Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-11-29大学教員の小学校国語授業 7時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 7時間目 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 7時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

群読の授業に入る。「きつねの窓」で,ぼくがきつねの窓を手に入れたシーンを群読にする。

初めの部分は私が作ったシナリオがあり,最後の部分はグループで脚本を作る。

さて,子どもたちは,既習事項をもとに脚本を作るのかどうかというのがこの研究のポイントだ。その前に,私が作った部分の練習をするのだが,結構手こずる。声が合わさらない。どこを言うのかわからなくなる。声をあまり大きく出せない。など。

初めての群読(初っぱなにちょっと群読に触れたが)だから,しかたがないと言えばしかたがないが,ちょっと発表会にむけて不安になったりして。

脚本作成の時間は,グループによりまちまちになる。機械的に割り振ろうとする班,内容に関して読み取ろうとしている班,さまざまだ。

しかしほとんどの班において,みんなが同じ回数出番があるように調整している配慮があった。そこが重要なと頃なんだと思った。

木曜日は発表会で,私の授業も終わる。正直,もうちょっと群読に時間を割きたかったところだが,時間はいくらでもあるわけではない。