Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-09-02サテライト講座(東京都立科学技術高等学校)

[]サテライト講座(東京都立科学技術高等学校) サテライト講座(東京都立科学技術高等学校) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - サテライト講座(東京都立科学技術高等学校) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 サテライト講座(東京都立科学技術高等学校) - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「高校卒業時を見据えた,生きるために必要な資質能力」というタイトルで講演&グループワークを行った。

f:id:F-Katagiri:20170904083417j:image:w260:left

私が「学校を最高のチームにする!365日の集団づくり 高校」で示している,高校卒業時を見据えた,生きるために必要な資質能力」は,「将来の社会を任せたい自立した立派な市民」というもので,それを説明し,それでは,都立科学技術高校の学校設定科目「探求」では,目の前の生徒の20年,30年後のどのような資質能力を付けるために,どんな目標を設定し,どのような評価規準と基準を作ればいいのか,というグループワークを行った。

その学校の具体的な課題をもとにグループワークが出来るのは,参加者がその学校の先生だけだったからということもある。でも,その学校の課題をその学校の先生方がディスカッションするというディープな講座がもてた。特に高校ではこういう機会というのはあまり設けられないと思われるので,ディスカッションを聞いている私も興味深く聞けた。

聞き耳を立てて,私は口を挟むよりも,会場にあったホワイトボードに書き出すことをした。そうすると論点や,ディスカッションの行く先,みなさんが大切にしたい共通点などがわかってきた。それをもとに収束していった。

教育活動は,目的,目標,評価,授業デザインを一体化させて考えるべきだということが少しでも伝わったらうれしい。

f:id:F-Katagiri:20170904083431j:image

f:id:F-Katagiri:20170904083440j:image

使用プレゼンファイル