Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-06-29進路指導について

[]進路指導について 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 進路指導について - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

以前に勤務していた工業高校の同僚会でいろんな話を聞いた。そこで,小学校,中学校の先生,普通教科の高校の先生がいかに専門高校のことを知らないかという話になった。

それはその通りで,小学校,中学校,普通教科の高校の先生は,ほとんどが大学の教育学部に進む。ほとんどの人たちは普通高校からその大学に進む。全く専門高校に触れないで暮らしている。私だってそうだった。商業高校,工業高校に勤めることで,初めて知ったことはたくさんあった。

ちょっと前の日本は今以上に「普通科志向」が強く,専門高校を無くしてしまおうという動きもあった。「専門高校があるから,そこに進まなければいけない子どもがいて,かわいそうだ。だから無くしてしまおう。」本当にそんな風潮があった。「これからの日本,これからの教育」(前川喜平/寺脇研)ちくま新書 に書いてある。とんでもないことだ。

寺脇研さんは文科省官僚時代「それはおかしい」ということで,全国の専門高校を視察に行き,各専門高校の教育内容の素晴らしさを知り,残すように動いたそうだ。

小・中の先生方は,専門高校のことをあまり知らず,偏差値だけで進路指導するから,専門高校を低く見て,ますます「普通科志向」が強まる。

専門高校の学校説明会で,「今年は○○大学に◎名入った」なんていう情報しか伝えないと,専門高校の教育的価値が伝わらない。

ある工業高校では,卒業後,大手製造メーカー就職し,製造職ではなく,管理部門に何人も就いているというのだ。大卒でさえ,そこに入るのは難しいのに。何でもかんでも普通科に行かせ,大学に行かせても,そのメーカーには就職できない場合が多い。近くの高校でそのパイプがあるのだったら,その高校に進学した方がよっぽどいいことになる。中学校の進路指導はそのことも想定して指導できたほうがいい。しかしそんな情報はあまり伝わらない。

なるほど,と思う話も聞いた。今,建設ラッシュで建物が増えているのだが,この建設ラッシュは必ず一段落する。その時必要な人材は何か。インフラをメンテナンスする技術を持っている人だ。メンテナンスする人がいなければ,建物は機能しない。建物はたくさんあるが,メンテナンスする人が不足するということになる。それの技術を持っている価値がどんどん高くなるということになる。

長期的な視野を持って進路指導ができると,本当に目の前の子どものためになる。


これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)
これからの日本、これからの教育 (ちくま新書)前川 喜平 寺脇 研

筑摩書房 2017-11-08
売り上げランキング : 6072


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2018-06-26万引き家族

[]万引き家族 2018 万引き家族 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 万引き家族 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 万引き家族 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

超話題映画なのだから,いろんなことを言う人はいるけれど,文句なしにすばらしい映画だった。文句しか言わない人は,この映画と自分の利害が対立してしまって,自分の利益を優先するためにコケ降ろしているのだろう。

子役がうまくて,松岡茉優がエロくて,安藤サクラが綺麗で,それだけでも観るべき映画だ。1回観ただけではいろいろな疑問が解決できない映画だった。

「万引き家族」だから悪に満ちあふれている映画でも何でも無くて,互いに思いやり,優しさがあり,外面しか見ない「官」への批判があふれている。正義論しか言わない役人は,人間の弱さやちょっとの悪い面を「完全悪」としか見ない一部教師にも通じるところがあるな,と自己反省も促す。

以下,ネタバレになりそうだけれど,知って見ても感動は変わりないと思うので,続きはリンクへ。

続きを読む

2018-06-23静岡『学び合い』の会 第6回研究会

F-Katagiri20180623

[]静岡『学び合い』の会 第6回研究会 静岡『学び合い』の会 第6回研究会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 静岡『学び合い』の会 第6回研究会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 静岡『学び合い』の会 第6回研究会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

夏にはフォーラムも静岡で開催するし,お得なJR切符も手に入れたし,静岡市で開催の研究会に参加してきた。静岡は約10年ぶり2回目の訪問だった(と思う)。10年前は大学院時代の後輩(同学年)Yさんの家にお邪魔して,Yさんの勤務小学校の授業を見にいった。冬だったような気がする。冬なのに小学生たちは半ズボンで元気だった。富士山を見たような気がする。

