Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2019-05-29鵜の浜人魚館

[]鵜の浜人魚館 鵜の浜人魚館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 鵜の浜人魚館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 鵜の浜人魚館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190530120433p:image

今年の新規開拓サウナ8件目。検索で今まで全くヒットしなかったが,なぜかたまたまヒットして,いってみた。自動車で30分圏内のサウナには行き尽くした感がある。といっても,サウナがあればいいということではなく,水ぶろがあるかどうかで行くかどうかを決める。鵜の浜人魚館のホームページには,水ぶろの写真はなかったが,説明にはあったので,行くことにした。「人魚伝説」もちょっと気になっていたので。

行ってみて,こんな大きい施設があるなんて,全く分からなかった。いつも近くの道路は通るんだけれど。食堂とプールも併設している施設だった。風呂は温泉で,黄色がかったお湯の色だった。

さて,サウナは,写真にはマットが敷いてあるが,実際に入って見ると敷いていない。ということは,入った人の汗が木材に染みこんでいるということだ。そのせいで,入るとムッとする匂いを感じる。ちょっと履き古したスニーカーの匂いに似ている。それでも3分ほど中にいれば,気にならなくなるほどの匂いだ。

最初に入ったときは,ぬるく感じた。ここもぬるいのかぁ!とがっかりしたのだが,2回目は十分熱かった。インターバルを置いてヒーターが稼働していて温度調節をしているんだろうけれど,ヒーターが稼働している時には98℃くらいになる。ぬるいと感じたときは91℃くらいだった。この温度差はどうにかしてほしい。

サウナ室内は,照明が明るいが,テレビがないというのがよい。浴室内のBGM(落ち着いたオルゴールの音)がかすかに聞こえてきて,雰囲気としてはいい。匂いは何とかしてほしいなぁ。

水ぶろは狭く,大人2人でいっぱいだ。それほど冷たくはない。しかも,循環しているのかどうか,水が足されているのかどうかちょっとわからない。水の中に浮いている白いものは湯ノ花なのか,垢なのか,これもよくわからない。温泉だったら湯ノ花なんだろうけれど,水ぶろはどこの水なんだろう?ちょっといやな感じ。

休憩ベンチはないのだが,浴室内に不思議な腰掛け場所がある。これは腰掛けるために作られたのか?タイル張りで作られていて,座るところは白木である。

露天風呂があるので,外気浴でも,と思ったが,座るところがない。露天風呂の縁に腰掛けて,足だけ湯につけていた。海からのちょっと強い風が,最近気温が高いせいで,心地よく感じる。これはこれで休憩の方法としては効果的なのかもしれない。空いていたからできるやり方だけれど。

水ぶろがぬるいせいで,それほどととのわなかったが,夜はいつもよりもぐっすり眠れた。サウナ効果,ハンパねぇ。

今日のととのい度→1 ☆★★★★


さて,人魚伝説とは何なのか,サウナの帰りに人魚伝説の碑を訪れていた。いつも新潟市に帰るときに立て看板があって気になっていたのだ。入って見ると,公園ではなく,本当に碑が立っているもので,どんな伝説なのか?と思ったら,以下のようなものだった。

母1人子1人で暮らしていた男性には,母親の認めた許嫁がいた。しかし,佐渡から来たという美しい女性と浮気をし,毎夜その女性と海辺の常夜灯の下で逢瀬をくり返していた。母親が「1日くらいは出かけないでいても罰は当たらないでしょう。」と引き留め,その夜は家にいた。次の日その女性の髪を振り乱した遺体が浜にあった。男も後追い自殺をした。

あれ?人魚は?

佐渡から来た女は人魚だったのか?よく分からない伝説が,碑の近くの看板に書かれていた。

2019-05-27着ルダケ

[]着ルダケ 着ルダケ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 着ルダケ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 着ルダケ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190528084143j:image

スーツを7年くらい買っていない。7年前に買ったのは,前任校に着任するとき。女子生徒がが多い学校だから,お洒落に破棄を配るべきとのアドバイスで,大型液晶テレビを買うお金をスーツに回した。当時の大型液晶テレビを買う予算をスーツに回してみた。特に生徒からの反応はなかった。

最近はすっかり型落ちの古いスーツを着ていた。約20年前に買ったスーツも,とてもいいもので,今でも綺麗で着られるのだが,バブル期のスーツなので,一周回って新しいのかもしれないが,ちょっと恥ずかしい。

かといって,新しい安いスーツを買ったとしても,あっという間にダメになって着られなくなる。洋服の○○で買ったスーツに先日カビがびっしり生えていて,愕然としてしまった。他の衣料には生えていないのに,何でこのスーツだけ?

