Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-11-15欲弁已忘言(純粋経験)

[][]欲弁已忘言(純粋経験) 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 欲弁已忘言(純粋経験) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191114132806j:image

タイトルは「弁ぜんと欲して已に言を忘る」である。陶淵明の「飲酒」という詩だ。詩全体と詩の内容はこちらにある。

高校の時にこれを読み、大学の授業でもこれを解釈し、高校教員になっても授業で教えた。「この風景、雰囲気、気分、とても素晴らしいことはわかるけれど、それを言葉で表そうと思った途端にその言葉を忘れてしまったって、どういうことなの?」と思っていた。

授業では「言葉じゃ表せないほどすばらしい」というような適当な解釈でわかったような気になって教えていた。

しかし、今、なんとなくわかった気がする。陶淵明は詩人でありながら、言葉で表すことを放棄したんじゃないか?ということだ。言葉で表すことはできるはずがない、言葉の力の限界を言葉を操る人だからこそ知っていた(知った)んじゃないか?と思う。

眼前の風景、雰囲気、気分を言葉で表すことによって、それが限定されてしまい、変化してしまう。この、今体験していることを大切にしたい。だから「言い表す言葉を忘れた」と言いながら、言葉で表したくなかったのだと思う。

西田幾多郎『善の研究』が言うところの「純粋経験*1」なんだと思う。受けとって、評価、判断、概念化がなされる前の状態、言葉になる前の状態を「詩」に保存しておきたかった。詩人だから、と思う。

言葉で表すことによって陳腐になる、チープになるということはある。表してみると、「あれ、こんなことを言いたかったわけじゃ無いんだけれどな。」と思うことはよくある。国語の授業で何でもかんでも作文を書かせるということがおこなわれるが、作文に表すことによって、「噓」になるという可能性があることを、われわれ教員は知っておかなければならない。

言葉に表さずに本人の心に大切に保管しておいた方がいいことってよくあることだ。もちろん、言葉に表すことで明らかになることもある。どちらの可能性もあるということを表現を強いる立場にある人は知っていなければならない。

言葉にしない方がいいことは、他の表現方法で表現すればいいことだ。いや、全く表現しなくてもいい時もある。

*1:反省を含まず主観・客観が区別される以前の直接経験-ウイキペディア

2019-11-14かわら亭ら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日も晴だった。しかも月が綺麗。風もそれほど強くないので、外気浴ができた。とはいえ、13℃は体がだんだん冷えてくる。水風呂に入って外気浴でも、血の巡りによる体温上昇ではまかなえない気温だった。手足がどんどん冷たくなってくる。

そんな体にして、サウナに入るととても気持ちがいい。最近はととのわなくなったので、こちらの気持ちよさに頼ることになる。3セット後のスチームサウナもまた格別だ。適度の体温が上がるから、スチームサウナの後の温泉で体全体がじんじんする。

今日は思いの外客が多かった。水風呂渋滞もあった。12月上旬で期限が来る回数券があと1枚なのだが、誰かにあげようか?10枚綴りの回数券、9回行けば、もとが取れる計算なんだけれど、どうしようかな?

今日のととのい度→1 ☆★★★★

2019-11-12天気の子

[]天気の子 2019 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 天気の子 2019 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191113163648j:image

いろんな評価が耳に飛び込んできて、「君の名は。」は見たけれど、「天気の子」は見なくていいか?と思っていたのだけれど、これも次男が「面白かった」と言っていたので、今更ながら観に行った。JMAXシアター。平日夜だが、お客は私を入れて3名という、今まで観た中で最少人数を記録した。

観た全体の印象は「観てよかった」というものだ。新海誠監督の絵の特徴として「空が綺麗」というものがある。この空の絵は大画面で観なければ味わえないと思う。今回の映画はそれが堪能できた。設定もキャラもストーリーも面白かった。楽しめた。

また、雨好きの私にとっては、全編雨の風景で、しっとりして落ち着いていて観ていて心地がよかった。

「君の名は。」に比べて、キャラクター描写が少し大人びたものになっていた。「君の名は。」の出演キャラはちょっと私にとっては子供じみた描写(例えば、目が大きく、ディフォルメし過ぎ)の感があったが、それが薄まっていたので、観ていてのめり込めた部分もある。