今回は富士山を見るのも楽しみだったのだが,残念ながらひとかけらも見ることができなかった。曇っていたし,研究会会場に着く前から本降りの雨が降っていた。あんなでかくても雨が降れば見られないのか。

さて,「学術研究から観る『学び合い』に」ついて話してくれとの運営側の2日前の無茶振りで,薄い内容を話してしまったが,話す機会をくれた運営さんに感謝だった。前に出て話すことで,その後のフリートークでいろんな方と話すことができた。

静岡は本当に今,『学び合い』が熱い。この盛り上がりは何だろう?もちろん地元の方の努力もあるのだが,「今変わろう」という先生方が多いということなんだろう。

初めて数年という方ともたくさん話すことができた。

  • 今,『学び合い』をやっていて,そのまま転勤してしまったら,『学び合い』から離れてしまう子どもが生まれ,その子たちはどうなるのか?
  • 本を読んで,課題プリントを作ったのだが,どうも生徒たちが乗ってこない。この課題のどこが悪いのか?
  • クラスに子どもが数人しかいないし,下級生もいない。上級生と交流させると,上級生から指導されてイヤになって授業に乗ってこない。

みんなで対策を考えた。いろいろなアイディアが出た。

ひとつ考えたのが,教師は「言語化」させすぎだということ。物事を理解することと,その理解したことを言語化するのは,別の働きだ。言語化させすぎて子どもたちがイヤになることもある。すばらしい音楽や,絵画を鑑賞して感動したことを無理矢理言語化して,その感動が矮小化するということはよくある。言語というのは物事を「檻」に閉じ込めるものだ。閉じ込めるから「わかる」ということも生じるが,閉じ込めるということは,そこに収まらないことを切り捨てるということになる。

読書感想文を書かせると読書が嫌いになるなんていうのは,大昔から現場でいわれていることだ。

言語化させる効果もあるが言語化することで生まれるデメリットもある。それを考えてわれわれ教師は「説明させる」ということを使わなければならない。言語化は主に教師の都合でつかっている場合が多い。教師が学びの評価をするために言語化させて,外部から見えるようにしているという場合が多い。

じゃあ誰が評価するのか?という疑問が生まれるが,「学習者自身が評価する」ということでいい。学習者が評価し,そして次の学びに繋げていくのが『学び合い』的学習である。

なんてことを懇親会でも喋っていたら,喉がつぶれてしまった。いかん,久しぶりに40人ぐらいの人たちにマイク無しで喋って,必要以上に喉を使ってしまった。その後酒を飲んで楽しく喋っていたら声が出なくなってしまった。『学び合い』懇親会ハンパない。

しかも2次会では地元の本当においしい軍鶏を出してくれる店に今年修了院生Oさんに連れて行ってもらって,さんざん飲んで食べてしまった。静岡の飲み屋街は本当にいいところだった。

2018-06-13あなた,その川を渡らないで

F-Katagiri20180613

[]あなた,その川を渡らないで 2013 あなた,その川を渡らないで 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - あなた,その川を渡らないで 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 あなた,その川を渡らないで 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

高田世界館で視聴。

ずいぶん前にこの映画評を聴き,気にかかっていた映画だった。そうしたら高田世界館でやると知り,これは絶対に観に行かないといけないと思った。

韓国の老夫婦(夫98歳,妻89歳)のドキュメント映画だ。タイトル通り,夫が「川を渡る」=「亡くなる」までの1年数ヶ月をとても近い映像で記録している。

2人が本当に若い恋人のように接している姿をそのままの映像で流している。回想シーンや想像シーンなどは全くない。そういうのは「過去を語る」ということで現している。

どこに出かけるのにも色鮮やかなおそろいの民族衣装で出かける。1枚の絵画のようだし,民族人形のようだった。

続きを読む

2018-06-07東下り(伊勢物語)

[][][]東下り(伊勢物語) 東下り(伊勢物語) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 東下り(伊勢物語) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 東下り(伊勢物語) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

中学校・高等学校授業づくり演習の6つ目の題材は「東下り」高校1年生古典(国語総合)の定番中の定番教材だ。私も高校時代に教育実習生から習った記憶がある。

題材提供者は,「歌物語で,歌と地の文の取扱いのバランスや,高校生にとっては初めての古文和歌ということもあり,訓詁注釈だけやっていれば時間は過ぎるのだが,それだけでは面白味がない。」ということで選んだそうだ。

《不明点など》

 この「東下り」って,何時間で授業をするものなんですか?

