Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第14回(2018年)は静岡県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-08-23覚えている

[]覚えている 覚えている - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 覚えている - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 覚えている - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

私は今まで,新年度になって200人の新たな生徒を受け持ったことがあった。私の経験で最多だ。週に2〜4回顔を合わせる(2〜4単位の授業だったということ)ことになる。

一度に200人の顔と名前を一致させることは至難の業で,私の能力を超えていた。その時,湖の女神からもらいたいのは一度会っただけで顔と名前を覚えられる能力だ。

そして1年間でもうその生徒を受け持たなくなるということもあるから,その生徒とは1年だけのつきあいになる。一斉指導時代では,年間で名前と顔を覚えられる人数は少なかったが,グループ活動の授業だったり,『学び合い』をやったりすると,名前は覚えられなくても,顔を覚えられる割合はぐんと高くなった。その生徒の学びの姿が浮かんでくるから,顔が覚えられる。人は人との関わり合いで個性が発揮される。

不思議と20年以上前,たった1年だけ受け持った生徒で,私のことを覚えてくれている人がいる。いったい私の何がその人の記憶の引っかかりになっていたんだろう?と思う。出来れば肯定的な部分だったらいい。


否定的な部分で記憶に残っていて,20年以上経っても私と話したくないという人もいる。

生徒はその科目の授業において教師は1人だが,教師は授業において1クラス40人で,何クラスも受け持つから,物理的に,時間的に人を覚えられる時間が教師は生徒の40分の1という計算になる。これは一斉授業の場合だけれど。

学び合い』の場合は,子どもは教師の方を見る時間が無いし,教師は子どもを見る時間が充分にあるから,先の計算は逆転するのかな?とも思った。

ということは,20年前1年間だけ受け持ったその生徒は,私が『学び合い』をやっていれば,私のことは覚えていなかった可能性もある。寂しいけれど,それはそれでいいのだ。

でも,人を覚えるというのは,そんな単純なものじゃないんだろうな。たくさんの人に覚えられている可能性が高い教師側って,なんだか恐い気もする。何を覚えられているんだろう?その時のことは本人は忘れているが,覚えている人はもちろん覚えている。恐いからあまり聞けない。顔から火が出るから。