をつぶしていたら,ふと気づいた。そういえば,洗濯物を外に干していたんだ。

あのままバスに乗って新潟に帰っていたら,洗濯物は次の日の雨でずぶ濡れだった。

2017-06-07授業の見方

[]授業の見方 授業の見方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業の見方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業の見方 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

本日1年生の担任のクラスの授業があった。来週初めて観察実習に行くそうだ。みんなが観察実習で何をポイントに見たいかを言い合った。児童への声がけ,課題が終わっている人と,まだの人をどう教師が扱うか?など,いろいろ出た。

最後にアドバイスを求められた。

みなさん,教室の後ろにへばりついて教師の顔や黒板ばかり見ていちゃだめですよ。教室の前に行って,子どもたちの様子を見るんですよ。教師の話していることは教師の顔を見なくても聞こえます。その言葉にどう反応するかは子どもたちの表情を見なければわかりません。

ぜひ,前に出るのが恥ずかしかったら,教室の脇の方に行って,子どもたちの顔が見えるところまで出て下さい。そうすると,「あの学生,やるな〜。」と思われますよ。

こんな授業の観察の仕方,現職教員でもできない人は多い。特に高校教師。

2017-06-03ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス

[]ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「リミックス」とあったので,1作目の焼き直しなのか?と思いきや,全く違って,原題は「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2」であった。日本の配給会社,紛らわしい名前付けるなよな〜。

中1の次男が興味を持ったので,初めての定期考査の後頑張ったということで一緒に観た。いつも行くユナイテッドシネマでは,時間が合わなかったので,イオン南に行った。イオン南の映画館で見るのは6年ぶりだった。

さて,次男の初字幕映画だったが,楽しめてるのかな?と思ったら,要所で笑っていた。映画はブラックなところもあり,エロなところもあったが,少なくとも「テッド」ほどエロでもなかったので,大丈夫だった。

小さいグルートがとてもいい味を出していて,笑いを誘う。「親指ネタ」はブラック過ぎるユーモアだが,腹を抱えて笑ってしまった。土曜夜だが,見ている人は20人もいなく,新潟では人気がないんだなぁとちょっと残念。あんなに面白いのに。

以下,ネタバレなのでクリック

続きを読む

2017-06-01ラジオ投稿

[]ラジオ投稿 ラジオ投稿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ラジオ投稿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ラジオ投稿 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ずいぶんと昔からラジオと聞いていた。小学校時代,遊び相手がいなかったり,特に冬休み,天気が悪く外に行けない時はラジオが友達だった。当時は平日昼間に面白いテレビなんてやっていないし,だらだらと居間でテレビを観るなんてことはうちの家庭では許されなかった(と思っていた。妹はやっていたが……。)。

そういうときラジオを聞いていると聴取者が電話で出演するコーナーがよくあった。聴取者が放送局に電話をして,アンケートに答え,そのまま電話を繋いでもらって,ラジオパーソナリティと話すのだ。

私も電話して,アンケートに答え,「機会があったらこちらから電話します。」と言われてラジオの前で待っていたこともあった。でもかかっては来なかったが,ドキドキして番組を聴いていた。

あるとき,「そのままお待ち下さい。」なんて言われて,ラジオに自分の声が乗った時があった。あれ?本当にラジオに流れているの?と思いながらパーソナリティとそのまま話していたような気がする。アンケートは「お年玉で何を買うか?」という子ども向けのコーナーだった気がする。私は「宇宙戦艦ヤマトのサウンドトラックLPレコード」と答えた気がする。

以来,どんな歳になっても必ず聞くラジオ番組があった。録音して聞いていた。「オールナイトニッポン」や,「サウンドストリート」,「青春アドベンチャー」は中学時代から今でも聞いている。

最近はradikoプレミアムなんていうすばらしいものができたので,TBSラジオが確実に聞ける。それがなかった去年までは裏技を使ってTBSラジオを録音して聞いていた。しかし,ちょくちょく失敗してしまった。そんな苦労が嘘のようだ。

山下達郎のラジオは,サウンドストリートから,今のサンデーソングブックまでずーっと聞いていて,ちょくちょくはがきを出した。山下さんのラジオ番組はハガキしか受け付けないのだ。

