Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2018/8/3〜4に福岡県,《日付未定》長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2018-03-25シェーン

[]シェーン 1953 シェーン 1953 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - シェーン 1953 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 シェーン 1953 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

AmazonVideoPrime視聴

「シェーン」といえば,映画の古典中の古典である小さい頃,どんな映画化もわからないが,いろんなCMでパロディー化され,ラストシーンのフレーズは,うちら世代の人なら,誰でも知っていた。

誰でも知っていたが,どんなストーリーか全くわからないものだった。

町山智浩さんが,「これは銃規制推進映画だ」と言っていたのをつい最近聞いたので,見てみた。西部劇だから,銃アクションをドンパチするものかと思ったら,全くそんなことはない。主人公が銃を抜くのは,世話になった家族の子どもに銃の撃ち方を教えるときと,最後の決闘の時だけだ。西部劇にしては銃アクションはほぼない。

流れ者の主人公,かつて銃で人を殺したと思われるが,自分のことを「もう必要無い人間」と言っている。そして,超有名なラストシーンでは,自分はもうここにはいられないということで,その街から去って行く。しかも,手負いの主人公は,その後もしかしたら,死んだのかもしれない。まるで銃社会はもういらないといっているようだ。

今,アメリカでは高校生が中心となって,銃規制を進めるデモをおこなっている。全米ライフル協会の票を当てにしないと大統領になれないアメリカ社会が変わっていけば,「シェーン」の理念が実現されるのだと思う。

ということで,「シェーン」は,予想外の映画だった。

bunbun-hbunbun-h2018/03/29 20:48ちょい上のうちらの世代だから映画のストーリーもおぼろな記憶として残ってるんだろうなあと思いながら、懐かしく読みました(逆に私はCMの方は記憶にありません)。
映画は1、2回ほど「さよなら、さよなら」か「いやー映画って本当にいいもんですね」のどっちかのTV番組で観ました。(←これまた古い話)

F-KatagiriF-Katagiri2018/03/30 05:44そういえば,水曜とか,金曜ロードショーで何度も放映されていたかもしれません。それを見たことあったかな?記憶もおぼろげです。