Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は
2018/8/4〜5に静岡県総合研修所「もくせい会館」でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-07-14焼肉ドラゴン

[]焼肉ドラゴン 2018 焼肉ドラゴン 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 焼肉ドラゴン 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 焼肉ドラゴン 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

真木よう子,井上真央,桜庭ななみの3姉妹なのだが,これほど美人がそろうことがあるのか?と思ってしまい,それぞれがみんなエロい。特に井上真央が,これまでのイメージを払拭する演技で,気が強くて,エロくて,関西弁。新たな境地を作ったと思う。

  • 本当は姉が好きなのに,妹と結婚する
  • 本当は結婚しているのに,他の人と愛し合う
  • 本当は国有地なのに,金を払って土地を買う
  • 本当は韓国人なのに,日本に住むしかない
  • 本当は可愛くてしょうがないのに,いじめられている学校に通わせる
  • 本当は家族といたいのに,北へ行く
  • 本当は日本が憎いのに,受け入れる

社会は様々なところで矛盾や噓を孕んでいるのだが,それを見ないようにしたり,誤魔化しながら生きていくしかないということを露わにしている映画だった。

その中でたくさんの苦労をしてきた父親が最後にとつとつと自分の人生を語る。語れないほどの凄惨な経験をしていたが,とても穏やかで,優しく,とても強い。妻や子や親戚への愛情が強く,とても美しい父親だと思った。

f:id:F-Katagiri:20180717174628j:image

f:id:F-Katagiri:20180717174634j:image

2018-07-08松本・妙高の旅

[]松本・妙高の旅 2 松本・妙高の旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 松本・妙高の旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 松本・妙高の旅 2 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

次男は何度も上越のアパートに泊まっているのだが,今回はカミさんも泊まり,2日目は余裕を持って観光ができる。夏にもなったし,苗名滝のそうめんを食べさせてやりたいと思い出発した。

f:id:F-Katagiri:20180709121657j:image:w260:left

あまりに早いとお腹も減らないので,以前,妙高高原中学校の生徒が妙高の観光PVを作ったのを見たことがあったので,いもり池に行くことにした。そこに足湯があるとPVの中で言っていたので,それを目当てに。

いもり池は水が綺麗で,蓮が咲いていた。水芭蕉はもう終わっていた。木曾義仲が立ち寄ったという池だそうだ。なんと木曾義仲は越後守になっていたのかと,そこの立て看板で知った。

足湯はちょっとぬるめだったが,源泉は熱かった。足を出すと寒く感じるのだが,上がってしばらく経つと足がぽかぽかしてくる。いい足湯だった。PVでは屋根があったように記憶していたが,勘違いだったか?

苗名滝を見る前に,そうめんを食べることにした。きっとお昼時には混んでしまうからと,ちょっと早めの昼食にした。やっぱり3人で行くと,流す人と食べる人で,分担でき,落ち着く。以前は次男と2人で行ったもんだから,世話しなかった。そうめんのうまさは水だなと改めてわかった。

前に来たときも思ったと思うんだけれど,苗名滝までの道のりが思いの外遠い。晴れていても道は湿っているから,雨の時には来られないだろうな。今回の大雨で水量が大変なことになっているのか?と思ったが,そうでもなかった。こっちはそれほど降っていなかったのか。道中,次男とアニメの話ができた。私が最近気に入ってみているアニメ(物語シリーズ)を次男がいつの間にか観ているというのだ。CSでやっていたのをちょっと観たというのだが,「たまに本当に恐いシーンもあるから,1人じゃ観られないよ。」とホラー嫌いの次男をちょっと脅しておいた。

12時過ぎには観光も終わり,次男は明日からの学校の準備を全くしていないというので,2人は自動車で帰っていった。上越のアパートに来てくれるというのはとても嬉しいが,帰るのを見送って取り残されるのは,いつも以上に寂しく感じた。

冬か春に家族全員で上越に来てくれて,アパートから妙高のスキー場に行けたらいいなぁ。

f:id:F-Katagiri:20180709121623j:image

2018-07-07松本・妙高の旅

[][]松本・妙高の旅1 松本・妙高の旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 松本・妙高の旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 松本・妙高の旅1 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

上越に住むようになって,絶対松本アルウィンスタジアムに行きたいと思っていた。ワールドカップがあり,J1の試合がないため,J2の試合が土曜日になり,カミさんや次男も来られる日程となった。

名古屋にいる親戚とも松本で待ち合わせてアウェイ参戦となった。しかし,このたびの大雨で名古屋からの高速道路が一部普通となり,その区間は下道で来なければならない。こっちは上越でかみさんたちと合流し,上越からスムーズに高速道路で行けた。現在新潟観光パスで高速道が定額となり,割安で行けるかな?と思ったのだが,長野県エリアは更埴ICまでとなり,上越から乗るには割高となることに気づき,使わなかった。

心配なのは松本の天気だったが,大雨を覚悟したが,ちょっとパラパラ降っただけで,傘はほとんどいらなかった。

松本を知っている人たちにお勧めのそば屋をいろいろ教えてもらったが,お勧めの店で,松本城から一番近いところに立ち寄ると,長蛇の列だった。うーん,ここで並んで食べるかどうか一瞬迷ったが,アルウィンスタジアムまで渋滞になると噂で聞いていたので,余裕を持たせるためにそこで食べるのは断念し,松本城最寄りのそば屋に入った。蕎麦が食えない次男は握りを頼む。コスパ的に空いているのは納得だったな。

f:id:F-Katagiri:20180709122552j:image:w260:left

松本城は,それほど混んでいなかった。階段を登るところどころに係員がいて,足もとを気をつけさせる気遣いは見事だった。かなり急な階段(というよりも,梯子並)があり,大変なところもあった。それほど高台にあるわけではなく,近くまで行かないと天守閣が見えない松本城,何度も近くは通っていたのだが,ようやく見物することができた。

試合開始3時間半前にスタジアムに到着した。思ったよりも道は混んでいなかった。早めに動いたからか?それでもアウェイ待機列にはかなりのアルビサポが並んでいた。





f:id:F-Katagiri:20180709121509j:image:w260:left

名古屋の親戚と駐車場で合流し,とりあえず待機列に並ぶ。開門まであと1時間強。周りは緑で,田んぼと山しかない。松本のチームカラーが緑なのもうなずける。雨もほとんど降らず,日差しもなく,待ちやすい気候だった。助かった。次男もぐずらない。飲料をコンビニで買えばよかったと後悔し,売店に行く。驚いたのが,ビッグスワンに比べて,売店で並んでいる人が異常に少ないということ。店の数が多いというわけではないのだが,どうしてこんなにすぐに買えるの?並んでいたとしても10人にもならない列だった。3時間以上前だからか?と思ったが,入場して,スタジアム内の売店でもほぼ待たずに買えた。

松本山雅FCといえば,アルビの「レジェンド」反町監督のチームである。アルビサポにとって思い入れは強い。思い入れが強すぎて,今,こんな成績でも,松本に勝てばそれでもいいか……なんて思っていたのが思い上がりで,アルビは弱すぎた。松本に太刀打ちできない。アルビサポの応援もちぐはぐだし,タオルマフラーを振り回して応援する松本サポの笑顔がうらやましすぎた。

続きを読む