Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-10-24学校で当たり前になっていることを見直そう

[]学校で当たり前になっていることを見直そう 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

学部2年生の授業「生徒指導・進路指導と教育相談」では去年から「みなさんの今までの学校生活で,おかしいな?と思ったものをピックアップして,その教育活動の意味とメリット・デメリットを考え,その活動が今後も必要かどうかを発表しよう」というものをおこなっている。

今年はこの授業を3時間受け持ち,

1時間目 「生徒指導・進路指導と教育相談」の概論・不思議なもののピックアップ

2時間目 グループワークで検討する項目を選び,メリット・デメリットなどを考え発表内容を練る

3時間目 グループ発表

という形式でおこなった。6班の発表があった。

1.どうして衣更えをきっちりする必要があるのか?

 このグループの発表で面白いと思ったのは「リセット」という視点だった。衣更えはリセットする効果があり,服装検査や,季節の変わり目の気持ちのリセットの高架があると発表した。

 デメリットとして寒いのに上着を脱がなければならない場合が有り,体調が崩れる可能性があるから,移行期間を長くすればいいのではないか?という提案で,今後も続けるべきという結論だった。

2.どうして給食指導で,残してはいけないと指導されるの?

 これは2グループが選んだ内容だった。

 無理矢理残してまで食べさせるということには疑問が出されたが,食べ物の大切さ,好き嫌いしているとバランスの良い栄養や食事の量が摂れないという給食指導の意味を提示し,配るときの量の工夫をする必要がるという結論だった。

 昨今問題になっていることなので,今後も指導に工夫が必要な活動でもある。

3.どうして給食の配膳を児童がやるの?衛生面では?

 業者に頼むには,コストがかかるし,職員だけがやるのは効率が悪い。という現実的な指摘があるが,衛生面で不安だから,そこを指導することで,衛生観念の効果が見込まれるという指摘があった。

 また,何度か配膳係をすれば,この人はたくさん食べられるし,この人はいつも残しているということを知り,仲間への思いやりが生まれてくるという指摘は,なるほどと思った。2.の内容と合わせて指導することで,給食を残さないという指導もなり立つのだろうと思った。

4.中学まで隣の人と机をくっつけていたけど,高校だと離れるのはなぜ?

 これは今回の授業で指摘されるまで,気づかなかった。もちろん高校では机が離れると分かっていたが,「どうして?」と言われると答えが思いつかない。机を離すことに教育的意味はあるのだろうか?

 このグループは,「生徒指導」,「進路指導」,「教育相談」という観点で論じてくれた。そうか,この授業はそういう授業だった。

 しかし,「自立心を育む」とか,「先生が机間指導しやすい」とか,意味が挙げられたが,どうもヒットとは言えない。それは机がくっついていてもできるよね。

 この高校文化の裏には何があるんだろう?私が高校教師だったときに,ペアで机をくっつけて授業やってみれば良かった。どうなるんだろう?どうにもならないのかな?でも,ほとんどの授業がグループ活動の授業だったから,国語の授業では机の配置は関係なかったんだけれど。

ということで,今年の私の担当分が終わった。2〜3回発表があると,課題に対する切り込み方が慣れてきて,発表も慣れてきて,良くなるのだけれど,オムニバス科目じゃ,しょうがないよな〜。