Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-10-28三菱電機コアラーズ対新潟アルビレックスBBラビッツ

[]三菱電機コアラーズ対新潟アルビレックスBBラビッツ 三菱電機コアラーズ対新潟アルビレックスBBラビッツ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 三菱電機コアラーズ対新潟アルビレックスBBラビッツ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 三菱電機コアラーズ対新潟アルビレックスBBラビッツ - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教え子が三菱電機コアラーズの選手4年目で久しぶりに新潟市内での応援となった。いつの間にかコアラーズのチームカラーが水色から赤になった。名古屋グランパスに合わせたのか?いや,浦和レッズに合わせたのか。

田代桐花選手は第2ピリオドから登場して,2ゴールを決めた。嬉しかった。今まで応援に行って新潟県内でゴールを決めたシーンを初めて見た。入団してからそれほど出場機会はなく,総得点数もあまりなかったのだが,今回は2ゴール4点も決めてくれて,本人も満足そうだった。

一緒に行った同級生と出待ちをして,お土産を渡したら,名古屋のお土産手羽先をもらった。家に帰ってビールのつまみでおいしく頂きました。

f:id:F-Katagiri:20171029091326j:image

2017-10-26アウトレイジ最終章

[]アウトレイジ最終章 2017 アウトレイジ最終章 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - アウトレイジ最終章 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 アウトレイジ最終章 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ここ数週間のメディアに北野監督が出まくって,出演者も出まくっていて,北野監督とピエール瀧が共演ということでとても楽しみにして観に行った。

ピエール瀧の「凶悪」並の残忍さがアウトレイジの雰囲気とどう結びつくのか,恐い気がしたし,アウトレイジ ビヨンドの椎名桔平ぐらいの「悪い男」に描かれていたらいいなぁと思ってワクワクして観に行った。

観客は私を含めて2名。割引の日でも無いからそんなものなのかな?

以下,ネタバレと残虐表現もあるため,読みたい人のため。

続きを読む

2017-10-25野火 大岡昇平著

[]野火 大岡昇平著 野火 大岡昇平著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 野火 大岡昇平著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 野火 大岡昇平著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

ちょっと縁あって「野火」を読んでいた。壮絶な小説だった。大岡昇平の作品は「レイテ戦記」しか読んだことがなかったが,それにも増して壮絶だった。

これを読みながら「ウミガメのスープ」を思い出した。これって三谷幸喜のドラマで知ったのか?と思ったけれど,違ったようだ。世にも奇妙な物語だっただろうか?

それから,NHK連続テレビドラマ「ごちそうさん」でゲンちゃんが戦争から帰ってきて一切食べ物を口にできなかったエピソードがあったが,テレビドラマでは絶対語られない裏がこの「野火」に語られているのか?とも思った。

野火 (新潮文庫)
野火 (新潮文庫)大岡 昇平

新潮社 1954-05-12
売り上げランキング : 6959


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

最近映画化されているが,観る勇気が出るかな?

野火 [DVD]
野火 [DVD]
松竹 2016-05-12
売り上げランキング : 29533


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-10-24学校で当たり前になっていることを見直そう

[]学校で当たり前になっていることを見直そう 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 学校で当たり前になっていることを見直そう - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

学部2年生の授業「生徒指導・進路指導と教育相談」では去年から「みなさんの今までの学校生活で,おかしいな?と思ったものをピックアップして,その教育活動の意味とメリット・デメリットを考え,その活動が今後も必要かどうかを発表しよう」というものをおこなっている。

今年はこの授業を3時間受け持ち,

1時間目 「生徒指導・進路指導と教育相談」の概論・不思議なもののピックアップ

2時間目 グループワークで検討する項目を選び,メリット・デメリットなどを考え発表内容を練る

3時間目 グループ発表

という形式でおこなった。6班の発表があった。

1.どうして衣更えをきっちりする必要があるのか?

