Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2017-02-24アクティブ・ラーニング講習会

[][]アクティブ・ラーニング講習会 アクティブ・ラーニング講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - アクティブ・ラーニング講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 アクティブ・ラーニング講習会 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

縁あって,前任校(新潟中央高校)に呼ばれた。数学科でアクティブ・ラーニングを進めたいが,授業を見て意見を言ってほしいということだった。4月から大学に籍を置かせてもらって,この1年間いろんな話や,いろんな授業を見てまわったので,前任校に恩返しということではないが,本の宣伝を兼ねて行ってきた。

自分たちの授業を見せて,アドバイスを受けるなんて,高校においては,ほとんどあり得ない。特に新潟県の公立高校では。誰もが授業を見せるのを嫌がる。それだけ高校の授業は閉ざされている。しかし,熱心な先生方がいる前任校を誇りに思う。少しでも力になりたいと思う。

初任者の先生と,ベテランの先生の授業を合わせて4つ観る。3限から6限までぶっ続けで観るとさすがに疲れるが,放課後検討会で話して熱が入る。

活動が入っていてとてもいいし,生徒たちは一生懸命問題を解いていて寝ることはないのだが,この時間の目標はなんだったのかということを考えてほしいと伝える。何十年も数学から離れた私は,きっとこの高校生たちよりも数学の力は無いだろうし,もしくは私と同程度の数学の力を持っている生徒もいるかもしれない。その生徒が,「今は何をやる時間なんだろう?」と思ってしまうのではないか?ということだ。

数学が分からないからこそ,生徒の視点で授業を観ることができた。

元同僚にたくさん会って,「今日数学の授業を見に来た」と伝えると「どうして数学?国語じゃないの?」とほとんどの人に言われるほど,高校のものの見方はは教科色が強い。教科というフィルターで教師を観るようになっている。しかし教育学というのは教科色は関係なく,授業を純粋に見られるものだと思った。そこを分かってほしいんだよな。

夜には飲み会を設定してくれた。そこで,総合の時間を使って,高校生を上教大に送り込む企みで盛り上がった。学校支援プロジェクトの現場に連れて行くのがいいんじゃないか?という話だ。なんとか実現してみたい。

2017-02-21沈黙-Silence-

[]沈黙-Silence- 2017 沈黙-Silence- 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 沈黙-Silence- 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 沈黙-Silence- 2017 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

「信じること」ということから生まれてくるのは救いなのか,悲劇なのか。自分が信じることで,他人が死んでいく。自分が信じることで自分を死に追いやる。

「信じること」が正しいのか,間違っているのか,そういうことではなんでもなく,「正しさ」はどこにもなく,「正しさ」のよりどころである「神」は「沈黙」したままである。啓示が聞こえてくるが,それは神が沈黙を破ったのか,自らの声なのか,誰にも分からない。

キリスト教の「真実」と日本の信仰の「真実」は違う。違っていて食い違っているのに「真実」と言えるのか?と日本に渡った2人の神父は迷い,悩み,自分の信仰を疑っていく。

どちらもが正義であり,どちらもが悪であったりする。

面白いのが,キリスト教としては末端の日本の信仰の方がピュアで敬虔なものになっていたという神父の驚きである。神父は死を前にして,踏み絵を「踏んでもいい」という。でも,日本の貧困な村で生きている信者は踏まずに処刑されていく。神父は「間違った形で伝わっている」とも言う。貧困な生活の中,生き地獄のような生活の中に,救いを求めているのだから,信仰がピュアになっていくのだろうか。

また,何度も裏切り,何度も救いを求めてくるキチジローの存在も面白い。ユダである。彼は救われるのか,救われないのか。悪人正機説であれば,最も先に救われるべき存在なのかもしれないが,キリスト教的には許されない存在として描かれるのか。

伊集院光の深夜の馬鹿力で,イッセー尾形の演技がすさまじいということだったので,観に行ったようなものだが,確かにすさまじい。温厚なおじいさんという風体だが,笑顔で残虐なことを指示する。その狂気めいた,しかし,狂気ではなく,「立場」というものがそうさせていて,本人はなんの残虐な気持ちも無いという演技が素晴らしい。イッセー尾形はああいう,ちょっとイっちゃっている演技がいいな。

全編を通じてBGMがほとんどなく,海の音,鳥や蝉の声,風の音などがずーっと聞こえてくる。日本には自然を超えるものは存在せず,自然を信仰している(=人間の無力感)ということを表している。

沈黙 (新潮文庫)
沈黙 (新潮文庫)遠藤 周作

新潮社 1981-10-19
売り上げランキング : 68


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-02-19凶悪

[]凶悪 2013 凶悪 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 凶悪 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 凶悪 2013 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

