Hatena::Groupmanabiai

Pay it Forward , By gones 片桐史裕 このページをアンテナに追加 RSSフィード

上越教育大学教職大学院准教授片桐史裕です。
2016年3月まで27年間新潟県の高校国語教師を勤めていました。
映画のことや,教職のことについて書いています。
研究室ページ katagiri-lab

iPhone版はこちら

niagara@cocoa.ocn.ne.jp

教室『学び合い』フォーラム
第15回(2019年)《海》,《山》は
2019/8/3〜4に福岡県,
2019/11/2〜4に長野県でおこないます。→長野の会は中止になりました。
manabiainu
http://manabiai.jimdo.com

2016-11-24大学教員の小学校国語授業 4時間目

[][]大学教員の小学校国語授業 4時間目 大学教員の小学校国語授業 4時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大学教員の小学校国語授業 4時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 大学教員の小学校国語授業 4時間目 - Pay it Forward , By gones 片桐史裕 のブックマークコメント

今日の目標は昨日の続き。昨日埋められなかった部分を埋めること,ということで,登場人物のキャラクター設定の「ぼく」の年齢と「ぼく」と「きつね」のひとがらの読み取りが中心となる。

子どもたちも慣れてきて,どうすればいいか自分たちで動けるし,こちらも指示が少なくなってきて,いい感じだ。ようやく私に対して「先生,○○……。」と質問や承認の声が出てきた。昨日までは担任の先生向けの質問ばかりだったんだけど。

さらに私に対して「これって,○○と思うんだけど。」なんて,読み取りの自説を語る子どもも出てきた。ようやく「先生」と認められてきたかな?

「ぼく」の年齢はどこにも書いていない。

これを語っているのは30歳くらいで,「昔」とあるから,この場面の「ぼく」はもっと若いけれど,15歳くらいでは鉄砲は持てないから,20歳くらい。

なんていう,この物語の語りの二重構造も読み取る子どもも現れてきた。素晴らしい。

しかし,方や,まだまだストーリーを把握できていない子どももいたりして。

私の国語のやり方は,文章の初めから1つ1つ読み取っていくのではなく,課題を示して,その課題を解決するために,何度も,あっちを読み,こっちを読みして徐々に全体像をつかませるやり方である。

こんなやり方で高校の授業をやってきたが,小学生でもちょっと手ごたえを感じてきた。ただし,何でか,教室の全体像を把握できない。高校の時はどこでどんな風に何を話題にして読み取っているのかわかったんだけれど,小学校はできていない。何が違うんだろうと思う。ところどころで起こっている学びに全て反応しているからだろうか?不思議なものだ。

初めの礼と終わりの礼をしっかりやろうと,誰かがしゃべっているときには号令をかけさせず,「顔を上げて」と促すのだが,私が言ってもあまり利かない。担任の先生が一言「顔を上げなさい。」というとぴくっと顔を上げる子どもがいる。うーん,ここが担任の先生と違うところだなぁ。精進せねば。