Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を務めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2018/8/3〜4に福岡県,《日付未定》長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-05-26メッセージ

[]メッセージ 2016 メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 メッセージ 2016 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

米アカデミー賞に様々な部門でノミネートされていた映画だが,日本の公開は非常に遅れた。有名処の俳優が出演していないから,映画館を抑えられなかったというのが理由だそうだ。だから,公開もあっという間に終わってしまうのでは?と思い,早めに観に行った。

しかし,日本では栗山米菓の「ばかうけ」に宇宙船が似ているというので,一部の人に話題になっていた。

f:id:F-Katagiri:20170529172107j:image


地球上の12箇所に突然巨大な宇宙船がやってくる。18時間ごとに入り口が開き,中に人間を招き入れコンタクトの機会を作ってくれる。訪問者(ヘプタポッド)と人間はコミュニケーションを取ることが初めはできないが,主人公である言語学者は徐々に訪問者の言語を理解していき,地球への訪問の理由を探っていく。

ヘプタポッドは人間と姿形や認識の方法,物事の概念形成が全く違うので,相互理解を測るのが非常に難しい。科学技術レベルもヘプタポッドの方が圧倒的に上である。ヘプタポッドを人間とすると,人間は昆虫レベルなのかもしれない(私の勝手な見立て)。人間と昆虫が相互に理解をするというのは考えただけでも気が遠くなる。

言語を自由に操れるほど習得すると,その言語を母語とする担い手の認識方法,概念形が習得できるというのが,言語学においては考えられている。主人公はヘプタポッドの言語を習得していき,ヘプタポッドの認識方法,概念形成を習得できるようになり,いろんなことが分かってくる。

ここら辺,言語教育に携わる人は必見だと思う。

f:id:F-Katagiri:20170529172106j:image

以下ネタバレになるため,クリックしてお読みください。

続きを読む

2017-05-25監督とプレイヤーとサポーターとフロント

[]監督とプレイヤーとサポーター 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 監督とプレイヤーとサポーター - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「何でもっと走らないの?!」,「最後まで集中を切らさないで!」サッカーの試合で90分間フルで走れる選手はいない。プレイヤーは要所要所でスプリントをかける。もう疲れて走れなそうに見せて,突然スプリントをかけてボールをゲットしゴールを決められるのはブラジル人の言う「マレーシア」だ。しかし,代表クラスのトッププロ,各チームのスター選手以外はだいたい試合終了20分前くらいからぐったり疲れて,試合開始と同じような動きは見せられなくなる。

しかし,サッカーをやったことが無い人は「プロなんだから最後まで走れるでしょ?」なんて思う。いやいや,大変なことなんですよ。私は90分もサッカーの試合をやったことはないけれど,15分ハーフでも残り20分ではもうへろへろだ。へろへろだから集中力も無くなるし,トラップなんて上手く行かないし,パスだって,力加減が上手く行かず,相手にパスすることなんて当たり前になる。

やったことが無い人はやっている人に簡単に要求する。または,トッププロみたいな人は,自分ができることを他者にも簡単に要求する。いやいや,できないんですよ。

トッププロであることが優れた監督の条件ではないことは周知の事実であるが,プレイヤーは監督に一定レベル以上のプレイヤーだったことを求めることは多い。「おまえ,やったこともないのに,どうして指示ができるんだ?」と。監督の能力とプレイヤーの能力は違うが,求めてしまう。「俺たちの気持ちなんて分からないだろう?」マンガ「GIANTKILLING」の山形チームの監督「佐倉」がそうだ。佐倉は学生時代まともなサッカー選手ではなく常に補欠だった。最初は選手からは認められないが,「結果」を出すことでだんだん認められるようになる。