ということで,サブスクリプションをやってみた。「着ルダケ」は,月額約6,000円で,年間70,000円位。秋冬スーツと春夏スーツがそれぞれ2着ずつ送られてくる。そして,3年目には新しいスーツが届く。単純計算で,140,000で,4着のスーツが着られるということになる。

到着したスーツに腕を通すと,今までのスーツよりもきつい感じ。サイズが合っていないのか?と若い同僚に見てもらったら,最近のフォルムはそんな感じです,と。今まで結構ぶかぶかのスーツを着ていたからなぁ。そういえば,「ストップ!つばさくん」に出てくる男性の着ているスーツはぶかぶかな感じだよなぁと思いを巡らせてみた。

レナウンのスーツなので,パンツもいい肌触り。スーツはやっぱり生地だよなぁ。

2019-05-25イット・フォローズ

[]イット・フォローズ  (完全ネタバレ) イット・フォローズ  (完全ネタバレ) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - イット・フォローズ  (完全ネタバレ) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 イット・フォローズ  (完全ネタバレ) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190527135750p:image

ホラー映画は恐くてほとんど観ないんだけれど,この「イット・フォローズ」のメタファーがすばらしいということで,DVDをかりて観た。

1人でアパートで,夜に観たのだが,めちゃめちゃ恐い。何度もビクツ!となるところがあり,こういう刺激があるホラー映画に耐性がないんだな,と思った。「羊たちの沈黙」とか,「ツイン・ピークス」のようなものは大丈夫なんだけれど。

セックスをすると相手に何かが感染し,感染した人を「何か」が殺しに来るというストーリー。助かるためには他の人とセックスをしないといけない。その他の人が「何か」に殺されると,次には元の人を殺しに来るという。

「何か」は自分の知っている人,知らない人に化けて,どこにでも現れる。「何か」は歩いてくるから,気がついたら自動車で逃げられるが,逃げた先にも何時かは歩いて追ってくる。「何か」は感染したことがある人にしか見えない。気を許すと「何か」は背後に忍び寄っている。

これを見て,「徒然草」第百五十五段を思い出した。

迎ふる気、下に設けたる故に、待ちとる序甚だ速し。生・老・病・死の移り来きたる事、また、これに過ぎたり。四季は、なほ、定まれる序あり。死期は序を待たず。死は、前よりしも来きたらず。かねて後に迫せまれり。人皆死ある事を知りて、待つことしかも急ならざるに、覚えずして来たる。沖の干潟ひかた遥なれども、磯より潮の満つるが如し。

セックスによって「死」が訪れてくるというのは,セックスで子どもが生まれ,生まれた途端に「死」は迫っているという,見事なメタファーだな,と思った。

ただ,映画の中でそれをほのめかしちゃっているのがとても残念だった。あのまま,映画の中では明かさないまま終わらせてほしかったというのが正直な感想だった。そうすれば,もっといろいろと考えられたのに。

それにしても,ホラー映画は一人でアパートで観るもんじゃないな。

2019-05-24表現の自由

[]表現の自由 表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190524092730j:image

授業でこんなことを問いかけてみた。

ある生徒が,あるクラスの生徒に対して罵詈雑言で罵った。それを聞いた担任のあなたが,「そんなことを言ってはいけない。」と指導したらその生徒は

「日本国憲法第21条に表現の自由が保障されている」

と言った。そんな時にどう指導しますか?