 このグループの発表で面白いと思ったのは「リセット」という視点だった。衣更えはリセットする効果があり,服装検査や,季節の変わり目の気持ちのリセットの高架があると発表した。

 デメリットとして寒いのに上着を脱がなければならない場合が有り,体調が崩れる可能性があるから,移行期間を長くすればいいのではないか?という提案で,今後も続けるべきという結論だった。

2.どうして給食指導で,残してはいけないと指導されるの?

 これは2グループが選んだ内容だった。

 無理矢理残してまで食べさせるということには疑問が出されたが,食べ物の大切さ,好き嫌いしているとバランスの良い栄養や食事の量が摂れないという給食指導の意味を提示し,配るときの量の工夫をする必要がるという結論だった。

 昨今問題になっていることなので,今後も指導に工夫が必要な活動でもある。

3.どうして給食の配膳を児童がやるの?衛生面では?

 業者に頼むには,コストがかかるし,職員だけがやるのは効率が悪い。という現実的な指摘があるが,衛生面で不安だから,そこを指導することで,衛生観念の効果が見込まれるという指摘があった。

 また,何度か配膳係をすれば,この人はたくさん食べられるし,この人はいつも残しているということを知り,仲間への思いやりが生まれてくるという指摘は,なるほどと思った。2.の内容と合わせて指導することで,給食を残さないという指導もなり立つのだろうと思った。

4.中学まで隣の人と机をくっつけていたけど,高校だと離れるのはなぜ?

 これは今回の授業で指摘されるまで,気づかなかった。もちろん高校では机が離れると分かっていたが,「どうして?」と言われると答えが思いつかない。机を離すことに教育的意味はあるのだろうか?

 このグループは,「生徒指導」,「進路指導」,「教育相談」という観点で論じてくれた。そうか,この授業はそういう授業だった。

 しかし,「自立心を育む」とか,「先生が机間指導しやすい」とか,意味が挙げられたが,どうもヒットとは言えない。それは机がくっついていてもできるよね。

 この高校文化の裏には何があるんだろう?私が高校教師だったときに,ペアで机をくっつけて授業やってみれば良かった。どうなるんだろう?どうにもならないのかな?でも,ほとんどの授業がグループ活動の授業だったから,国語の授業では机の配置は関係なかったんだけれど。

ということで,今年の私の担当分が終わった。2〜3回発表があると,課題に対する切り込み方が慣れてきて,発表も慣れてきて,良くなるのだけれど,オムニバス科目じゃ,しょうがないよな〜。

2017-10-23人間と他の動物の違い

[]人間と他の動物の違い 人間と他の動物の違い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 人間と他の動物の違い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 人間と他の動物の違い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

全く学術的に調べたわけではないが,「人間と他の動物の違い(行動)」についてつらつらと考えてみた。

  1. 個体外部に記録する
  2. 道具を作るための道具を作る
  3. 身内ではないものに教育をする
  4. 譲渡や交換をする(貨幣も含める)
  5. 観念的世界を現実世界に適応する

これは他の動物でもしているよ,他にこんなこともあるよ,というのがあったら教えてください。

2017-10-11特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門

[]特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 西川純・深山智美著 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

昨年度まで上越教育大学教職大学院に在学していた深山さんが在学中に書いていた本だ。手に入れてじっくり読んだ。

知らないことばかり。知っていた方が良いことばかり。普通高校に勤めてばかりで,特別支援学級が高校にあるところはほとんどない。じゃあ,高校教員は知らなくてもいいのかというと,そんなことはない。「気になる子」はたくさん高校に在籍している。

在籍しているが,自分のクラスにいなければ,担任や学年主任にお任せで,自分は授業の時に接するだけ。この本に書いてあるとおり,特別支援学校でもない限り,その子の将来について考える教員はあまりいない。大学に行ってもらえれば,それでOK。