しかし、ところどころ背景のCGがリアルすぎて、なんだかバランスが悪い気がした。ほぼ実写?と思うようなところ(窓のアルミサッシなど)もあって、違和感があった。もうちょっとキャラのタッチに合わせた背景が好きなんだけれど。キャラクターに感情移入していて、そのタッチになれてくるが、リアルすぎるCGが現れると、「あ、作り物なんだ」と現実に引き戻されてしまうことがある。

同じように、描かれている世界観はあり得ない、ファンタジーのものなのだが、現実的にあり得ないだろうと思われるアイテム、例えば主人公が拳銃を所持していることが描かれると、これもちょっと引いてしまう。拳銃を描くことって必要?なんて思ってしまった。

粗を探してしまったが、全体的には好きな映画になった。タキとミツハも出演していたのがわかったし、ホンダカブと「離島」も描かれていたし、続いている世界というのを匂わせて、コアなファンを喜ばせているんだな、と思った。

この映画も子どもが大人になる映画。何かを諦めて大人になるのではなく、何かを壊して大人になるのでは無く、熱意を持って真っ直ぐに大人になるという姿を描いたジュブナイル映画だった。

森七菜の声がよかった。

2019-11-07群読が表現できるもの

[][]群読が表現できるもの 群読が表現できるもの - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 群読が表現できるもの - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 群読が表現できるもの - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191107133404j:image

「群読」活動を高校国語教師時代から始め、もう20年ほど続けている。国語の授業で、手軽に「表現活動」ができないかと思っていたときに出会ったのが「群読」であった。声を合わせて出すだけで表現活動ができる。これは、スピーチや、作文や、ディベートとは大きく違うところだ。脚本が既に作られていて、それを声で表現するという活動から、脚本を作成して演じるという活動まである。

導入した当時は、「手軽に表現できる」ということだったので、生徒によっては、「こんな小学生の発表会みたいなもの、幼稚すぎる」と言ってきた人もいた。しかし、この活動に長年携わってくると、その奥深さがわかってくる。

「群読」という音声言語表現活動が表現できるものは、その文章表現(主に)の理解、解釈を脚本に反映させたもの、つまり、その対象から受けとって、それを解釈して脚本に反映したものである。悲しい内容だったら小さな声で、少数人数が発声し、にぎやかな内容だったら大人数が大きな声で発声する。

よく国語の授業でおこなわれるのは、この文学作品を解釈し、登場人物の気持ちなどに合わせて脚本を作り、どのように読むのがよいか考えさせるという指導だ。そして、その脚本作成の意図も表現させ、群読も演じさせる。群読の授業としては、スタンダードなものだろう。

つまり、脚本づくりにおける「解釈反映タイプ*1」ということだ。

対象の読み取り→解釈(言語化)→脚本化→意図の説明(言語化)→群読表現

しかし、群読というのはそれだけではない。音で表現される以上、音の調和、不調和の導入、音の響きの調整、「なんとなく、こっちの方が合っている」ということで、脚本を作ることがある。

つまり、「(音声)表現反映タイプ」だ。

対象の雰囲気→心で感じとる→脚本化(主に注意書きで表現される 例:「ざわざわするように」とか、「無声音で」とか)→群読表現

「こっちの方が演じていて気持ちいい。」ということで脚本を修正することがある。音声言語表現なのだから、「演じて気持ちいい≒聞いてきて気持ちいい」ということを意識しなければならない。文字言語で表すことができない部分をこれらで表すことができる。ここが群読の優れている部分である。

「解釈反映」と「表現反映」のどちらのレベルが上かということは全くない。むしろ、どちらかを上と見るような人は、群読の何たるかをわかっていないといえる。「解釈反映」だけで群読を作っていこうという人は、「音声言語表現活動」や、群読は「相手に伝える表現活動」だということをわかっていないと言える。

特に、「言語で全てのことを表現できるはず」と思っている国語教師(私も以前そうだったのだが)には、群読活動は理解できない活動なんだと思う。世の中に、優れた「音を楽しむ群読」*2