ある院生は,「公共の福祉に反する場合は表現の自由は制限される」といい,ある院生は,「そんな権利がみんなにあるんだったら,クラスは罵詈雑言で行き交うことにある。そんな風になってもいいのか?」といった。

何が正解ということではないから,その生徒との関係で,その言葉が最もよいと判断できたのが正解なんだと思う。私だったら何と言うかな?と考えてみた。

君に「何でも言っていい」という権利はない。君は何を言っていいのか自由に決めることはできない。「表現の自由」とは,国家権力のような大きな権力が表現を弾圧しないということだ。弾圧を受けない権利であり,何でも言っていいということではない。憲法といいうのは,国が市民に対して行えることを規制するものなのだ。

といえば,煙に巻けるかな?と思った。

言ったことに対して責任を取らなければならないのは常識である。その覚悟もないのに責任もとらず「何を言ってもいい」という意味で「表現の自由」と国の首長を始め,いろんな政治家が当たり前のように使うから,変な意味で伝わってしまうんだろう。

「言ったことは場によって査定される」と内田樹先生は言っている。査定されて「NO!」という答えが出たら,「表現の自由だ!」という主張はもうできないことになる。

2019-05-23かわら亭

[]かわら亭 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 かわら亭 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

露天水風呂が開始したので入ってきた。

とてもいいのだが,今日は最悪のサウナだった。仲の良いおっさん2人がずーっと喋っている。サウナの中で,水風呂の中でも。ちょうど入ったときが同じぐらいで,なんとかサウナも,水風呂も避けて離れようと思うんだけれど,必ずかぶる時間帯が10分くらいあるのがとても苦痛だ。

しかしよく喋るなぁと思う。何でこんなお喋りが好きなんだろう?おっさんなのに。マナーがなっとらんサウナーは,犬に噛まれろと思う。せっかく今シーズン初の露天水風呂だったのに,残念だ。今度はもうちょっと遅い時間帯に行こう。あの時間帯は私もそうだが,まともな人が行く時間帯ではない。

でも,天気もよく,岩の上での休憩はとてもいいものだった。石庭の大きな石に座っての休憩は,マナーがいいのかどうか疑わしいものがあるが,デッキチェアがおいていないんだからしょうがない(?)。

今日のととのい度→4 ☆☆☆☆★

2019-05-21今後30年の日本の教育事情

[]今後30年の日本の教育事情 今後30年の日本の教育事情 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今後30年の日本の教育事情 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今後30年の日本の教育事情 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190522091445j:image

今日の共通科目「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」では,平成30年間が終わり,今後の令和の教育事情を「予測する」ということをやってみた。

というのも,内田樹先生著「街場の平成論」まえがきで,「起こったことを論じるのは簡単だが,芽はあったが起こらなかったことを論じるのは難しい」というようなことが書かれてあり,それじゃあ,起こりそうなことをこの授業で予想してみようということにした。

予想しておけば,実際に起こったときにある程度の心構えができる。

とはいっても,私は令和13年頃に退職を迎えるので,これから令和時代をどっぷり教員として生きていく院生,そしてこれから採用試験を受けて,教員になる院生たちには,有意義な授業になるのでは?と思ったのだ。

授業は,平成30年間に起こった教育関連事や課題や問題をあげつらい,それが令和ではどううなるか?で考えていった。以下,トピック,メモのみ記す。

  • 平成で気になったのは,「たまごっち」の流行
  • インターネットが普及して,通信してゲームをするようになった。
  • 友だち同士で通信するなんて,それまでになかった。
  • 遊び方が大分変わったんじゃないかな?昭和の時代は,クラスで野球チーム作って,隣のクラスと対戦したりしていたけれど,今は,一緒にいたとしても,それぞれが別のことをして遊んでいる。
  • 「遊びの個化」,「人間関係の分断化」が進んだ?
  • それらを受けて,令和では,学校のあり方,授業のあり方も変わっていく?
  • 学びの「個化」が起こるのでは?
  • 教室にいるのに,みんなが別々のことをやっている,みたいな?
  • それって,教室にいる必要があるの?
  • クラスって,残るんでしょうか?
  • 「学級経営」がなくなる?必要無くなる?
  • そういう時代だからこそ,人と繋がること,協働して何かを成し遂げる力が必要になってくるんじゃないかな?
  • クリエイティブなこと,1人ではできない課題は協働してやらなければならない。その力を付けるために,教師はそれらを仕組む力が必要になってくる。
  • 令和では,技能系の科目に専門家がどんどん入ってくるって聞いたことがある。体育や音楽なんかは,インストラクターや音楽教室の先生が授業をする。スポーツのコーチや音楽教室の先生は,そこで仕事があるし,施設なんかも自治体から借りておこなうという形になる。
  • 今まで学校は何でも抱え込んでいく方向で動いていたけれど,これからはどんどん手放して行かないと,働き方改革にならない。例えば,小学校の先生は国語,算数の授業のみをやって,その他は別の専門の先生がやる,とか。そうすれば,その他の時間は学級経営やら,児童理解やら,授業準備やらをすれば,定時退勤ができる。
  • 資料「平成教育史」でも,結構トピックがあげられていたけれど,「いじめ」の問題はどうなると思います?
  • ネットいじめがまだまだ激しくなるとは思う。
  • 「クラスがなければいじめがなくなる」なんていう話があるけれど,ネットがあるから,関係なくなるよね。
  • ネットいじめじゃないけれど,ネトウヨや,炎上させようとする人って,結局注目を浴びたいというところから来ているんだって。この間テレビでやっていたのは,50代,60代のおじさんが,正義感を振りかざして攻撃すると反応があって,やめられなくなるっていう取材をしていた。
  • 今の子どもも兄弟がいないから,今まで親の関心を一身に受けていた子が,学校で自分に関心を持ってもらいたくていじめをする,みたいな。自分の影響力を誇示したくてネットいじめで炎上させるとか,そんな感じみたい。
  • そこで,学級経営が活きてくるんだね。少子化の時代だからこそあえて集団のなかでの生き方を学ばなければ。
  • 令和でも,本コース(教科教育・学級経営実践コース)の存在意義はあるね。