なんていう指導に私も荷担していた。「人と付き合っていく力が必要だ」と言いながら,結局何もできなかった。しなかった。その子の将来にどのようなことが待っているのか,この本を読むまでは実感はできなかった。教師である限りは,無知は罪である。さっそくカミさんにも読んでもらおう。

ほんの最後にある深山さんの手記を読みながら,胸が詰まってきた。最後にこれを持ってくる?反則だ〜。

特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編 義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」 (THE教師力ハンドブック)
特別支援学級の子どものためのキャリア教育入門 基礎基本編 義務教育でつける「生涯幸せに生きる力」 (THE教師力ハンドブック)西川 純 深山 智美

明治図書出版 2017-09-14
売り上げランキング : 33410


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-10-093連休

[]3連休 3連休 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 3連休 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 3連休 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

いい天気だし,新潟市中央区はイベント盛りだくさんだから,遊びに行くぞ!昼間から飲みに行くぞ!と思っていたが,次男の調子がいまいちなので,みんなで出かけることはできず。

f:id:F-Katagiri:20171009195944j:image:w260:left

家にいても全くすることが思いつかない。コナミスポーツクラブに行こうか?とも思うが,こんな天気がいいときに屋内で走るのもなんだかな?と思って,8日は古町まで散歩に出かける。古町どんどんをやっていて教え子が歌っていたので,2曲ぐらい聞いて1時間かけて家に戻って風呂に入ってビールを飲む。

2日目も次男の調子が悪いので,ラーメンを食べに行くことすらできず,昼寝もちゃんとできず,ちょこちょことデスクワークをする。家に籠もってばかりでも体がなまるので,実家に置いた自動車を30分位歩いて取りに行き,近くの時間貸し駐車場に置く。そうか,ここに1泊だったらもっと安い駐車場があったのかと,そこに置く。最近は駐車場料金が気になる。新潟駅南近くの駐車場料金はだいたい把握した。

母校の小学校から実家までの道を何十年ぶりかで歩いた。昔よく行った駄菓子屋は当然のごとくなくなっていた。次男に言ったら「ナミヤ雑貨店のような店があったの?」そうそう。ああいう店は,私が小学生の頃はどこでもあった。ピンク・レディーの下敷きをドキドキしながら買ったのが懐かしい。田んぼも全部住宅地になっていた。あぜ道も,用水路もなくなっていた。思い出したように夢で見る風景なんだけれど。やっぱりなかった。

でも上越にはまだあるんだなー。あんな風景が。

2017-10-07越後『学び合い』の会 講演会

[][]越後『学び合い』の会 講演会 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 越後『学び合い』の会 講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

f:id:F-Katagiri:20171009081703j:image:w260:left

縁あって,越後『学び合い』の会で講演を依頼された。数ヶ月前に依頼されたのだが,どんな話をしようかといろいろ迷って,数日前にプレゼンを完成させた。

写真のようにとても大きな教室(階段教室)。上越教育大学の教室だが,ここで授業をしたり,講座を持ったりしたのは初めてだった。「この教室では話がしにくい。」と,ここで話す人が言うのをよく聞いたが,なるほど,目線を上に保って話すのは至難の業だった。写真のように手元のiPhoneでスライドを確認しながら話したのだが,ほとんど下を見ているようになってしまう。いつものようにiPhoneから目線を話して前を見ても,その視線の上にまだ人がいる。これではずーっと下を向いて話しているように見えてしまう。訓練が必要だった。

話の内容は『学び合い』という語が定まる以前から,定まった時期,実践して弾圧されて,そのご自分の理想の授業に近づいたという,「私の『学び合い』との付き合い方」を話して,若い人たちに「昔,同じように先輩がたどった道だから。」と,勇気づけたい気持ちがあった。

また,後半は学卒院生お二方との対談で,教員経験がない院生が『学び合い』飛び込み授業をやって,どうして上手く行くのか,または,足りなかったところ,これから教員になるに当たって自分で付けたい力などを根掘り葉掘り聞いていった。こちらは聞いている方の評判は良かったようだ。