があるのを知らないのだろうか?音楽に置きかえてみれば、メッセージ性の強い「フォークソング」ばかりが優れた音楽ではなく、音の調和や響きをのみ楽しむ優れた音楽があふれている。

世の中のことや、人間の心の中のものというのは、全てを言語で表現できるはずが無い。その表現できない、「説明」できない、「ニュアンス」というものを文字言語よりも少しばかり表現できる活動が「群読」なのである。

何でもかんでも説明ばかり求めていると、子どもの「感性」が萎縮してしまう。

*1:「群読脚本に反映される学習者の意図の研究」片桐史裕,他 上越教育大学教職大学院研究紀要 16 51-60 2019年2月

*2:例:「祭り囃子」

2019-11-06かわら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

とうとう、外の水風呂が終わってしまった。12月上旬までの回数券が3枚余っているので、もったいないから行く。

しかし、幸いなことに、夜の時間帯は、空いていて、「水風呂渋滞」は起きなかった。ここの内水風呂は、大人2名が膝を抱えて入れるくらいの狭さで、外の水風呂が無いときには、渋滞を覚悟して行くのだが、今日は客も少なく、そしてマナーのよい客ばかりで、快適だった。

いっときサウナに4〜5人入っていたときがあったのだが、観察してみると、みんながみんなサウナの後水風呂に入るわけではない。火照った体をどうしているんだろう?と思う。そのままシャワーで汗を流すだけなのか、温泉に入るのか、水風呂に入らないでサウナに入ることは、理解に苦しむ。

気温は14℃で風もないのだが、外気浴はかなり冷えてしまう。ベンチがあれば少しはいいのだが、ここでの外気浴は、石の上に座るしかない。石がかなり冷たく、お尻や足が冷えてしまう。従ってととのいもしない。

こういう時は、完全に体を冷え切らせて、その後のサウナがよい。じわじわと体が温まってきて、「ととのい」と似たような感覚になる。あと2回(実は、来年5月上旬までの回数券も1枚ある)、11月中に通うとするか。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

サウナの後、レストランで夕食にする。温泉施設に併設のレストランは、湯上がり状態で御飯が食べられるからよい。タオルを肩にかけ、畳敷きだから裸足で入れる。反セルフだからなのか、注文後それほど経つことなく食事が出てくる。平日夜の時間帯だからか、それほど混んでいない。そしておいしい。御飯が他の食堂よりも少なめなのがうれしい。

ここである程度まんぷくになると、家に帰ってもビールを飲みたいと思わないので、禁酒日には最適。でもここでサウナの後ビールを飲みたい。

2019-11-03天童市ラフランスマラソン

[]天童市ラフランスマラソン 天童市ラフランスマラソン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 天童市ラフランスマラソン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 天童市ラフランスマラソン - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20191105120618j:image

朝3時起きで、3時間かけて天童市に行き、2時間待って3時間かけて21㎞を走り、3時間かけて帰ってきた。前日は禁酒したせいか、すぐにはねつけず、結局4時間程度しか眠れなかったかも知れない。体調が不安だったが、なんとか元気に走りきることができた。今までハーフの距離を走ったことがなかったから、なんとか走れた。マラソン大会だからこそ走り切れたのだと思う。

自動車が混むから、けっこう早く会場に着いた方がいいと思い、4時頃、まっ暗なうちに出発した。こんな夜中に車を運転するなんて、いつぶりなんだろう?いつもは完全に眠っている時間帯だ。高速で荒川まで行き、その後延々と下道が続く。信号があんまり無いからいいのだけれど、曲がりくねった道で、たまにタヌキが轢かれて死んでいる。3頭ばかり見かけた。

県境当たりの気温が4℃だった。もっと冷え込んでいたら、道路が凍っている可能性があったんだと、ちょっと恐くなった。ラッキーだった。だんだん山の端が紺色になって来て、夜明けが迫っていた。綺麗な東側の空だった。

山形に入り、高速に乗ったら、SAで朝飯を食べて……と思ったが、トイレのみのPAしかなかった。じゃあ、コンビニで御飯を買って会場特設駐車場に入ろうと思ったら、レーンを間違えて、総合体育施設の駐車場に入ってしまった。もう満杯だろうと思ったら、なんと、空いているところがあり、ラッキーにも、体育館に近いところに車を停められた。