2019-05-16檸檬

[][]檸檬 檸檬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 檸檬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 檸檬 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190516122359j:image

今日の「中学校高等学校国語科授業づくり演習」のテーマは梶井基次郎「檸檬」だった。担当者が「檸檬」を提示すると,「うーん,……」という声が上がった。授業でどうするか,つかみ所がない教材という印象を持っている人が多かった。

以下,出された話題をトピックだけあげていく。

  • 「檸檬」は主人公の内面の表出されたものだと授業で教わった。
  • 「檸檬」の結末「京極を下がって行った。」をどう捉えるか?を授業でやったような気がする。
  • これは漠然とした不安がテーマだから,みんなの中にある漠然とした不安は何かを出してもらうというのは,授業としていいのか?
  • 本当に「漠然とした不安」がテーマなの?そんなことはどこに書いてあるかな?テキストから読み取らないと。我々が読み取ったものを「漠然とした不安」と置きかえて,意味づけして与えては,学習者が読み取ったことにならない。
  • 「不吉な塊」とあるんだから,「漠然とした不安」じゃなくて,「不吉な塊」と表現するべき。
  • 「不吉な塊」の象徴が「丸善」何だよね?
  • そうなの?
  • 主人公は以前は丸善にあるようなものに惹かれていたけれど,今の境遇では「みずぼらしくて美しいもの」に惹かれてきたんだよね。
  • そして丸善は「重苦しい場所」になった。
  • 最終的にレモンを置くことで,どっちに惹かれるようになったんだろう?
  • レモンは「不吉な魂」,「みずぼらしくて美しいもの」のどっちなんだろう?
  • どっちでもないもの?
  • 「不吉な塊」から遠ざけてくれるものだろうけれど,「みずぼらしくて美しいもの」とも違う。
  • 結末では結局主人公の気分は上がったの?下がったまま?
  • 「京極」が「活動写真の看板画が奇体な趣で街を彩っている」のだから,「裏通り」ではなく大通りだよね。きっと。映画館があるんだから。
  • ということは,今までの「裏通り」から離れていった?
  • レモンは何だったのか,決め手はないけれど,少なくとも「不吉な塊」を少しは消し去るものなのかな?
  • レモンは何の象徴か?とした場合,とっても表現しにくいものだよね。これをテーマにすると授業では収拾が付かなくなるかも。個人個人によっては違いすぎるから,拡散的課題にしかならない。それはそれで面白いんだろうけれど。
  • 結末では気分が上がった?下がった?なんてのは?
  • レモンは「不吉な塊」,「みずぼらしくて美しいもの」のどちらか?またはどちらでもないのか?  とか。
  • レモンは新しい自分にしてくれた何かかな?
  • なんか,収束しないまま時間が来たけれど,少しは教材としてイメージをつかめたでしょうか?