いろんな質問に即時的にすばらしい答えを返してくれる二人の院生の即応力には感服した。彼らがいたから私の持ち時間も間延びせず,時間いっぱいまで話すことができた。感謝です。

前日に一之輔の落語から,いろんなネタを仕込んできたんだけれど,初っぱなからぼーっとしていて,口も回らず,全部吹っ飛んでしまった。まだまだ精進せねばならないな。

大会を運営して,見事に成功した西川研究室のチーム力には感服しました。

2017-10-06春風亭一之輔独演会

[]カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 カズオ・イシグロノーベル文学賞受賞 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

びっくりして,とても嬉しかった。きっと予想だにしなかったことだからだろうし,きっと「今年も村上春樹のファンが集まるカフェがテレビに映しだされて,ファンの喜びか,落胆の表情が映しだされるんだろうな。」とは思っていた(案の定,映しだされていたけれど)。

知人に勧められて昨年1冊読んだ(わたしを離さないで)。とても不思議な世界観で,よく分からなかったところがあった。映画化されているというので,Amazonビデオで観た。それでも分からなかったが,とても印象に残っている。

このリンクの2番目の記事

「日の名残り」は,今年,内田樹先生の本を読んだとき,「身分によって言葉遣いが決められていることで,思考や行動が限定されてくる。」という論述の例として「日の名残」が紹介されていたので,さっそく読んでみたのだ。

淡々と執事が過去の華やかだった時と今現在のことを語っていくものなのだが,「身分による言葉遣いの限定」というのが私にとって,今の日本に生きている私にとって,ピンと来ないからなのか,読んでも分からなかった。英文に精通している人だったら原文を読めば分かったのかもしれない。

でも,この物語世界に触れていて,「わたしを離さないで」と同じく,淡々と物語は進むが,何か奥に強いゆるぎないもの(運命?意思?)があり,それを受け入れざるを得ない登場人物の苦悩を感じた。

先月たまたま家で付けたBS番組でこの映画が流れていた。アンソニー・ホプキンスが執事役だった。いろんな感情があるのだろうけれど,それを表に出さず,無表情で淡々と執事の仕事や,自分で決めたことをおこなっていく姿が,よかった。

選考委員会のコメントとして次のものが報道されている。

続きを読む

[]春風亭一之輔独演会 春風亭一之輔独演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 春風亭一之輔独演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 春風亭一之輔独演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

平日昼間の公演だが,振替で休みを取って行った。りゅーとぴあ能楽堂に入ったのは初めてだった。どうしてここでやるんだろう?りゅーとぴあだったら,劇場もあるのに?ここで落語を聞くのは不思議な雰囲気。一之輔も「屋根があるのにどうして屋根を作ってるの?その柱がじゃまでしょう?切っちゃおうか。」とつっこみを入れていた。

一之輔はTBSラジオ「たまむすび」で月イチゲストとして水曜日に出演しているので,とても親しみを持っていたし,結構な毒舌で,好きだった。2〜3ヶ月前に「プロフェッショナル仕事の流儀」にも出て,知名度は一気に上がったのか,会場は満員だった。

一席目は「粗忽の釘」で,枕から本編までどんどんボケて,笑いを膨らましていた。

二席目は「子は鎹(かすがい)」だった。しんみりさせながら,子どもの一言一言で笑いをとっていた。

NHK「落語ディーパー」で,ある噺家が落語に入り込んで,泣きながら演じていたという話題が出たが,一之輔は「それはそれでいい」と肯定していた。あれ?一之輔,「子は鎹」の夫役で泣いてる?なんて思ったけれど,それはやっぱり演技だったんだろう。

東京の寄席でトリを務めている時期に新潟まで日帰り出張だったよう。帰りの新幹線の時刻が決まっていたので,あっという間に帰ってしまった。そこが残念。