プレイヤーとしての実績があり,監督としても能力が高い人が理想なんだけれど(「GIANTKILLING」でいう達海猛),なかなかうまくはまらないよね〜。

さらにサッカーチームだと,フロントとスポンサーが関わってくる。あれはできる,これはできない。あれをしろ,これはするなとフロントとスポンサーの顔色も窺わなければならない。勝ち点を積み重ねて結果,金を稼げればいいのだが,簡単には上手く行かない。監督の目指す方向とフロント,スポンサーの目指す方向が違ったりすると最悪だ。監督解任をちらつかされる。

監督はチームの成長を考え,フロントは人気選手を出して集客力を求めているという場合だ。

あ,これは,アルビレックス新潟の話ではありません。学校現場の話です。

2017-05-19「読書科学」第59巻第2号

[]「読書科学」第59巻第2号 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 「読書科学」第59巻第2号 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「現代文評論教材でのつまずき語解消過程の研究」掲載され,見本誌が届きました。2016年7月に投稿し,2017年2月に受理されたものです。

高校現場にいたときにデータを取らせてもらって,その会話記録を聞き返すのは辛い作業でしたが,生徒の顔が浮かんでくる楽しい作業でした。新潟への帰りの高速バスの中や,家事をしている間,iPadに入れた音声記録をヘッドホンで聴きまくっていました。

13年前の修士の時は,ききながらほぼリアルタイムで文字入力するスキルがあったのですが,すっかり衰えて,何度も聞き返さないと文字化できません。また,最近はキーボードを打つ握力が落ちているのがわかります。夕方には手がだるくなって来ています。

それにしても掲載はうれしいです。

「次はいつ?」と聞かないで〜。今データ化中です。

f:id:F-Katagiri:20170519121502j:image

2017-05-18高田北城高校意識啓発講演会

[]高田北城高校意識啓発講演会 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 高田北城高校意識啓発講演会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

250名以上の新入生に対して講演会でしゃべってきた。久しぶり高校生にしゃべるので,とても楽しみだった。

しかし,楽しみだったので,話を盛りだくさんに用意してしまった。80分だったが,時折クイズや動画も入れるスライドを作り,結局は5分の1が話せないまま終わってしまった。

私の講演の場合,大切なものは初めの方に置き,だんだんと薄いものを後におくので,話をカットしても大丈夫なのだが,「あと15分あるな」と確認し,その後話をしていて気づいたら時間ちょうどだった。

久しぶりに話をして汗をかいた。冷や汗ではなく,高校教師時代の「授業したときの汗」を感じた。いい経験だった。

きっと後からふつふつと,こう話せばよかったとか,あの話はしない方が良かったとか,これはスベったとか,反省が湧いてくるだろうから,今のうちにブログを更新しておく。

高田北城高校には初めて足を踏み入れたが,落ち着いた明るいいい高校だった。生徒さんたちはよく話を聞いてくれて,こちらのフリにボケてくれたりして,温かい反応で良かったよかった。

2017-05-17今の教育問題と大学1年生

[]今の教育問題と大学1年生 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 今の教育問題と大学1年生 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

水曜1限は人間教育学セミナーという授業で,今日は担任する学部1年生11名で討論した。先週の講演会の内容を受けて,疑問,反論,不思議な点などを出し合い,意見を交わす。その中で今の大学1年生が問題にしている教育問題があぶり出されてくるから面白い。

たくさんの人が問題としてあげていたのが,部活動の外部コーチ導入についてだ。外部コーチは今でも導入されているが,今後制度として外部コーチだけでも大会引率ができるようにして,顧問の負担を軽減しようというものだ。

賛成,反対がいろいろ出た。

《反対》

  • 外部コーチは子どものことをよくわからないまま突っ走ることがあり,子どもにかなりの負担をかけてしまう。部活動以外の姿も見ている教員が顧問をすることで,そこら辺のバランスが取れるのではないか?
  • 外部コーチは「教師」ではなく,部員にとっては「外部の人」という意識が高い。教員と同じように見られないので,指導の効果は薄くなるのではないか?
  • 子どもたちとの関わりの時間が減るから,教員が部活動にも関わるべきだ。