[]釜ぶたの湯 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 釜ぶたの湯 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190517100602j:image

夏のホームサウナ「かわら亭」が今週休館というので,サウナ難民と化した私はどこに行こうかと迷った。時は大相撲の期間,サウナのテレビは必ず大相撲が映る。だからサウナにテレビが付いていても大丈夫!と思い,釜ぶたの湯に行った。サウナには大相撲がよく似合う。

オープンして半年で,サウナの温度はどうなったか気になったが,外気温上昇を受けて,それほどぬるくは感じなかった。夏だったらここでもいいのかもしれない。でもホームサウナのかわら亭の回数券を買っちゃったからな。

今日は若者の団体が下の温泉で大きな声でくっちゃべっていただけで,上のサウナエリアにはうるさいおっさんがいなくて快適だった。うるさいのは若くても年寄りでも男でも女でも関係ないんだな。

さて,今日の目当ては塩サウナだ。サウナタイムの記事で,塩サウナ特集をしていた。それを読んで,塩サウナはこう入るのかと勉強をしたので,入ってみた。塩は体に塗り込まず,乗せるだけ。汗をかいてだんだん塩が溶けて流れていく。12分も入っていると,うっすらと乗せていた塩全体が溶けて行く。

塩の効果はスキンケアということで,血流にはあまり関係ないようだが,シャワーで流した後,なんだか全身がさっぱりしたような気がする。そしてこの釜ぶたの湯はアルカリ泉質だから,肌の古い角質がペロリとはがれた感じがする。

そして〆にドライサウナに入り,外気浴をする。気温がちょうどよく,今日はそよ風が吹いている感じだったから,気持ちいいのだが,なぜかそれほどととのわなかった。外気浴後の温泉が体中にじんわりと感じられ,それは気持ちよかったなぁ。

今日のととのい度→2 ☆☆★★★

2019-05-14授業目標について

[]授業目標について 授業目標について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業目標について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業目標について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190514161437j:image

アクティブ・ラーニングが生起する授業デザインは,学習者全員が分からない問から生まれる。一瞬で答えが出る問からはアクティブ・ラーニングは生まれない。それは誰もが承知してくれると思う。

更に一歩進めて,教師さえも分からない(迷っている)問の方が,アクティブ・ラーニングは生まれる。教師の中に「答え」がある場合,学習者は教師の中の答えを引き出そうとするからだ。

アクティブ・ラーニングの生起を意図するのであれば,高校の場合(いや,高校ではなくとも),目標は学問的真理の追究や社会問題の解決などにするべきだと思っている。誰もが簡単に達成する目標を設定したとしても,達成しなかった場合,「個人の責任」となりがちになるが,学問的真理の追究や社会問題の解決となると,これは全員が取り組む問題であるとの意識が生まれるからだ。

といっても,学習者全員の興味・関心を引き起こす課題は,とても難しい。しかし不可能ではない。これは授業の持って行き方である。課題さえ作れば,OKということではなく,それまでの授業づくりによって課題への取り組み方を養成していく必要がある。養成していけば,課題作成は比較的簡単になる。

イメージとしてサッカーチームが勝利に向かってプレイすることが似ている。個人個人はいろんな能力がある。ドリブルが得意な人も,足が速い人も,持久力がある人も,ボール奪取が得意な人も。逆に短所も人それぞれである。サッカーはゴールを奪うスポーツである。全員がゴールを奪うことに向かって動かなければならない。チームの11人に,「5回シュートしたら目標達成だ。」なんていう監督はいない。

それぞれが自分の長所を活かし,他人の足りないところを補い,全員が自分の普段の力よりちょっとずつオーバーワークすることで勝利に繋がる。それは,あるプレイヤーはスプリント10回だったところを12回するようになったり,10回に3回くらいドリブルで突破されてしまう人が,2回におさめるとか,そういうことだ。その11人が同じフィールドでそれぞれできることをやっていく。そこが重要なのだ。

可能性としては,10人が必死にやって,1人が怠けていても,その試合に勝つことができるかもしれない。しかし,その試合には勝てても,次からの試合に勝ち続けられるほど甘くはない。監督の仕事は選手全員がそれぞれの仕事を責任を持ってやらせることだ。目標はきっと目の前の試合だけではない。その先の「優勝」ということを考えれば,1人の怠け者がいると命取りになる。監督だって絶対的な「正解」なんて分からない。「よりよい」方法を試行錯誤して試すだけだ。