 指導書だと配当は3時間になっているけれどね。

 あ,私は高校教師時代,9時間かけてた。3時間じゃ終わらないよね。だいたいこの和歌の説明だけで1時間くらいかかるもん。

 文法をだけをやっていたような気もします。

 あと和歌の修辞法も。

 盛りだくさんすぎますよね。

 盛りだくさんすぎるんですけれど,音読をガンガンやらせて,暗唱させていたから,むしろ,この「東下り」さえ覚えておけば,他に使えるというか。

 「唐衣」の歌なんて,和歌の修辞法がほぼ詰まっているから,この歌さえ覚えておけば,修辞法が理解できますよね。

 しかし,本当に情報過多だから,聴いている生徒は本当にイヤになりますよね。


 新潟でこれをやっても,八橋とか,駿河とか,富士山とか,なんか,土地勘がないから,全然イメージできないというか。

 そうですね。

 きっと東海に住んでいる生徒だったら,どれかイメージつくから,自分のものになるというか。

 富士山だって,新潟の人は見たことはあるんだろうけれど,どんなだかピンと来ない。

 紀行文っぽい文章ですよね。紀行文って何をポイントにやればいいんでしょう?

 かきつばただって,昔はドブ川とか,湿地帯とか平気でそこら辺にあったけれど,今はみんなコンクリートに覆われて,生えてないですよね。アヤメとか,そういう花って見かけなくなりましたよね。


 京にいることができなくなったって,どういうことかわからないですよね。

 前の文章の「芥川」で設定を理解しないと,なんで「東下り」なのか,わからないですよね。この女の人と駆け落ちしたから,京にいられなくなったって。

 東に逃げているっていうんだけれど,東京に近づいているから,都会なんじゃないか?って。

 今の感覚だとそうですよね。この当時は人が住むようなところじゃないというか,身の安全が確保できないというか,京の人にとっては未開の地ですからね。その感覚もわかってもらえないと。


 「時知らぬ」の歌って,単に富士山見てびっくり!ってだけでしょうか?

 そうですね。他は京に置いてきた女性を思っている歌なのに,どうしてこれだけ「富士山綺麗だな。」みたいな内容なんでしょう?

 それほど富士山に感動したということなんでしょうか?

 「鹿の子まだら」ってありますが,この挿絵を見ると,どこにも「鹿の子まだら」になってないですよね。頂上が真っ白に雪をかぶっていて。

 この下に生えているのは梅ですか?なんだか,梅が咲いているところでほっとしている絵みたい。

 都落ちをしている「悲壮感」なんてないですね。この絵は。


 「駿河なる」の歌では,「うつつにも夢にも人にあはぬなりけり」っていうのは,修行者に会ったから,びっくり!みたいな歌かな?

 現実にもほとんど人がいないところで,山賊かと思ったら見知った人だったという驚きでしょうか?

 それでも,夢にその人が出てきていないということは,「あなたは私のことをもう思っていないんですか?」っていうことでしょうか?


 この「東下り」の感覚って,高校生にはわからないですよね。難しいというか,現実味がないから。今の旅行と全く違うという。

 ほら,「電波少年」の,南米編みたいな,ヤギ連れて荒れ野を歩いて行くという。

 ん?

 「電波少年」わかります?

 猿岩石のやつ?

 そうそう。猿岩石のやつは,結構街があるところを通って行くから,そっちじゃなくって,南米編は,荒れ果てたところをとぼとぼ歩いて行くという。

 なんか,今まで住んでいるところに住めなくなって,流されていくっていう感覚,憧れるというか,その「無用感」ってわかるんですよね。大人になると。「自分は必要無いんじゃないか?」っていう「えうなきもの」の感覚。

 ……


《そろそろ課題に……》

 歌を自分たちで解釈してみよう……とか。文法書を駆使して。

 歌物語だから,歌中心だから,歌から見ていけるような課題がいいですよね。

 先ず歌を解釈する。地の文の解釈はあとにするとか。

 各歌で描かれているのは,地の文のどこにある?なんていう課題がいいんじゃないでしょうか?たとえば,「はるばるきぬる」というのは,どうして「はるばるきぬる」なのか,地の文から見つけてみる。他の所もそんな感じで。