《賛成》

  • 教員は授業が主だから,部活動を外部コーチに任せることで,授業への準備の時間が確保できるはず。
  • その競技のことをわからない教員が顧問になるよりも,よく知っている外部コーチが指導する方が部員にとってもいいはずだ。わからない教員が顧問になった場合,部員はがっかりする。

私は高校教師時代,自分が高校,大学とやっていた競技は超マイナースポーツだったので,そのスポーツの顧問になったことはない。全てやったことがないスポーツ,文化活動の顧問だった。とても辛かった。あるときは,先輩顧問の後ろについているだけだったり,あるときは,プライベートでもその競技をやって,なんとか高校生のレベルまで腕を上げたり。あるときは外部コーチがいたこともあり,全くその競技自体をプレイしたこともなかった。

どれが正解だったのかは,わからない。部活動に時間を取られるということは,学級経営,授業準備の時間が削られるということだ。また,土,日に出勤しなければならず,家族との時間も削られるということだ。若い頃,研修会で「部活動の指導は,その競技の素人だったとしたら,その活動の場に一緒にいて見ているだけでいい。」と話を聞いた。そのようにやったこともあるが,その場にいるだけということが,いかに辛いかはきっと,そうしたことがある人しかわからないだろう。仕事なんだからしょうがないと思うかもしれないが,部活動は本務なのかどうかは微妙なところだ。半日休日出勤をして手当が2,000円以下って,定められた最低賃金にも満たない。これはどう考えるべきなのか?

学生さんたちは,自分の高校までの経験と,教職への理想をもとに発言するので,なるほどと思うことが多かった。そうか,部員はこんなふうに考えていたのかと,ぐっさり心に突き刺さる発言もあったりした。

でも,これらを,「自分が教員になったら」という視点で考えるように仕向ける必要がある。教職への熱意や理想はとても重要だが,現実と乖離している熱意や理想で教員になると,ポッキリ折れてしまう可能性がある。熱意を持たせながらも現実にはどう行動するか?を考えさせる授業にしたいと感じた。

2017-05-13教師失格〜「教えるということ」を読んで〜

[]教師失格〜「教えるということ」を読んで〜 教師失格〜「教えるということ」を読んで〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教師失格〜「教えるということ」を読んで〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教師失格〜「教えるということ」を読んで〜 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

1年担任の受け持つ授業「人間学セミナー」では,課題図書を読んで討議するというプログラムがある。大村はま著「教えるということ」が課題図書の1冊になっている。

新編 教えるということ (ちくま学芸文庫)
新編 教えるということ (ちくま学芸文庫)大村 はま

筑摩書房 1996-06
売り上げランキング : 10127


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

多分,大学時代に読んだはずだが,どんなことが書かれてあったかすっかり忘れていた。かなり厳しいことが書かれてあったのかという印象で読み進めた。

でも,ところどころのエピソードは覚えていて,「あ,記憶に残っているエピソードはこの本に書かれてあったのか。」と思い出しながら読んでいた。仏の指の話とか。

読んでいて,「そうだ!」と思うんだけれど,自分に引き比べてみると,全くそんな実践はしていず,自分は教師失格だなと重く受けとめてしまった。

 卒業生がいつでも先生,先生と慕ってくれるのが,何よりもうれしい」とか,そのとき,「先生ほど楽しい職業はない」と思うとか言う言葉を聞くことがあります。

 私の受け持った卒業生は,「先生のことを忘れない」と言ったこともないし,また私も忘れてほしいと思っています。私は渡し守のような者だから,向こうの岸へ渡ったら,さっさと歩いて行ってほしいと思います。後ろを向いて「先生,先生」と泣く子は困るのです。「どうか,自分の道を先へ向かってにどんどん歩いて行ってほしい。私はまた元の岸へ戻って,他のお客さんを乗せて出発しますから」。卒業した生徒が何か自分で言ってこない限りは,私は後を追いません。「どうぞ新しい世界で,新しい友人を持って,新しい教師について,自分の道をどんどん開拓していきますように」そんな風に子どもを見送っております。そういう目からすると子どもたちに対する今の現場の考え方については,ずいぶん「甘い」という気がすることがあります。

