Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-11-12天気の子

[]天気の子 2019 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191113163648j:image

いろんな評価が耳に飛び込んできて、「君の名は。」は見たけれど、「天気の子」は見なくていいか?と思っていたのだけれど、これも次男が「面白かった」と言っていたので、今更ながら観に行った。JMAXシアター。平日夜だが、お客は私を入れて3名という、今まで観た中で最少人数を記録した。

観た全体の印象は「観てよかった」というものだ。新海誠監督の絵の特徴として「空が綺麗」というものがある。この空の絵は大画面で観なければ味わえないと思う。今回の映画はそれが堪能できた。設定もキャラもストーリーも面白かった。楽しめた。

また、雨好きの私にとっては、全編雨の風景で、しっとりして落ち着いていて観ていて心地がよかった。

「君の名は。」に比べて、キャラクター描写が少し大人びたものになっていた。「君の名は。」の出演キャラはちょっと私にとっては子供じみた描写(例えば、目が大きく、ディフォルメし過ぎ)の感があったが、それが薄まっていたので、観ていてのめり込めた部分もある。

しかし、ところどころ背景のCGがリアルすぎて、なんだかバランスが悪い気がした。ほぼ実写?と思うようなところ(窓のアルミサッシなど)もあって、違和感があった。もうちょっとキャラのタッチに合わせた背景が好きなんだけれど。キャラクターに感情移入していて、そのタッチになれてくるが、リアルすぎるCGが現れると、「あ、作り物なんだ」と現実に引き戻されてしまうことがある。

同じように、描かれている世界観はあり得ない、ファンタジーのものなのだが、現実的にあり得ないだろうと思われるアイテム、例えば主人公が拳銃を所持していることが描かれると、これもちょっと引いてしまう。拳銃を描くことって必要?なんて思ってしまった。

粗を探してしまったが、全体的には好きな映画になった。タキとミツハも出演していたのがわかったし、ホンダカブと「離島」も描かれていたし、続いている世界というのを匂わせて、コアなファンを喜ばせているんだな、と思った。

この映画も子どもが大人になる映画。何かを諦めて大人になるのではなく、何かを壊して大人になるのでは無く、熱意を持って真っ直ぐに大人になるという姿を描いたジュブナイル映画だった。

森七菜の声がよかった。