Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,2019/11/2〜4に長野県でおこないます。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-12-12答えのない問い

[]答えのない問い 答えのない問い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 答えのない問い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 答えのない問い - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

新潟県立看護大学の大久保ゼミ,北村ゼミと,桐生ゼミ,水落ゼミの合同ゼミに参加した。私は医療と教育はとても似ていると思う。どちらも人間を成長させるという視点では一緒だからだ。

1998年の映画「パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー」を若いときに観て,ロビン・ウイリアムズ扮するパッチ・アダムス医師の,子どもの「治る」という力を引き出す姿と,教師の姿を重ね合わせて,自分の進むべき道を見つけたような気がした。教員10年目くらいだったと思う。

だから,医療と教育が互いの視点で意見を出して,より良い回答を見つけていくという活動は今後の医療にも教育にも有意義なことだと思う。

看護大の先生は,「学生は,すぐに答えを教えてもらいたがって,『答えは何ですか?』と聞く。しかし,答えはないんだから,最適な答えを自分で見つけるしかないというのがよく分からない。』とおっしゃっていた。

まさにその通り。高校の教育が,結局テストの点数を取るだけのものだから,自分の外になにか絶対的な「正解」があって,それを見つけることが勉強だと洗脳されてしまっているというのが,ここに現れている。

「正解」が示されなければ,それに向かって動けなかったら,目の前の病人は死んでしまう。できうる限りの中での「最適解」を見つける訓練をしなければ,看護という仕事はやっていけないのだ。

看護大の先生はそこで苦労されていると思う。目の前のペーパーテストの点数を1点でも上げれば教育の役割を果たせたと思っている高校教育の弊害を目の当たりにした。それに洗脳されている高校教師は,子どもたちをどのような大人にしたいのだろうか?大学4年間だけでそれが修正できると思ったら大間違いだ。小学校から,幼稚園,保育園からの教育で子ども大人にしなければならない。

テストの点数至上主義に洗脳されている教師は,4年間でそれが改まりますか?

パッチ・アダムス [DVD]
パッチ・アダムス [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル 2012-05-09
売り上げランキング : 1741


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パッチ・アダムスと夢の病院―患者のための真実の医療を探し求めて
パッチ・アダムスと夢の病院―患者のための真実の医療を探し求めてパッチ アダムス モーリーン マイランダー Patch Adams

主婦の友社 2005-09-01
売り上げランキング : 349709


Amazonで詳しく見る
by G-Tools