Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2018/8/3〜4に福岡県,《日付未定》長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-06-29進路指導について

[]進路指導について 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以前に勤務していた工業高校の同僚会でいろんな話を聞いた。そこで,小学校,中学校の先生,普通教科の高校の先生がいかに専門高校のことを知らないかという話になった。

それはその通りで,小学校,中学校,普通教科の高校の先生は,ほとんどが大学の教育学部に進む。ほとんどの人たちは普通高校からその大学に進む。全く専門高校に触れないで暮らしている。私だってそうだった。商業高校,工業高校に勤めることで,初めて知ったことはたくさんあった。

ちょっと前の日本は今以上に「普通科志向」が強く,専門高校を無くしてしまおうという動きもあった。「専門高校があるから,そこに進まなければいけない子どもがいて,かわいそうだ。だから無くしてしまおう。」本当にそんな風潮があった。「これからの日本,これからの教育」(前川喜平/寺脇研)ちくま新書 に書いてある。とんでもないことだ。

寺脇研さんは文科省官僚時代「それはおかしい」ということで,全国の専門高校を視察に行き,各専門高校の教育内容の素晴らしさを知り,残すように動いたそうだ。

小・中の先生方は,専門高校のことをあまり知らず,偏差値だけで進路指導するから,専門高校を低く見て,ますます「普通科志向」が強まる。

専門高校の学校説明会で,「今年は○○大学に◎名入った」なんていう情報しか伝えないと,専門高校の教育的価値が伝わらない。

ある工業高校では,卒業後,大手製造メーカー就職し,製造職ではなく,管理部門に何人も就いているというのだ。大卒でさえ,そこに入るのは難しいのに。何でもかんでも普通科に行かせ,大学に行かせても,そのメーカーには就職できない場合が多い。近くの高校でそのパイプがあるのだったら,その高校に進学した方がよっぽどいいことになる。中学校の進路指導はそのことも想定して指導できたほうがいい。しかしそんな情報はあまり伝わらない。

なるほど,と思う話も聞いた。今,建設ラッシュで建物が増えているのだが,この建設ラッシュは必ず一段落する。その時必要な人材は何か。インフラをメンテナンスする技術を持っている人だ。メンテナンスする人がいなければ,建物は機能しない。建物はたくさんあるが,メンテナンスする人が不足するということになる。それの技術を持っている価値がどんどん高くなるということになる。

長期的な視野を持って進路指導ができると,本当に目の前の子どものためになる。


これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)前川 喜平 寺脇 研

筑摩書房 2017-11-08
売り上げランキング : 6072


Amazonで詳しく見る
by G-Tools