ハガキを書いていると,限られたスペースで書きたい内容を精査して文章を組み立てる訓練になる。簡潔に書けるようになる。年賀状が大量に余っているから,ここ数年ちょいちょい書くのだが,だんだんハガキのスペースの終わりと書きたいことの終わりがぴったり合うようになってきた。だから立て続けに読まれるようになったのか?とも思う。文章の訓練には読み手を意識するのが一番なんだなぁと今更ながら思う。

5月28日(日)に読まれたのは,こんな内容。

文学を読んでいると,文学の具体的な表現とその裏で表現している抽象的なものが読み取れる。これは作家が意図して裏の表現を表すために具体的な文章を書くのか,意図せず,たまたま具体の表現をしたら,裏の抽象的なものが現れたのかどちらなんだろうと思う。

作曲もそういうことがあるのではないかと思う。曲を作るときはどちらですか?

お答えは「ケースバイケース」ということだった。達郎さんに「超常連」と呼ばれて舞い上がっている日々だ。

5月25日(木)のTBSラジオ「たまむすび」,「ピエール瀧のハガキ悩み相談室」で読まれたのはこんな内容。

昔小学校の頃,映画を観に行くと本編の前に地元の店のCMがあった。静止画をスクリーンに映して,女性がアナウンスするんだけれど,とても独特なイントネーションで,小学生に聞かしちゃいけないような店のCMを流していた。あのイントネーションって何なんでしょう?

ピエール瀧さんにハガキを読まれたのも感激している。ノベルティグッズのステッカーと切手が届くのが楽しみだ。

あ,キーボード打つとやっぱり文章長くなっちゃう。ものを伝えるんだったら手書きがいいんだと思う。

2017-05-26メッセージ

[]メッセージ 2016 メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

米アカデミー賞に様々な部門でノミネートされていた映画だが,日本の公開は非常に遅れた。有名処の俳優が出演していないから,映画館を抑えられなかったというのが理由だそうだ。だから,公開もあっという間に終わってしまうのでは?と思い,早めに観に行った。

しかし,日本では栗山米菓の「ばかうけ」に宇宙船が似ているというので,一部の人に話題になっていた。

f:id:F-Katagiri:20170529172107j:image


地球上の12箇所に突然巨大な宇宙船がやってくる。18時間ごとに入り口が開き,中に人間を招き入れコンタクトの機会を作ってくれる。訪問者(ヘプタポッド)と人間はコミュニケーションを取ることが初めはできないが,主人公である言語学者は徐々に訪問者の言語を理解していき,地球への訪問の理由を探っていく。

ヘプタポッドは人間と姿形や認識の方法,物事の概念形成が全く違うので,相互理解を測るのが非常に難しい。科学技術レベルもヘプタポッドの方が圧倒的に上である。ヘプタポッドを人間とすると,人間は昆虫レベルなのかもしれない(私の勝手な見立て)。人間と昆虫が相互に理解をするというのは考えただけでも気が遠くなる。

言語を自由に操れるほど習得すると,その言語を母語とする担い手の認識方法,概念形が習得できるというのが,言語学においては考えられている。主人公はヘプタポッドの言語を習得していき,ヘプタポッドの認識方法,概念形成を習得できるようになり,いろんなことが分かってくる。

ここら辺,言語教育に携わる人は必見だと思う。

f:id:F-Katagiri:20170529172106j:image

以下ネタバレになるため,クリックしてお読みください。

続きを読む

2017-05-25監督とプレイヤーとサポーターとフロント

[]監督とプレイヤーとサポーター 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「何でもっと走らないの?!」,「最後まで集中を切らさないで!」サッカーの試合で90分間フルで走れる選手はいない。プレイヤーは要所要所でスプリントをかける。もう疲れて走れなそうに見せて,突然スプリントをかけてボールをゲットしゴールを決められるのはブラジル人の言う「マレーシア」だ。しかし,代表クラスのトッププロ,各チームのスター選手以外はだいたい試合終了20分前くらいからぐったり疲れて,試合開始と同じような動きは見せられなくなる。