 なるほど「京にはあらじ,東の方に住むべき国求めにとて行きけり。」だからみたいな。

 そうすると和歌を読んで,地の文を読みますよね。

 歌物語の成立の順番ですね。

高校教師時代は,この教材になると,ルーティーン的に授業で扱うことが決まっていて,「古文の世界はこんなに面白く,表現がこんなに工夫されているんだぞ!」と,情報過多で扱っていたのだが,「東下り」の真の面白さに迫れてなかったと,今気づいた。対話することでこれほど深く考えることができるのかと思った。

2018-06-06残念な職場 53の研究が明かすヤバイ真実

[]残念な職場 53の研究が明かすヤバイ真実 河合薫著 PHP新書 残念な職場 53の研究が明かすヤバイ真実 河合薫著 PHP新書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 残念な職場 53の研究が明かすヤバイ真実 河合薫著 PHP新書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 残念な職場 53の研究が明かすヤバイ真実 河合薫著 PHP新書 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

読み始めたのだが,いろんなものに当てはまるからびっくりしている。

 逆に,噓をつことおす人のおかげで責任追及を免れる人も存在します。

 日常の業務の中にも多かれ少なかれ噓や責任逃れが横行しており,そういう人は案外,上司や周囲から重宝がられます。つまり,ウソつき上手は,上からの「引き」で出世する可能性が高まるのです。(p.46)


無責任な人たちはたびたび噓をつきます。しかしながら彼ら彼女らには,「嘘をついている」という罪悪感がいっさいありません。

 私たちは一般的に,「嘘をつき,責任を回避すると,イヤな気持ちになる」と考えます。けれども実際には,噓をつこ通すことができると,次第に〝チーターズ・ハイ〟と呼ばれる高揚感に満たされ,どんどん自分が正しいと思い込むようになっていくのです。(pp.49-55)

こういう人の例を日本やアメリカの経営者から紹介している。こういう人が「特別」ではなく,結構いるというのだ。

日本のトップは自らこれを実践し,このような経営者になれと「お手本」を示しているとしか思われない。

残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実 (PHP新書)
残念な職場 53の研究が明かすヤバい真実 (PHP新書)河合 薫

PHP研究所 2018-04-15
売り上げランキング : 1383


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2018-06-05デッドプール2

F-Katagiri20180605

[]デッドプール2 2018 デッドプール2 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - デッドプール2 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 デッドプール2 2018 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

吹き替えで観た。きっと字幕では,主人公のしゃべりについていけないと思うから。最近動体視力も落ちていて,字幕を読みながらアクションを観るという芸当ができなくなってきている。

初っぱなからド派手な殺戮シーンで,刀を使うアクションシーンでは現実はああなるんだろうなというもの。R15名のもうなずける。園子温「地獄でなぜ悪い」以来あんなシーンを観たな。

前作からそうなのだが,今作もスクリーンという第4の壁をぶち壊す作り方だった。主人公が観客を意識して,語りかけ,しかも役をぶち壊して,1人の職業としての俳優や,1人の観客として登場人物に語りかけたり突っ込んだり。デッドプールの役が演じている俳優に突っ込んだり。

これって,ほとんど観客の代弁者となっている。観客に語りかけ,観客の代弁者にもなる。朝ドラ「半分、青い。」でも,当たり前のように豊川悦司が「語り」や視聴者に語りかける時代だから,デッドプールでそれを越えるのは当たり前なのか?

それでもマーベルコミック映画をちょこっとしか観ていない私は,その語りやつっこみの半分もわからなかった。残念。コアな観客はもっと楽しめたんだろうな。ただ,「X-MENは黒人差別を問題にするために作られた」とか,「X-MENは差別主義だ」という話はわかった。

町山智浩さんが,Twitterで「デッドプール2と,万引き家族は同じテーマを描いている。」と言っていたが,なるほど,それもうなずける。デッドプール2は,様々なテーマを凝縮して詰め込んでぐちゃぐちゃにしてドロドロになったえいがだった。観ていてストーリーは単純で,とても楽しめるのだが,あとから「あ,これってあのことを描いていたのか!」とじわじわとわかってくる映画。もしかしたら今年,今まで観た映画でNo.1かも。全米で大ヒットなのもうなずける。

ブラッドピットがカメオで出てくるときいていたが,観ていて見つけられたので,とっても満足。

X-Forceとして唯一(?)の日本人が出ていたのだが,その忽那汐里(サージ)がとても魅力的だった。ウェイド(デッドプール)がサージも好きだし,コロッサスも好きなのは,町山智浩さんが言っていた「パンセクシャル」だからということでいいのかな?

