Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-11-17新潟地区中高連絡協議会(数学)

[]新潟地区中高連絡協議会(数学) 新潟地区中高連絡協議会(数学) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新潟地区中高連絡協議会(数学) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 新潟地区中高連絡協議会(数学) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

前勤務校の先生が,アクティブ・ラーニングの研究授業をするというので,参加させてもらった。私は会員ではないが,主催の先生と会長の先生のご厚意で参加を許可してもらった。

新潟市で,中学校と高等学校でこのような連絡協議会を開催している教科は数学だけだそうだ。とてもうらやましい。高校の先生は中学校でどんな授業をしているか,ほとんど知らない。(特に,国語では,中学校でどんな教科書を使っているか知っている人は少ない。)年1回定期的に中学校と高校で交互に授業公開をしている。すばらしいことだ。

私は国語教師だったが,数学の授業を見にいくと,純粋に授業デザイン,学習者の動きを観察することができる。教科内容に囚われることなく授業を観られるので,とてもいい。新潟中央高校は数学科を挙げてアクティブ・ラーニングに取り組んでいる。始めたばかりなので,もちろんこれからのところはあるが,全県的にみて,高校で,教科を挙げてアクティブ・ラーニングに取り組もうとしているところは,私の知るところではここだけである。高校の場合,ほとんどは個人的におこなっているものばかりだ。

協議会で中学校の先生と同じグループになり,情報交換をした。ある中等教育学校では,3年生(中学の年代)までは,アクティブ・ラーニングを進めているが,4年生(高校の年代)からはまだまだで,高校籍の先生にはアクティブ・ラーニングが浸透していない。けれど,6年間なので,3年までそのような授業を受けた生徒が4年生に進学して,アクティブ・ラーニングを求めるようになって来ているというのだ。

そして,中学籍の先生も4年生以上の授業を受け持つので,その影響で高校籍の先生方にもアクティブ・ラーニングが浸透していくことが期待できるということだった。

新潟市の義務教育では,アクティブ・ラーニングをやって当たり前という文化が作られつつある。その授業を受けた生徒が高校に進学して,アクティブ・ラーニングを求める(逆に言えば,一方的な情報伝達型の授業には興味を示さない)ようになる可能性が高い。今,高校で意識改革がなされないと,新潟の高校教育は新潟の高校生の能力は時代に取り残される可能性が高い。

なんと,懇親会にも参加させてもらった。最近とても興味がある「数学特有の見方・考え方」とは何か?と議論をふっかけて,いろいろ教えてもらった。数学ド素人の私だから,「数学を勉強する意味」を素直に聞けるこの会は,とても面白かった。

この懇親会でも高校教育でのアクティブ・ラーニング導入が早急に必要だとの訴えを管理職,教育委員会の方からもたくさん聞いた。行政,管理職は必要性を認識し,推進しようとしている。現場の教員は嵐をやり過ごすことはできないんじゃないかなぁ?新潟中央高校数学科みたいに腹をくくらないとじゃないかな?