しかし,サッカーをやったことが無い人は「プロなんだから最後まで走れるでしょ?」なんて思う。いやいや,大変なことなんですよ。私は90分もサッカーの試合をやったことはないけれど,15分ハーフでも残り20分ではもうへろへろだ。へろへろだから集中力も無くなるし,トラップなんて上手く行かないし,パスだって,力加減が上手く行かず,相手にパスすることなんて当たり前になる。

やったことが無い人はやっている人に簡単に要求する。または,トッププロみたいな人は,自分ができることを他者にも簡単に要求する。いやいや,できないんですよ。

トッププロであることが優れた監督の条件ではないことは周知の事実であるが,プレイヤーは監督に一定レベル以上のプレイヤーだったことを求めることは多い。「おまえ,やったこともないのに,どうして指示ができるんだ?」と。監督の能力とプレイヤーの能力は違うが,求めてしまう。「俺たちの気持ちなんて分からないだろう?」マンガ「GIANTKILLING」の山形チームの監督「佐倉」がそうだ。佐倉は学生時代まともなサッカー選手ではなく常に補欠だった。最初は選手からは認められないが,「結果」を出すことでだんだん認められるようになる。

プレイヤーとしての実績があり,監督としても能力が高い人が理想なんだけれど(「GIANTKILLING」でいう達海猛),なかなかうまくはまらないよね〜。

さらにサッカーチームだと,フロントとスポンサーが関わってくる。あれはできる,これはできない。あれをしろ,これはするなとフロントとスポンサーの顔色も窺わなければならない。勝ち点を積み重ねて結果,金を稼げればいいのだが,簡単には上手く行かない。監督の目指す方向とフロント,スポンサーの目指す方向が違ったりすると最悪だ。監督解任をちらつかされる。

監督はチームの成長を考え,フロントは人気選手を出して集客力を求めているという場合だ。

あ,これは,アルビレックス新潟の話ではありません。学校現場の話です。

2017-05-19「読書科学」第59巻第2号

[]「読書科学」第59巻第2号 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「現代文評論教材でのつまずき語解消過程の研究」掲載され,見本誌が届きました。2016年7月に投稿し,2017年2月に受理されたものです。

高校現場にいたときにデータを取らせてもらって,その会話記録を聞き返すのは辛い作業でしたが,生徒の顔が浮かんでくる楽しい作業でした。新潟への帰りの高速バスの中や,家事をしている間,iPadに入れた音声記録をヘッドホンで聴きまくっていました。

13年前の修士の時は,ききながらほぼリアルタイムで文字入力するスキルがあったのですが,すっかり衰えて,何度も聞き返さないと文字化できません。また,最近はキーボードを打つ握力が落ちているのがわかります。夕方には手がだるくなって来ています。

それにしても掲載はうれしいです。

「次はいつ?」と聞かないで〜。今データ化中です。

f:id:F-Katagiri:20170519121502j:image

2017-05-18高田北城高校意識啓発講演会

[]高田北城高校意識啓発講演会 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

250名以上の新入生に対して講演会でしゃべってきた。久しぶり高校生にしゃべるので,とても楽しみだった。

しかし,楽しみだったので,話を盛りだくさんに用意してしまった。80分だったが,時折クイズや動画も入れるスライドを作り,結局は5分の1が話せないまま終わってしまった。

私の講演の場合,大切なものは初めの方に置き,だんだんと薄いものを後におくので,話をカットしても大丈夫なのだが,「あと15分あるな」と確認し,その後話をしていて気づいたら時間ちょうどだった。

久しぶりに話をして汗をかいた。冷や汗ではなく,高校教師時代の「授業したときの汗」を感じた。いい経験だった。

きっと後からふつふつと,こう話せばよかったとか,あの話はしない方が良かったとか,これはスベったとか,反省が湧いてくるだろうから,今のうちにブログを更新しておく。

高田北城高校には初めて足を踏み入れたが,落ち着いた明るいいい高校だった。生徒さんたちはよく話を聞いてくれて,こちらのフリにボケてくれたりして,温かい反応で良かったよかった。