話は戻って,だから,教科の授業においてその教科の「面白さ(学問的真理の追究・社会問題の解決)」を大切に課題設定すべきだと思う。「面白さ」は「奥深さ」に繋がる。簡単に「正解」が生まれない,簡単に「目標達成」できない課題こそが,本当のアクティブ・ラーニングが生まれるのだと思う。

2019-05-10授業の上手な先生

[]授業の上手な先生 授業の上手な先生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業の上手な先生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 授業の上手な先生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190510091218p:image

授業の上手な先生には2タイプいると思う。

  1. 授業のマネージメント力が上手なタイプ
  2. 課題設定が上手なタイプ

もちろんどちらも併せ持っていればいいのだけれど,初めは「授業のマネージメント力が上手なタイプ」を目指して行くんだと思う。

「授業のマネージメント」とは,1時間の流れを把握し,脇道にそれたら調整したり,緊張がゆるんできたと思ったら,休憩を入れたり,学習者からの発言を調整し,修正し,矯正し,ゴールに向かって作っていく力である。力がある教師の授業では,学習者は考えるし,対話するし,学ぶことになる。

そうなると,授業課題はぼんやりすることが多い。あまりそれを気にかけない。時には本時の目標を提示しないことさえある。授業中のマネージメント力が強いから,いろいろ修正できるのだ。曖昧な課題に対して学習者の反応を見て,補足説明,補足質問をどんどん示していく。その力があるからこそ,目標を提示しなくても,ぼんやりした課題でも,何とかやっていけるのだ。その力を「授業力」と捉えている人も多い。

「課題を設定する力」とは,学習の目標,本時の目標などと単元の課題,本時の課題が全てストーリーとして繋がっていることを説明でき,「今日はこれをやります」と示すことで,学習者は課題を達成しようと取り組む。その課題は例えば,「この物語は何を描いているのでしょうか?」というぼんやりしたものではなく,「主人公の劣勢が優勢になったと判断できる1文を根拠を元に示しなさい。」というとてもクリティカルなものだ。

この課題を達成しようとすることで,目標も達成できる。そして,目標を達成したことにより,それを達成した後に学習者自身がその学習を解釈(意味を見つける)ことができる。つまり,主体的な学習(学習結果の主体性)が成立するのだ。

「課題設定が上手なタイプ」となると,授業のマネージメントはあまりしなくてもよくなる。学習者がマネージメントするようになるからだ。逆にぼんやりした課題しか提示できないと,マネージメント力がないと授業としてはぼんやりする。

私の高校教師経験では,初期段階では「マネージメント力」向上を目指し,終わり段階では「課題を設定する力」向上を目指していた。

2019-05-09児のそら寝

[][]児のそら寝 児のそら寝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 児のそら寝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 児のそら寝 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190509104034j:image

今日の「中学校高等学校国語科授業づくり演習」のテーマは古文教材「児のそら寝」だった。この題材は高校1年生の一番初めに扱う古文ということころが多い。教科書を比べると,1年生の最初ということで,ほとんどの文章の脇に訳注が付いているものから,脚注がふんだんにあるものから,いろいろだ。

この文章で敬語を学ばせるとどこかで書かれてあったと紹介してくれたが,どうしてこの時期にこの題材で敬語をするのかちょっと疑問だ。しかも,僧が児に対して敬語を使っている。この用法はどうしてなんだ?児が「公家・武家などの子弟」ということで敬語を使っているのか?とも思えるが,僧が児を子ども扱いにしてわざと敬語を使っているとも考えられる。フォーマルな感じの敬語ではないから,人間関係が分からないまま敬語を扱うのは学習者の混乱を呼ぶだろうと意見は一致した。

