Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-10-07越後『学び合い』の会 講演会

[][]越後『学び合い』の会 講演会 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20171009081703j:image:w260:left

縁あって,越後『学び合い』の会で講演を依頼された。数ヶ月前に依頼されたのだが,どんな話をしようかといろいろ迷って,数日前にプレゼンを完成させた。

写真のようにとても大きな教室(階段教室)。上越教育大学の教室だが,ここで授業をしたり,講座を持ったりしたのは初めてだった。「この教室では話がしにくい。」と,ここで話す人が言うのをよく聞いたが,なるほど,目線を上に保って話すのは至難の業だった。写真のように手元のiPhoneでスライドを確認しながら話したのだが,ほとんど下を見ているようになってしまう。いつものようにiPhoneから目線を話して前を見ても,その視線の上にまだ人がいる。これではずーっと下を向いて話しているように見えてしまう。訓練が必要だった。

話の内容は『学び合い』という語が定まる以前から,定まった時期,実践して弾圧されて,そのご自分の理想の授業に近づいたという,「私の『学び合い』との付き合い方」を話して,若い人たちに「昔,同じように先輩がたどった道だから。」と,勇気づけたい気持ちがあった。

また,後半は学卒院生お二方との対談で,教員経験がない院生が『学び合い』飛び込み授業をやって,どうして上手く行くのか,または,足りなかったところ,これから教員になるに当たって自分で付けたい力などを根掘り葉掘り聞いていった。こちらは聞いている方の評判は良かったようだ。

いろんな質問に即時的にすばらしい答えを返してくれる二人の院生の即応力には感服した。彼らがいたから私の持ち時間も間延びせず,時間いっぱいまで話すことができた。感謝です。

前日に一之輔の落語から,いろんなネタを仕込んできたんだけれど,初っぱなからぼーっとしていて,口も回らず,全部吹っ飛んでしまった。まだまだ精進せねばならないな。

大会を運営して,見事に成功した西川研究室のチーム力には感服しました。