Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-12-17国語教員としての資質・能力

[][]国語教員としての資質 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 国語教員としての資質 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20181218111444g:image

国語教員としての資質とはなにか?」という問いに,最低条件として「言語に敏感であること。」と答えたい。国語は主に日本語という言語を扱う教科である。その言語に敏感でなければ,いけない。

「敏感」というのは,「正確」であるということと,「感性豊か」ということだ。言語に関して間違わない(自他)ということと,言語から想像できるということだ。

「正確」ということは特に教育現場に求められる。特に国語は「言語」そのものを学ぶ教科だから,そのテキストが間違っていては,学習者にその間違ったテキストを読むことを強いることになる。絶対にあってはならないことなのだ。

学習者に提供する前のチェックが必要だし,もしそのチェックからすり抜けても,授業中にそのテキストを提示しているときに気づいてすぐに訂正する感覚が必要だ。「何かおかしい?」と気づくことが必要だ。そのためにはたくさん読む必要があるし,自分が入力したテキストだったら自分を信じず少なくともダブルチェックする習慣がなければならない。

間違ったテキストを音読,暗唱させられる学習者のことを想像すると,単なるケアレスミスでは絶対に済まされない。授業者はとても恐ろしいことを学習者に対してしているという感覚になる。この感覚を持ち得ていない人は,国語教師になんてなってほしくない。