Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-07-23理論と実践の往還

[]理論と実際の往還 理論と実際の往還 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 理論と実際の往還 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 理論と実際の往還 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

教員の研修会で交流会があると,自分の実践はどうか,相手の実践はどのようなものかという情報交流が頻繁におこなわれる。その中で,どのような実践が自分の目の前の子ども対に有効かを考え,有効そうな実践の取捨選択がおこなわれる。その基準は,自分の「感覚」となる。

その感覚が合っているかどうかは何の根拠もない。感覚にフィットするものが実践され,フィットしないものはスルーされる。フィットしたものを実践したとして,効果がある場合もあるし,無い場合もある。実践の有無は各自の感覚なので,効果が無かった場合は,「あの実践はダメだ」ということで終わってしまう。

しかしそこで重要なのは,どうして効果があったのか,どうして効果がなかったのかという「理論」部分の検証である。この検証がされなければ,各教室で,各学校で,各地域で同じことがくり返され,その子どもたちにとって効果のない実践が,教師の思いつきでくり返され,無駄なストレスを子どもたちに与えることになる。

理論の部分を担うのは教育学である。教育学を研究しているのは主に大学などの研究機関である。現場に有効な理論を提供していかなければならないはずなのに,研究機関が単なる実践交流の場を提供しているのでは,研究機関の意味が無い。どうして上手く行くのか,どうして上手く行かないのかという理論と実践を結びつかせなければ,「感覚」根拠の実践が蔓延してしまう。

もちろん,「感覚」が鋭く,目の前の子どもたちに当てはまる実践をしている教師も多いのだが,実践をさまよい,右に左にぶれる実践を教師も少なくない。

逆に,理論が先立ち,頭でっかちで,目の前の子どもたちの現状を見ず,理論を押しつける実践をしてはいけない。現状に目をつぶってもいけない。

だから「往還」が重要なのである。