Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は
2018/8/4〜5に静岡県総合研修所「もくせい会館」でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-05-11ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

[]ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1995年に1作目が制作され,これはその続編だということだ。1作目はロビン・ウイリアムズの主演ということで,観に行ったのだが,内容はすっかり忘れていた。そして2作目は「続編」というアナウンスがどこからも聞こえてこなかったので,違う映画なのかな?と思いながら観にいった。

観ても,「続編」という感じは全くせず,繋がりを匂わすところもない。設定はほぼ同じで,ゲームの中にプレイヤーが入ってしまうというもの。1作目はボードゲームだったと思うけれど,今回はちょっと古めのビデオゲームとなっている。

この映画の面白いところは,プレイヤーとゲームのアバターのギャップだ。おたくなひ弱な主人公が,筋肉ムキムキのスキンヘッド考古学博士になったり,いけてるJKが,太ったおっさんの地理学者になったり,ちょっとおとなしめの暗い女の子が,8頭身美人格闘家になったりと,現実世界では経験しなかった設定を生きることで,他者の視点から物事を見られるようになるというもの。

ゲームだから,ライフが3つある。3回死んだらゲームオーバーなのだが,1,2回目では,死んでちょっとしたら空から降ってくるという設定。これがなかなかゲームクリアーに活きてくる。

以下はネタバレ

同じ高校の4人がゲームの中に入るのだが,途中で先に入っていたプレイヤーと合流する。1人でチャレンジするのだが,1人では谷を越えられなかったのだ。4人はその人と出会い,力を合わせて谷を越える。

ライフが3つあるときは,命をかけてもチャレンジできるのだが,1つになるとそれで終わりになってしまうので,勇気が出なくなる。先に入っていプレイヤーが何事にも臆病になり,困難を超えられない。そこで

現実世界では,命は1つだけだ。

と,勇気を出させる。命が1つだけなのは,当たり前なんだから,勇気を出せと励ます。

これはとても意味深い。ライフが3つあると,1つになった時に臆病になり,それを失うのを極端に恐れる。しかし,これはゲームの設定で,現実世界では初めから1つだ。そっちの方が勇気を持って行動できるということだ。

失った経験があると極端に臆病になり,何も出来なくなる。

最近ゲームや映画の世界に現実の人間が入り込む映画ばかり観ているなぁ。シュガー・ラッシュの続編もできるみたいだし。楽しみだ。

f:id:F-Katagiri:20180514171209j:image