Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-12-15教職実践演習

[]教職実践演習 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 教職実践演習 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

4月当初からおこなっている,免許取得プログラムの院生さんたち対象の授業だ。今日最終回を迎えた。4月初っぱなの授業と最後の授業を受け持ったのは何かの縁だろう。

最後の時間は「教職にどう向き合うか」というテーマでの討論と,今までの総括のレポート作成となっている。

グループ討議をおこない,「教職に就くことにあたって,今不安なことと,それに対する解決策,そして今では『答え』がみつからないもの」ということで出してもらった。今現在不安なこととして出てきたのは以下のもの(一部)だった。

  • 退勤時刻に帰れるか
  • 保護者対応ができるか
  • 授業できちんと教えられるか
  • 先輩の不条理な要求にどう対応できるか
  • 子どもたちと望ましい人間関係を結べるか
  • 同僚とうまくやっていけるか
  • 児童,生徒が犯罪を犯したときにどう対応するか
  • 独り暮らしでやっていけるか
  • 修士論文が提出できるか

などなどだった。アドバイスとして,管理職に頼って,自分で抱えきれない問題は相談しなさいとか,人間関係づくりが不得意な人は終了までのあと数ヶ月で自分を変えようとして,いろんな人と交流しなさい,学校とは人間関係を訓練する場なんだからとか,修士論文は締め切りがあるから必ず提出できます。締め切りは提出させるためにあるんです。大丈夫です。とか話した。

最後に教員新採用半年で自殺してしまって,それが先日労災に認定されたというニュースを紹介し,八方ふさがりになってそこから逃れる道は死しか無いと思って自殺するのだと思うけれど,自分にも経験があるが,八方ふさがりだと思っていても,それは自分が思い込んでいて,必ず出口はあります。自殺しなくても解決する道はあります。われわれ上越教育大学のスタッフが修了後も必ずアフターサービスで相談に乗ります。だから,絶対に死なないで下さい。という話で締めくくった。

この授業は4〜5回受け持ったが,毎回熱心に討議してくれて,楽しい授業だった。