2018-06-03タクシー運転手

[]タクシー運転手 約束は海を越えて 2017 タクシー運転手 約束は海を越えて 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - タクシー運転手 約束は海を越えて 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 タクシー運転手 約束は海を越えて 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

シネ・ウインドで鑑賞。公開2日目で,席はほぼ満杯。こんなマイナーっぽい映画でも,いい映画を知っている人は多いんだな。

冴えない父親が巻き込まれた境遇を乗り超えていくうちに,いつの間にかヒーローになっている話。哭声(コクソン)にも通じて,韓国映画,凄まじすぎる。

1980年の光州事件の実話をもとにした映画なのだが,1980年といえば,私は14歳で,中学生か。隣の国韓国でそんなことがあったなんてつゆ知らなかった。というか,1980年代なんて,隣の国なのに韓国の情報は今に比べたら全く入ってこないも同然で,非常に遠い国だったような気がする。

家賃を3ヶ月も滞納している父親タクシー運転手が,その滞納分を稼ぐために,ドイツ人記者を光州に送り込む。しかも,どうして学生がデモを起こしているのか,光州で何が起こっているかも全くわからず,光州に入り込んでしま。

光州の人たちは,軍人が自国民に対して銃を発砲することが起こっているのに,それが外には知らされない。報道統制もしかれ,真実が明らかにならない。光州のタクシー運転手たちは,自らが盾になり銃で撃たれた人たちを病院に運ぶこともしている。そんな運転手たちはソウルから来た主人公に同じタクシー運転手ということで,親近感を持ち,応援する。ドイツ人記者に「この現実を世界に知らしめてくれ」と命をかけて協力する。

出てくる人たちはほとんどがおっさんばかりで,綺麗なシーンも,ハリウッドばりのCGゴテゴテのスペクタクルシーンもないのだが,このデモのシーンや戦いのシーンって,きっと日本じゃこんな街中では撮影させてくれないから,日本映画では今は撮れないシーンなんだろうな,と思いながら見てきた。そんな凄まじさがある。韓国映画凄まじい。

以下,ネタバレなので,リンクから。

続きを読む

2018-06-01SNSと表現の自由

[]SNSと表現の自由 SNSと表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - SNSと表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 SNSと表現の自由 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

SNSやブログ等,インターネットメディアで表現の自由が確保されている。大昔は,webページで日記を公開しても,自分でそれを見にいかなければ目に触れることは全くなかった。

今は,自分で見ようと思わなくても,リブログやリツイートなどで,その情報が流れてくる。自分で探せなかった情報が目に触れるということで,いい機能でもあるのだが,触れたくない情報も流れてくるというデメリットもある。

「こんなやつがこんなあほなこと言っているんだよ,ひどいでしょ!」というコメントを付けてリブログしたりして,それが目に入ってくる場合,あほなことを書いている人にとって,批判されるという嫌なことに増して,リブログされて拡散されるメリットの方が大きいから,どんどんひどいことを書いているのでは?と思ってしまう。

ひどいことを書く人にとって,一番の対抗策は「無視」することだと思う。特にネット上では。反応しないこと。反応しなければ,他の人の目に触れることはない。ほぼなかったことになる。(または,なかったことに思わせる。)これが街角で表現することとの大きな違い。

私の敬愛する人のブログには,必ずその記事に病的にからむコメントを書く人がいるが,ブログ著者は完全に無視している。コメントにからまない。それが得策だとわかっているのだ。ブログのコアな読者もそれをわかっているから,からまない。

だから,SNSのリブログ機能の逆を行く,拡散を抑える機能(ディスブログ?)も作れば面白いんじゃないかな?「あ,こいつ,こんなひどいことを言っている」と思ったら,ディスブログボタンを押す。そうして,リブログされた回数からディスブログされた回数をさっ引いてネットに拡散される。ディスブログ回数が上回れば,元の書き込みは保持されたまま,自分でその書き込みを読みに行こうとしない限りは他の人の目には触れない。そうすれば書き込み自体が消されるわけじゃないから,表現の自由は守られるだろう。

dボタン投票で,林家三平の座布団が最後には0枚になるような感じ。(ずいぶんと違うか。)