AmazonPrime視聴。土,日と仕事があって,夜はアパートにいなければならなかったので,iPadにダウンロードして観た。一人のアパートで観るには,辛い映画だった。

ピエール瀧(第38回報知映画賞助演男優賞)が出ている映画で,その凶悪ぶりが話題だったから観たのだが,本当に凶悪だった。悪者がいて,いいもんがいて,悪者を成敗することによりカタルシスがあるのかと思いきや,悪を暴く記者役の山田孝之も仕事のためなら,家族の崩壊はどうでもいいというように,どんどん悪に染まっていくという,観ていて救いの全くない映画だった。

この手の映画は,園子温監督のものや,井筒和幸監督のものは見たが,どちらの映画も凶悪,狂暴の中に少しは「遊び」はあるのだが,「凶悪」は全く遊びが無く,本当に観ていて辛い。そこをねらったんだろうなと思う。しかも事実をもとにしているというのだから,さらに救いが無くなる。

凶悪 スペシャル・プライス [DVD]
凶悪 スペシャル・プライス [DVD]
Happinet(SB)(D) 2015-08-04
売り上げランキング : 17710


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-02-15同時代ゲーム

[]同時代ゲーム 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 同時代ゲーム - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

2016年11月初めに読み始めて,ようやく読了した。その前に読んでいた「千年の孤独」と同じ程度に難解な小説だった。ちょっとこの手の小説はもう勘弁願いたくなった。筒井康隆さんが「タイトルがいい小説」枠で連続で紹介していたものだったから,内容的にも同じように難解だったのかもしれない。

これほど自分の文章読解力の不足を思わせたものなかった。この半年以上これらの2冊の本を読んでいたのだが,読書が苦痛にさえ感じた。俺って頭わりーんだなと思ってしまった。

読んでいて,書いてある内容は分かるのだが,繋がらない。読んでいるうちに気づくと別のことを考えている。かといって,次の日に読み始めたとき,前に何が書いてあったのか思い出せないのかというとそういうことでもない。読み終えて,ストーリー的なカタルシスを得られたのかというと,そういうものでもない。

きっと,国家とか,宗教とか,そういうもののメタファーだとは思うんだけれど,何がどう結びついているのかわからなかった。とにかく「千年の孤独」と「同時代ゲーム」は似ているところはたくさんあったということだけが残っている。

次に読み出したのは次男から借りたラノベなので,どんどん頭に入ってくる。このギャップはすさまじい。

同時代ゲーム (新潮文庫)
同時代ゲーム (新潮文庫)大江 健三郎

新潮社 1984-08
売り上げランキング : 139758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

bunbun-hbunbun-h2017/02/17 19:30大江さんの文体は、かめばかむほどに味のでるスルメみたいなものでして、そこにこそその価値が・・・
・・・あ、いえ、私は『同時代ゲーム』は若いときに1回読んだきりですが、それに続いて発表された『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』『新しい人よ眼ざめよ』『いかに木を殺すか』『河馬に噛まれる』『懐かしい年への手紙』までの一連の本は所有して、このウン十年間ときおり愛読しております。実に長持ちするスルメです!w

2017-02-1335年ぶり?回目

[]35年ぶり?回目 35年ぶり?回目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 35年ぶり?回目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 35年ぶり?回目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

インフルエンザにかかってしまった。私の記憶の中では,インフルエンザにかかったのは,中学生依頼だったような気がする。仕事をし出してからかかった記憶はない。初任の頃熱を出して3日くらい休んだ記憶はあるが,あれはインフルエンザではなかった気がする。

今回熱もあまり上がらなかったから,インフルエンザじゃないだろうなと思っていたが,念のため近くの内科にかかった。以前も一応検査して,インフルエンザではないことが何度もあったので,今回もそうだろうと思っていた。

ところが検査の結果は陽性でびっくりした。私もインフルエンザにかかるのか。

自宅に帰っていたものだから,それから反隔離状態で過ごす。これなら上越にいるのも同じだし,上越にいた方が子どもたちにうつすこともないなぁと思いながら,数日間寝たきりの生活を送った。熱はそれほど上がらないが,頭痛がひどい。薬を飲むと治まるが,薬が切れると痛くなる。

この闘病生活で得たこと

  • Wordの文字設定をマスターした

 投稿論文の完成原稿を提出するのに,以下まで一太郎で入力していたものをWord文書にして提出しなければならなかった。段組,行番号表示,1行の文字数,1頁の行数が指定されていて,今までなんとなくやっていたWordの設定を1から調べてマスターすることができた。何でWordはこういう設定が,1つのダイアログでできないんだろう?一太郎はできるのに。