この題材の課題をどうするかで,いろんな意見が出たので,列挙していく。

  • どの教科書にも「笑いを説明しなさい」というのがあるけれど,この課題はなんかぼんやりしている。
  • 「児」って性格が悪いんだか,幼いんだか,よく分からない。
  • 注に「公家・武家などの子弟で,寺社で雑務をする少年」にあるから,行儀見習いの年なんだろう。今でいう中学生くらい?
  • 何歳くらいかというのを,歴史の資料を持って来て解釈するのではなく,文中から根拠を見つけて推測していくのが「国語」の目標になるんだろう。
  • 「し出ださむを待ちて寝ざらむも,わろかりなむと思ひ」とあるんだから,そのくらいのことを考えられるということは,小学校低学年じゃないよね。
  • そして「さだめておどろかさむずらむ」と期待できるくらいだから,小学校6年生くらい?
  • このくらいのことだったら,中学生でも考えるよね。
  • それでも,ぼたもちがなくなりそうだから「えい」と返事をするって,結構幼いところもある。
  • こんな児の年齢を文章中から根拠を見つけて考えるというのって,おもしろい。
  • 学校で,この話を現代に置きかえてストーリーを作りなさいという実践をした方がいて,みんなでカラオケに行こうって話が盛り上がっているんだけれど,一人が寝ているという設定で作った生徒がいた。
  • いったい児はどこで寝ていたんだろう?
  • 台所の近くっていうことだよね。
  • 台所の近くには寝室ってないよね。疲れ果てて横でコテンって寝たのかな?
  • そうなると児のかわいさが出てくる。
  • 児はいつも怠けるやつなのか,可愛らしい子なのか,その設定で変わってくるね。
  • 敬語なんだけれど,僧が児に敬語を使っている。児から僧には話しかけていないんだけれど,これって,どちらも双方で敬語を使い合っているって考えられるんじゃない?今でいうミッション系のお嬢様学校の感じで。
  • 先生から生徒に対しても敬語使うしね。
  • 地の文を見ると,僧や児に対しての敬語は使われていない。本当に児が高貴で敬語が使われているんだったら,地の文でも敬語があるはず。
  • テストを作るんだったら,どんなのを作りますか?「何歳か?」ということを授業で課題にして,テストはどう訊くのかな?と思って。
  • 「文中より根拠を出して,年齢を説明しなさい。」かな?根拠と年齢が論理的に説明してあれば○かな?
  • 他の所だったら,「「ずちなくて」とある児の感情を説明しなさい。100字程度で。」かな?ちゃんと内容をわかっている人だったら,直前の表記ではなく,食べたいんだけれど,すぐに起きないで待っていたということも書くだろうから。
  • この僧たちの笑いって決め手がないよね。
  • 「無期ののちに」ってあるけれど,何の後かっていうと,「おどろかせたまへ」の後だよね。起こされたことに対する「えい」の返事だから,「いったいいつ返事してんの?」ということで笑いが生まれているんだよね。
  • そうか,「僧たち笑ふこと限りなし」を説明するじゃなくて,「どんなツッコミの言葉をかけたらいいか?」という課題だったら,笑いが説明できる!
  • なるほど!

古典学習の1つの意味は,現代では分からない文化や時代背景を言葉から推測できるということ。現代文だったら言葉を読まなくてもなんとなく雰囲気でわかるところがあるから,そうなると言葉を学ぶことにならない可能性が出てくる。古典だからそれが出来るということが今回の授業でわかったことだ。

2019-05-07社会科教育の目標

[授業][社会]社会科教育の目標  [授業][社会]社会科教育の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク -  [授業][社会]社会科教育の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕  [授業][社会]社会科教育の目標 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20190507152938j:image

今回の「教科の特質に応じた見方・考え方を働かせる授業づくりの実践と課題」のテーマは「社会科」。中学校社会科指導要領を読み解いた。

主要な意見を記載し,授業の流れを追っていく。

 社会的な見方・考え方を働かせ,課題を追求したり解決したりする活動を通して,広い視野に立ち,グローバル化する国際社会に主体的に生きる平和で民主的な国家及び社会の形成者に必要な公民としての資質・能力の基礎を次の通り育成することを目指す。

・「グローバル化する国際社会」に「主体的に生きる」とあるが,グローバル化をそのまま受け入れるような産業界の要請があるが,それに対して流されないで「主体的に」とあるから,産業界の要請をそのまま受け入れるという感じじゃないのが今回読んでみて発見だった。

・多面的に,多角的にいろんなものを見る視点を養うということは,グローバル化自体もそのまま受け入れないで,多面的にそれを見る力を養うという。

・英語教育で,「なんで英語を勉強する必要があるの?」と聞いた場合,「グローバル化に対応するため」なんていう答えが出てきそうだけれど,英語の先生って,案外そう答えない人が多い。

・大学で習ったときは「公民教育」だと教えられた。「国家の政治に参加する権利を持つものとしての国民,市民」を養うんだっていう。これこそが社会科の目的だという。

・自分が受けてきた授業では,ほぼ全てが単語の暗記だったけれど,単語の暗記じゃ,公民教育はできないよね。

・なんであんな勉強になるんだろう?

