Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-09-25「主体的」と「対話的」について

[]「主体的」と「対話的」について 「主体的」と「対話的」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「主体的」と「対話的」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「主体的」と「対話的」について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20180925104532j:image

こんな文章を読んだ。

到来した者の言葉は、私の理解や共感を超えているにもかかわらず、その理解できない言葉を,私はそれでもなお一個の「主体」として引き受け、聴き取らなければならないからである。この背理的な責任の引き受けを通して、初めて「主体」は成立する。

「主体」というのは、理解を絶した異語「おのれの責任において」聴き取り、その意味を「おのれの責任において」解釈する者のことである。そのような仕方で「責任を取り得る」者だけが「主体」として立ちうるのである。

(内田樹:『ためらいの倫理学』,角川文庫,2003,「越境と巡歴」,p.294)

内容的には「神の言葉」や,「布教」などについて触れている部分なのだが,「主体」と「対話」の関係が述べられている。「主体性」がなければ「対話」にはなりえないということだ。

簡単にいえば,

何でも言いなりになり,人に言われたことを鵜呑みにする主体性が無い人や,「おのれの責任において」聞く耳を持たなくなった人は対話はできない。

ということだ。

「対話」というのは,相手がいかに自分の理解や共感を超えていようとも,相手の存在を認め,尊敬する気持ちがなければ成り立たない。それがなければ「言い合い」,「口げんか」となる。「主体的・対話的で深い学び」には,実は「対話的」に大きな意味が含まれていたのか。

そうすることで「その意味を「おのれの責任において」解釈する」ことができる。まさに,

意味を自分で見つける

という「深い学び」が起こるということだ。