  • 「昭和元禄落語心中」の面白さ

 AmazonPrimeで「昭和元禄落語心中」のSeason1をずーっと見ていた。江戸落語の世界が舞台のアニメ(原作は漫画)なのだが,落語のネタが随所に入ってきて,テンポもよくて面白かった。Season2もあるから続けて見たい。

しかし,伏せっていると,どんどん鬱傾向になっていって,よろしくないと思った。何でもかんでも億劫になる。今日は昼間の列車で上越に戻ろうと意を決したのだが,列車出発の1時間前になってくると,家から出るのが億劫になる。ああ,このまま引きこもってしまうという気持ちがよくわかった。何もせず,何も生まず,休んでいると,無用者感が心の中に生まれてきてしまい,それに感染してしまう。

業の肯定が落語の世界だけれど,「昭和元禄落語心中」を見ていると,それでもいいかな?なんて思ってきたりして。

昭和元禄落語心中 一(Blu-ray数量限定生産版)
昭和元禄落語心中 一(Blu-ray数量限定生産版)
キングレコード 2016-02-24
売り上げランキング : 4245


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2017-02-07岐阜出張

[][]岐阜出張 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 岐阜出張 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント


f:id:F-Katagiri:20170209091753j:image:w260:left

岐阜大学教職大学院シンポジウムに参加するために岐阜に出かけた。岐阜に泊まるといいうのは人生初めてのことだ。新幹線で通ったことはあったけれど,新潟から行くには,どういうルートで行くのか,想像もつかなかった。

東京経由,長野経由,富山から,金沢からというルートがある。感覚的には全てが遠回りの感がある。高い山があるからしかたがないか。




f:id:F-Katagiri:20170209084731j:image:w260:left

しかも,岐阜のイメージは長良川の鵜飼いくらいしかない知識の持ち主だったが,岐阜駅に着くと,金色の織田信長が出迎えた。岐阜駅前はとても広々として,気持ちがいい。しかも岐阜は天気がいい。それまで鬱々とした天気の中移動してきたから,太平洋側なんだとうらやましくなった。

初日の宴会は,店選びに失敗してしまった。「個室」というので,落ち着けるかな?と思ったが,よくある,安普請の仕切りだけの個室で,金がかかったいないし,料理も金がかかっていなかった。うーん,おいしいものが食べたかった。

ホテルは温泉がついていて,気持ちいいものだった。1人で12畳の和室に広々と泊まったが,シーズンオフということで,とても安く泊まれた。これであの値段だったら言うこと無い。眺めもいいし。




f:id:F-Katagiri:20170209084732j:image:w260:left

f:id:F-Katagiri:20170209084730j:image:w260:left

岐阜は信長が命名して450年ということで,大々的にPRをしていた。そうか,そういう歴史があると言うことは,戦国時代,城を中心に戦乱の地だったのだろうなぁという思いを馳せた。日本3大大仏ということで,竹の骨組みの金箔の大仏を見にいった。いやぁ,すばらしい。すぐ近くまでいけるので,圧倒的に大きく感じる。火がつけばすぐに燃えてしまうかもしれないこの大仏が残っているということは,大切に守ったんだろうなと思う。




f:id:F-Katagiri:20170209084733j:image:w260:left

帰りには岐阜駅内で岐阜らしい食べ物をようやく食べられた。味噌おでんだ。太い大根がまるまる煮てあって,味噌が芯まで染みている。おいしかったなぁ。愛知,岐阜は文化圏が同じなのかな?と,今更ながら学んだ。

2017-02-03仲町飲み屋巡り

[]仲町飲み屋巡り 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 仲町飲み屋巡り - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

月に2回くらい,一人で高田駅近くの繁華街,仲町の飲み屋に夕食を摂りに行く。

当たり前だが,あたりの店と外れの店がある。私は基本的に1人で行く時は,静かな店がいい。もちろんおいしくて安ければいいのだが,そのおいしくて安くて,静かという要素が全部そろうのは至難の業だから,どれかが犠牲になる。

これは,巡り合わせなのだが,「もう行かないな」という店は

  • 煙草をすぱすぱ吸う声のでかい常連客が近くに座っていた店

だ。きっと次に行ったときもその客がいる可能性が高い。もしかしたらいないかもしれないけれど,そんな危険を冒してまでチャレンジする勇気とお金が無い。常連客だから,店員と大きな声で話し,テレビの音さえ聞こえない。店員は初めて来た客(私)はそっちのけで話し込む。別に話しかけてほしいということじゃ無いし,店員にとっては次も来てくれる常連の客の方が大切なのはよくわかる。

こうやって,ある店に行く客層って決まってくるんだなと思う。

でも,1人で行くときは,毎回違う店に行こうと思っているから,私はきっと常連にはなれないんだろうなと,今気づいた。