とはいっても2時間ほど待ち時間がある。一眠りするか?とおもっても、そんなに簡単に眠れるわけでは無い。心配だったトイレは近くにあるが、和式しかない。体育館内のトイレはきっと並んでいるんだろうなぁと思い、そこで我慢して用を足した。

荷物預かり所には預けないで、体育館の椅子に置いておくことにした。着替えだけだから、まぁ盗む人もいないだろうし、そっちの方が楽だ。荷物預かり所は、かなり行列になると書き込みを読んでいたので避けた。

集合時刻15分前にトラックに行くと、もう3㎞ランの親子がゴールしている。あっという間に終わっているんだなぁと思った。我々はこれからなのだけれど。

カミさんも膝に不安を抱えていたので、今日の目標は「完走」だった。なんとか膝を持たせて走らなければならない。あんまりストライドを長くせず、特に下り坂では小股を心がけた。しかし、時計を見ながら走っていると、下りでペースが速くなる。1㎞7分弱を目指して走る。ペースを考えながら走るなんて、数年前の私には無かったことだ。Apple Watchを手に入れたからこそなのだろう。

ところどころのエイドにとても助かった。全てのエイドでラフランスがあり、必ず食べた。そのためにエントリーしたようなものだ。しかし1箇所、漬物を振る舞ってくれる私設エイドがあり、今まで甘い物を口にしていたから、とてもおいしかった。その後ちょっと喉が渇いたけれど。

18㎞地点に特設エイドとして網走市が蟹を提供してくている。その前から私も膝がちょっと痛くなってきていたのだが、なんとかそこまで走り続けることにした。蟹がなかったらもっと前に諦めて歩いていただろう。エイドに到着した時点で、残り20杯程度しか無かった。そこまで走り続けたご褒美だ。

その後膝が辛くなってきたし、カミさんもやばかったので、5分走って1分歩くというサイクルで走った。歩いていると膝の痛みはそれほど感じない。しかし、5分の走りは残り2分は痛くてしょうがない。

ふと思って、後ろ走りをしたら、痛くない。サイドステップをしても痛くない。これらをおこなってだましだまし走り続けた。

f:id:F-Katagiri:20191105123634j:image:w260:left

最後の数キロ、スタジアム近くの幹線道路が広くて、両脇に紅葉した並木があり、とても綺麗な一直線だった。ほとんどのランナーがなぜか右側に偏って走っていたが、我々はちょっとゆっくりペースだったこともあり、それから逸れて真ん中を走る。これが気持ちよかった。

スタジアムのトラックに入ってからは歩くのをやめ走り続け、何とか完走できた。膝は辛かったが、心肺はそれほど辛く感じなかった。これからは膝に負担をかけない走りを身に付ける必要があるな。まだまだフルを走りたいという気持ちは無いから、次のチャレンジもハーフだと思う。

参加賞としてもらった芋煮がおいしかった。1人1杯ずつでは足りない。帰りの道の駅で芋煮定食を平らげた。20㎞も走って、どれだけ体重が減っているんだろう、と思ったが、昨日と全然変わっていなかった。ラフランス食いすぎかな?

帰り道、サンソンに送ったハガキを達郎さんに読んでもらえた。ちょうどラフランスマラソンの話題だった。なんだかとっても幸せな気分だった。

しかし、もう3時起きはこりごりで、遠征してマラソンに出るときは絶対に前泊、後泊することにしよう、と誓った。

bunbun-hbunbun-h2019/11/05 19:20奥様ともにナイス・ラン! お疲れ様でした。
ところで、走るために膝に負担をかけない走りを身につけるというより、膝に負担をかけない走りを身につけるために走る、ということなのだろうというのは、これ読んで思いついたことでした。面白くて奥深いのが身体運用です。(おそらく)

F-KatagiriF-Katagiri2019/11/06 09:25bunbunさん、ありがとうございます。
だんだん体にガタがくると、ケアしながら生きていかないと行けない、と思います。若いときには全く考えなかったことですね。