「渡し守」という表現が,しっくりくる。教師は自分のところへ引き寄せる存在ではなく,新しい世界の窓口への案内人だと内田樹先生もおっしゃっている。

教師の仕事は子どもたちに飛び込んでもらえそうな新たな世界の入り口まで連れて行き,飛び込んだら自由にその世界で驚いたり,奮闘したりしてもらおうと,授業や学級経営をしてきたつもりだった。

実際自分はどうだったかというと,後ろ向きだなあと思う。自分が受け持った生徒たちが卒業後どんなように生活しているのか,かなり気にしている。自分をどう評価しているのかもかなり気にしている。教師の実践の評価は,卒業後に現れるはずと考えているからなのかも知れないし,いい実践だったと評価されたいからなのかも知れない。

ということは,実践の評価はその時,その時で評価されるものでなければならないのか?と思うと,そうでもないような気もするし,卒業後の評価を気にしすぎるのもよく無いということになると,そのフィードバックはなかなか受けられないということになる。


ユーミンの曲で「魔法のくすり」というものがある。

松任谷由実 40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」-GOLD DISC Edition-(期間限定盤)
松任谷由実 40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」-GOLD DISC Edition-(期間限定盤)松任谷由実

Universal Music =music= 2015-11-24
売り上げランキング : 3699


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

続きを読む

2017-05-05新車購入

[]新車購入 新車購入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 新車購入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 新車購入 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

11年間乗っていたシビックハイブリッドをやめて,ヴェゼルにした。

先冬を上越で過ごし,2日ばかりだが,豪雪を体験して,セダンタイプのFF車で上越のいつもの冬を過ごすのはちょっと心もとなく感じた。ちょうど6月に車検が切れ,プラス2年間乗るのもしんどそうだなと思ったので,思い切って買い換えた。

お金がなく苦しい日々を送っているのだが,絞り出してさらに困窮の生活が待ち受けるが,自動車を運転しているときぐらいは快適に幸せになりたいと思った投資だった。リアルタイム4WDとHonda SENSINGが付いているのが決め手だった。

Honda SENSINGは,シビックのものよりもかなり進化していて,アクティブクルーズコントロールや,車線維持支援システムは,一般道でもかなりの精度で運転が楽になりそうだ。

ハイブリッドも進化していて,今は,バッテリーの充電が十分だったら,エンジンがかからないまま発車するのかと驚いた。

さっそく家族で村松のいい湯らていまでドライブに行った。いい天気で,いいドライブだった。

f:id:F-Katagiri:20170506140601j:image

2017-05-04名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

[]名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 2017 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

次男が友達と遊びに行こうと思っていたけれど,先客があったので,フリーになったから,カミさんと次男と3人で劇場に行った。「名探偵コナン」の劇場映画は,「コナン対ルパン」以来だった。

知り合いのコナンファンによると,最近のもので最もコナンらしい映画だったそうだ。私はテレビシリーズはほとんど見ていなくて,だいたいの設定はわかってはいる者の,いろんな細かいコナンの設定(誰が誰を好きとか)がほとんどわからないぐらいなので,展開が早すぎて,付いていけないところがあった。それでも飽きることはなかったけれど。

いろんな細かい伏線が拾えぬまま終盤まで行ってしまった。「千枚漬けを食べている写真は何の役に立ったの?」と次男に聞いても分からなかった。

テレビシリーズと同じで,子どもの背が小さすぎて,たまにコナンが50cm位に描かれていることもあった。「映画なんだからもうちょっと丁寧に描いてくれよな〜」なんて思うけれど,テレビシリーズと統一しているんだというカミさんの意見だった。なるほど。

f:id:F-Katagiri:20170506133826j:image




《以下,ネタバレと残念な点》

続きを読む