・社会科の語句を知るだけじゃだめで,その後の結果がどうなったかを理解しないと,現代に活かせない。

・原因と結果を知っただけでも活かせない。実際に自分で考えてみないと。ケーススタディをしないと,今生きている世に活かせない。

・私は歴史のここの部分が大好きで,社会が好きになった。初めドラマで見て,全然分からなくって,ちょっと悔しくて一生懸命勉強した。

・本当にその部分が好きで,深く掘り下げて,趣味みたいになって,それはそれでいいんだけれど,趣味みたい,おたくみたいにそこの部分だけ詳しくなっても,学校教育として,社会科教育として,不完全だよね。

・もちろん,それがきっかけで,詳しく知るということはいいことなんだけれど,学校教育としては,どうすればいいんだろう?

・結局は,他の所との繋がりを理解することが重要じゃないかな?

・つながりを理解し,流れを理解することで,今に活かせる。多面的に見ることができる。過去の失敗を反省し,今に活かす。

・P27に「このような時代だかこそ,子どもたちは,変化を前向きに受けとめ,私たちの……」ってある。「前向きに受けとめ」という部分が大変だよね。

・年寄りは「昔がよかった」ということに固執しそうだけれど,変化を前向きに受けとめるように仕向けていかなければならない。

・社会科の先生,大変だな。

・「平和で民主的な国家及び社会の形成者に必要な公民としての資質・能力」ってあるけれど,「公民」がいなければ,国家,社会が形成されないし,しかも,それが「平和」,「民主的」でなければならない。

・「平和」,「民主的」って書いてあるっていうことは,何もしなければそれらが失われていくということ。

・努力によって「平和」,「民主」が保たれているという意識を社会科教員は持たなければいけない。日本の教科書には絶対「今は平和ではない」,「今は民主的ではない」とは書かない。そんなことを書くと検定に通らない。だから,内容は,「今のような平和で民主的な社会が生まれました」というように持って行っている。

・それに対して,「本当にそうなのか?」,「何もしなくてもそれらは保たれるのか?」と常に問いかけるのが社会科教員の仕事のはず。

・教科書に記載されているものの暗記をさせていたら,「本当に平和?」,「本当に民主的?」と学習者が問い直すことはできないはず。

・かといって社会に対する不満を煽る授業もできないし。

・今ある世の中は絶対ではないということを語れるのが社会教師だ。

・うーん,社会科教師って,大変。

2019-05-05長八温泉 花の湯館

[]長八温泉 花の湯館 長八温泉 花の湯館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 長八温泉 花の湯館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 長八温泉 花の湯館 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

長男がなんと,長八温泉 花の湯館の近くに引っ越し,家族4人で長男のアパートに泊まって富山旅行をした。風呂は花の湯館にみんなで行った。

休日夕方だったが,それほど混んでいなかった。800円という高値だからか?子どもたちはサウナにも入らず800円だから,結構割高なんだよな。サウナに入るんだったら,ちょっと高いくらい。

前回と同じようにサウナは熱く,水風呂は冷たかった。露天風呂もあるから,外気浴として,岩の上で休めるのもよい。そこに椅子があると最高なんだが。

まぁ,値段相応で楽しめたのだが,驚いたのが,アルバイトとおぼしき若い女の子が「マットの取り替えです」と言って男風呂に入ってきて,サウナのドアを全開にして出るのを待っていたということ。いやいや,今までサウナのマット替えは,入っている人を出すようなことはほとんどなく,立ってマットを取りやすくして,替えたマットに座り,入れ替わりながらやっていた。若い女の子だから,そういうことはできないのかもしれないが,しかし,サウナのドアの前回には参った。急激に温度が下がってしまう。マット替えが終わった後は,それほど熱くなかった。

花の湯館も,アルバイトにすごいことさせるなぁ。

今日のととのい度→4 ☆☆☆☆★

外気浴がよかった。